スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
今朝、ブログの記事をアップしていたら、ゴードンが「ローリング忍者ー」と言って、ごろごろ床を転がりながら部屋に寝ぼけて入ってきたが、自分の写真がブログにアップされてるのを見て、「Mちゃん、何をカキマスカ?」と興味を持ったようだ。

「ゴーちゃん、読めないの?」と意地悪に聞くと、真っ赤になり、「ヨメマス!!」とじたばた怒るので、「それなら読んでみたらいいよ。」とPCを差し出した。

しばらく画面を見つめて固まっていたゴードンだったが、「ワタシ マスター で かっこいい カイテアリマス。」と、自分に都合のよい解釈をしていたので、「ああ、そうそう。」と適当にとぼけておいた。

「ワタシ かっこいい デス!」と、うれしそうにカクカクと小躍りしているので、少し胸は痛むが、まあいいや、放っておこうと思う。

そもそも、最初はゴードンのことを中心に書くつもりなどなかったのだ。

どうせ人生送るなら、楽しく笑って生きたほうがいいなと思い、周りの面白いことを書いていたら、なぜか殆どゴードンが登場するようになってしまった。それもどうかと改めて自分の結婚生活を反省する今日この頃である。

DSC05840.jpg
★猫が見ても面白い我が家のようだ。覗かれてしまった。★

さて、昨日は一人酒盛りをしたかったので、夕ご飯は簡単にパスタで我慢してもらった。

冷蔵庫には大きなキャベツ、ベーコン、玉ねぎ、パプリカ。

あああ、焼きそばが食べたいが、麺がない。

ならパスタで作っちゃえ。


★サヴォイキャベツと玉ねぎのにんにくいっぱいスパゲティ★

【二人分】

・・・・・・・・・・・・・

・スパゲティ  二人分
・玉ねぎ  1個
・ベーコン  1枚
・サヴォイキャベツ  3枚くらい
・パプリカ 半分
・にんにく 5かけら
・オリーブオイル 大さじ1
・ウスターソース 大さじ2
・塩、こしょう


・・・・・・・・・・・・・

1.スパゲティは塩を入れた湯でゆでる。

2.フライパンにオリーブオイルをいれ、火をつける前ににんにくのみじん切りを入れ、
弱火でゆっくり香りをつける。香りがたったらベーコンのみじん切りを入れる。

3.玉ねぎ、パプリカ、キャベツの千切りを加えて軽く炒める。いためすぎると歯ごたえがなくて楽しくない。

4.スパゲティのゆで汁を少々加え、麺もフライパンに入れて、ソースと塩コショウを加えたら、
ささっといためたら出来上がり。

DSC05839.jpg
★卵をぽろぽろに入れてもいいかな。★

なんとも懐かしい味で美味しかった。紅ショウガがほしくなったので、ラディッシュのピクルスをかじっておいた。

どうぞお試しあれ。







にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
にほんブログ村
のんびりランキングに参加しています。楽しんでいただけたら↑ぽちっとお願いします。
スポンサーサイト
レシピ・パスタ | コメント(22) | トラックバック(0)
好戦的なゴードンのことは前回の日記で書いたが、その反面ものすごくかわいい所もあるので、この両極端な二つがあいまって、ちょうどよい具合になってくれないものかと思う。

この前、電車の帰り道に、「カワイイモノ みつやりました。」と言うので、何のことだろうと思ったら、アイフォンをうれしそうにいじっている。覗き込むと、某チーズ会社が運営するレシピ集のアプリケーションをダウンロードしたようだ。

あれ、自分のお気に入りのレシピをしっかり集めているではないか。「とろけるチーズのパスタ」「天使のクリームチーズケーキ」だって。ふむふむ。

星の数ほどあるアプリケーションの中から、28歳にもなる男性が、なぜこういうものを選ぶのか、私には良くわからないが、よほどうれしかったらしい。

「作るの?ごーちゃん。」と聞くと、数秒ぽかんと口を開けていたが、「これ、タベタインデス・・。」と反撃してきた。自分で作るのではないのか。

あいにく私は、そこで使われていたハーフファットとか、ローカロリーというチーズがあまり好きではないので、代わりのもので似たようなものを作れないかと考えて作ったのだが、全くの別物になってしまった。

美味しかったので、レシピを乗せておこうと思う。

●バジルチーズソースのパスタ●

【材料 二人分】

・・・・・・・・・・・・・・・・

・臭みのないチーズで溶けやすいもの・・Lancashire、マイルドチェダーなど カップ1杯
・生クリーム  120ml
・バジルペースト  大さじ1
・にんにく  3かけら  
・ミニトマト  10個くらい 
・好きな緑の野菜、ズッキーニ、グリーンピースなど
・オリーブオイル  大さじ2
・パスタ  二人分
・塩、こしょう  適量

・・・・・・・・・・・・・・・

1.オリーブオイルを敷いたフライパンにみじん切りのにんにくをいれ、弱火で香りをつける。

2.野菜を入れ火を通す。

3.生クリームを加えたら、沸騰寸前でとめて、チーズを加え溶かす。少しずつ加えるとよい。火を強くすると煮立ってしまうので、余熱くらいでちょうどよい。

4.バジルペーストを加えてさっと混ぜる。

5.茹で上がったパスタをフライパンの中で4のソースに絡め、トマトを半分に切ったものを加え、塩、こしょうで味を見て、できあがり。

DSC05784.jpg

我が家ではバジルが余った際は、冷凍庫のアイストレイでペースト状にしたものを凍らせているが、いつでもぱっと使えてとても便利だ。一度に凍らせてしまうと、使うときに「こんなにいらない。」とドン引きしてしまうので、アイストレイで凍らせてから、フリーザーバッグなどに入れておくとよい。

ゴードンは「これ、チガウー」とわがままを言っていたが、それでも美味しそうに食べていたので、まあいいか。







にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
にほんブログ村
のんびりランキングに参加しています。楽しんでいただけたら↑ぽちっとお願いします。
レシピ・パスタ | コメント(14) | トラックバック(0)
夜中にゴードンの声がして目が覚めた。

何だろうと思い彼のほうに顔を向けてみると、しっかりと目を開けている。

「あれ?眠れないの?」

寝ぼけ眼でたずねてみたが、ゴードンはいっそう目を見開き、しっかりとした英語でこう言った。

「肉の脱水方法を知りませんか?」

・・だめだ、ほかの世界に行っている。意味がまったく分からない。

「肉の脱水方法は知りません。」と律儀に答えた所、

「そうですか。」

と、背中を向け、ぶつぶつそのまま寝入ってしまった。

しばらくベッドの中で、うーむ、今のは何?と考えていたのだが、ふと思い当たる節があった。

私は最近、スーパーのベーコンの質に疑問を持っていて、パンチェッタを手作りしたいとしきりにゴードンに話している。顔を付き合わせるといつも話している。そのしつこさといったら無い。

あれを作るのにどうしても「脱水シート」が必要なのだが、イギリスでお目にかかったことが無く、困っていた。

ゴードンに、これこれこういうものはあるかと尋ねたが、キッチンペーパーしか知らないというので、調べておいてねとしつこく頼んでおいたのを思い出した。

その後私は痺れを切らし、日本の友人に「送ってくれ。」とわがままを言って、事を強制終了させてしまった。ゴードンに頼んだことなどすっかり忘れていたが、律儀な彼は夢の中でも脱水シートを求めてさまよっていたようである。

いったい誰に尋ねているのであろうか。

次の日、その件を話してみたが、まったく覚えていなかった。人間とは不思議な生き物である。

さて、話は変わって、昨日はあの臭いパスタを作った。ペンネゴルゴンゾーラである。

私は大好きなのだが、ゴードンはブルーチーズが苦手だ。

先日お話したとおり、あまりに毎日、「クリーミーなパスタがタベタインデス。」としつこいので、いっそ苦手なブルーチーズを使ってみようと、腹黒く企んだのである。

だが、最初からピカンテを使ってしまうと、香りも強く、絶対に食べてくれないような気がしたので、昨日はマイルドなドルチェを使うことにした。(どちらもゴルゴンゾーラである。)

私はチーズだけのシンプルなものが好きだが、それだけだと刺激も強すぎる気がしたので、ささみとほうれん草も入れてみた。なんて手がかかるんだろう。


●ペンネゴルゴンゾーラにささみ入れました●

【二人分】

・・・・・・・・・・・・・

・ペンネ 160g
・鳥のささみ  3本
・ほうれん草  一束
・にんにく 2かけら
・玉ネギ  1個
・ゴルゴンゾーラドルチェ  80g
・生クリーム  60cc
・PECORINOかパルメザンチーズ 大さじ2
・白ワイン 大さじ2
・黒こしょう  好きなだけ

・・・・・・・・・・・・

1.ペンネを塩水で茹ではじめる。

2.みじん切りのにんにくをフライパンにオリーブオイルと入れ、弱火でオイルに香りをつけたら、
たまねぎのみじん切りを入れる。

3.玉ネギが透き通ったらささみを食べやすい大きさに切ったものをいれ、両面を焼いたら白ワインをいれる。(蓋の付いたフライパンだったら、蓋を閉めてあげると肉に火が通りやすい。)

4.鶏肉にきちんと火が通ったら、ほうれん草を適当に手でちぎったものを入れ、少し軽くいためたら、細かくダイスのようにしたゴルゴンゾーラチーズを入れ、生クリームも入れる。

5.クリーム上になるまで軽くかき混ぜたら、茹で上がったパスタを入れ、良くソースをなじませ、塩、こしょうで味を調える。足りないと感じたら、クリームを少し加えるとよい。

6.お皿に盛り、引き立てのブラックペッパーとPECORINO(パルメザンでも)チーズを振りかけたら出来上がり。

DSC05671.jpg

一口食べたゴードンは、「オイシイデス。」と、まったく大丈夫な様であった。

何だ、食べられるんだと思っていたら、ふとあるものに気づいた。

キッチンの片隅で、スロークッカーが動いていた。

あれ、私ほかに何か作っていたっけ?

あほすぎる。やはりあほである。

実はラムネック(Lamb Neck)を買ってみたので、朝スロークッカーに放り込んだまま、忘れていたらしい。


DSC05665.jpg

普通忘れるか?

8時間、私が勝手に何かしている間も、こいつは仕事をしていたんだと思うと、申し訳なくなった。

今度から忘れないように、目の付くところにメモを貼っておく事。ひとつ学んだ。






にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
にほんブログ村
のんびりランキングに参加しています。楽しんでいただけたら↑ぽちっとお願いします。
レシピ・パスタ | コメント(8) | トラックバック(0)
ゴードンと今年の冬日本に里帰りした際、妹の家に滞在したのだが、初日からめちゃめちゃ笑える事件があった。

妹が仕事に出かけていたため、私とゴードンだけでぼけっとしていたのだが、突然ウサギのようにゴードンが飛び上がって、「Mちゃん、誰かイマス、コワイヨー。」としがみついてきた。

「・・誰もいないと思うけれど。」と、時差ぼけの頭で答えたが、本人はぶるぶる震えているので、とりあえず見回ることにした。

隅々まで見てみたが、やっぱり誰もいないので、ほら見ろとにらみつけると、確かに家の中で女性の声がしたという。

いよいよこれは、ゴードンも行くところまで行ってしまったかと不安になったが、本人は怖がってしまい、私の元を離れようとしない。

うーむ、どうしたものかと考えていると、ゴードンが「ほらっ!!コワイヨー!!」とさらにしがみついてきた。

私には何も聞こえない。完全におかしい。

「これこれ、コレダヨー。オチャマテナントカワキマシタって言ってる!!ぎゃー。」

そのとたん、ようやく分かった。

私はやはり、どこに住んでも一生日本人なのだ。

この音を無視できるとは。まったく気づかないとは。

それは、「お風呂が沸きました。」と告げる自動音声だった。しつこくすでに何度も案内をしていたらしいが、私はすっかり気づかなかったのだ。

ゴードンはこんなもの、今までの人生で見たことは無かったので、心底びびってしまったらしい。

タイミングよく、そのときヒーターがしゃべった。

「換気が必要です。」

「ぎゃー。」

もはやゴードンはあわあわしている。

面白かったが、腰を抜かされても困るので、きちんと説明をしたのだが、何度説明しても通じるまでにかなり時間がかかった。そんな便利なもの、あるわけが無いという。

確かにロンドンに住んでいて、自動ドアさえまれなのだから、自動音声に驚くのも当然かもしれない。

そういえば、ロンドンに遊びに来た日本の友人が、「コンビニはどこ?」と言っていたのに度肝を抜かれたことがあったのを思い出した。

フランスの知り合いはトイレのウォッシュレットに感動し、一部始終をビデオに収めてきた。また、自動販売機に驚き、滞在中ほとんどの小銭をジュースに費やしてしまったスペイン人の知り合いもいたっけ。

日本は確かに、すばらしく進んでいる国なのだと納得したのである。


ef4b.jpg
★日本人にナリタインデス★

しかし、日本にいた際にミルクティーが飲みたくて飲みたくて、涙目になっていたのには笑えた。どこでも飲めるのだが、私がふざけて、「忍者は緑茶しか飲まない。」と言っておいたので、本人は必死で我慢していたようだ。

ロンドンでは一日20杯以上ミルクティーを飲んでいるので、禁断症状が出たのだろう。某コーヒーチェーンでミルクティーを発見し、「大盛りオネガイシマス!!」と、突進していったのを覚えている。

どこでも飲めるんだけれどさ。ごめん、嘘言った。

やっぱりクリームやミルクが体に染み付いているのだろう、ロンドンにいてもクリーム系を良くリクエストしてくる。
私は月に1度食べれば満足なのに、今日も明日もクリーム系のパスタが食べたいようだ。

うーん、チーズとミルクの消費が異様に早い。ミルクは配達を頼んではいるものの、割高なのでやめようと思っているのだ。そうすると、毎日買いに行かないといけないほど、あっという間になくなる。

DSC05652.jpg
★瓶牛乳がイインデス★

せめてヘルシーにと思い、シーフードの具にしてみた。

●えびとPECORINOのクリームパスタ●

【二人分】

・・・・・・・・・・・・・・・

・冷凍でも茹でてあるのでもなんでもよい、えび 10匹
・玉ネギ  半分
・ローファットのクリーム  150ml
・ガーリック  2かけら
・グリーンピース  カップ半分
・PECORINOかパルメザンチーズ 50g
・パセリ  適量
・塩、こしょう
・スパゲッティ  250g

・・・・・・・・・・

1.スパゲッティを塩水で茹でる。

2.その間ににんにくのみじん切りをオリーブオイルでフライパンで炒める。

3.にんにくの香りが漂ってきたら、千切りのたまねぎをいため、透き通ったら
えびを入れる。

4.えびを30秒ほど(ゆでてある場合)弱火で炒めたら、生クリームを静かに注ぎいれ、
野菜とえびのエキスをなじませる。

5.おろしておいた25g分のチーズを加え、とろみがつくまで弱火にかけ、仕上げに
茹でておいたグリーンピースを加える。塩はチーズを最後にかけるので、足りない場合のみ少し加える。

6.茹で上がったパスタをフライパンに移し、ソースと絡ませたら、火を切る寸前にパセリのみじん切りを加え、
お皿にもったらチーズの残りを振りかけ、挽きたてのブラックペッパーもたっぷり加えて、できあがり。

DSC05662.jpg

ホタテがあればもっとおいしいのだが、ロンドンではやたらに高いので、省略。
ソースもパンにつけて最後まで召し上がれ。






にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
にほんブログ村
のんびりランキングに参加しています。楽しんでいただけたら↑ぽちっとお願いします。
レシピ・パスタ | コメント(4) | トラックバック(0)
DSC02654.jpg

日本が大好きなゴードン、胸元の日本語に注目。イギリスで大人気のブランド、SUPER DRY「極度乾燥しなさい。」

昨日は一日具合が悪かった。結局医者にいっても何もしてくれないので、自分で近所の薬局BOOTSに行き、めぼしい薬を買ってみた。具合が悪い時ほど、日本食が恋しくなる。ただのおかゆでよいのだ。梅干があればそれでよい。

だが、そんな私を見たゴードンは、「ちらし寿司をツクリマス!」と張り切ってしまった。

やめてくれ。

彼は決して料理は下手ではない。だが、味覚がどうも、和食に向いていないのだ。

止める元気も無いままベッドに横たわっていたが、気になってキッチンに下りてみた。

鍋で茹でた米を確認。細長く、日本のものではない米がざるにあがってべちょべちょしている。
その横には、同じく皮をむいた枝豆がだらしなく茹で上がっている。

狸寝入り、決定。

ベッドにそっと戻った私に、ゴードンが持ってきたのは、ただのツナライスであった。

逃げ場が無いので味を見てみたが、ただツナ缶と枝豆をべちょべちょの米に混ぜ、レモンとライムの汁をかけて
ブラックペッパーを振りかけたようだ。

ちらし寿司への冒涜である。せめて錦糸玉子くらい加えてほしかった。

本人は私の作ったソルトビーフをおいしそうに食べていたが、私はどうも食欲がわかずに、
申し訳ないのだが、まったく食べられなかった。

ああ、本当のちらしが食べたい。

一晩明け、どうにもこうにもおなかがすいて仕方が無かったので、ぱっとできるクリームパスタを作ることに。

●Crème fraicheとベーコンきのこのフィジリ●

・・・・・・・・・・

Crème fraiche  200ml
ベーコン  2枚
マッシュルーム  5個くらい
バジル  10枚くらい
オリーブオイル 少々
塩、こしょう
フィジリなど、お好きなパスタ

・・・・・・・・・・・

Crème fraicheとは、クリームを発酵させた少し酸味の利いた固めの生クリームみたいなもの。
サワークリームより酸味は無く、生クリームよりサワークリームっぽい。

フランス発祥らしいのだが、こちらではタルトに添えたり、料理に使ったり、スーパーでも気軽に買える。

DSC05521.jpg

1.ベーコンを少量のオイルでカリカリに焼き、きのこも加えて炒める。

2.クリームを加え、ソース状になったらすぐに火を止める。

3.塩水で茹でたパスタを加え、塩で味を調え、みじん切りにしたバジルを絡ませたら、
ブラックペッパーをたっぷりとがりがりして出来上がり。

DSC05523.jpg

昨日のツナライスの悪夢はこれで消え去った。ゴードンよ、無理しなくてよいので、
次はジャパンセンターでちらしを買ってきてほしい。

(ちなみに余ったツナライスはリゾットにしていただいた。もったいないお化けがでないように。)

DSC05504.jpg

なんと、芽が出た。大喜びのゴードンだが、ペッパーではない模様。残念。






にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
にほんブログ村
のんびりランキングに参加しています。楽しんでいただけたら↑ぽちっとお願いします。
レシピ・パスタ | コメント(13) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。