スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
重い・・・なんだか体が凄く重い。
もしかして体調が悪化したのでは?と不安になって目を覚ました昨日の朝だったが、よくよく見てみると、私の体の上に枕やらブランケット、クッションが山のように積まれている。これはいったい何の悪夢?!埋もれてるんですが。

「く、苦しい・・。」

窒息しそうになりながら、うげーと声を上げていると、とたんにベッドのマットレスがものすごく弾んだ。

「ブルン ブルン、ワタシ トラクター デス!」

はっと横を見ると、両手を体の側面にぴったりつけて、寝ながら「気を付け」の姿勢をとったゴードンがいた。しかも彼のお得意の物まね、「水揚げされた魚」のようにぴくぴくと動いている。

嫌な予感がした。

彼は、ブルン ブルンと言い続けながら、なにやらエナジーチャージをしているフリをしていたが、突然「アブナイヨー。ワタシ イキマス!」と叫ぶと、そのままごろごろとワタシのほうに突進してきた。

やめれ、頼むから。

そのまま無理やり私の上を乗り越え、(この時点でもう気を失いかけた。)当然突起があり乗り越えにくいものなので、何度も私という壁を超えようと、「ブルン ブルン」と必死で「私」にぶつかり、ようやくそれを越えて、ブランケットも枕も部屋中に散乱させた後、「ゴードン WIN!」(勝った)と誇らしげに両手を挙げた。

痛いです、痛いです!!

いったい何が起こったのだと涙目で聞くと、「富士山に登る練習」だという。

彼の中では、その計画は3年前から温められており、会う人すべてに「富士山に登りませんか!」と必死で勧誘するのだが、「嫌です。」とそっけなく断られているのだ。

なんとも一人で孤独な彼だが、トレーニングは続けているらしい。ただ、方向が完全に間違っている。

どうか早く仲間を見つけ、その人たちに特訓してもらえないだろうか。押し付けたいのである!

昔は朝起きると、ベッドサイドのテーブルに熱々のミルクティーが用意されていた。

「私の子猫ちゃん、起きる時間だよ。」

それが、今や、トラクターである。

私は、完全に、押しつぶされる、壁のひとつになっている。

ふつふつと怒りがこみ上げてきた。

体調も悪かったせいもあり、昨日は不貞寝を決め込んだ。読みたかったミステリーを読破すると決め、
パジャマも着替えず、ひたすら寝た。


私はブロックのように障害物の真似をするためにイギリスに来たんじゃないぞ!!

その抗議のつもりだった。




DSC05754.jpg

香ばしい匂いで目が覚めた。

ゴードンがクラッカーを焼いているとすぐに分かった。
のろのろ起きてキッチンに行くと、ハートやらツリーやお花やら、やたらメルヘンチックなビスケットが出来上がっていた。私が残しておいたゴルゴンゾーラチーズやら、ブリーやら、色々なチーズを混ぜてビスケットを作ったらしい。

しかし、セルフライジングというすでにベーキングパウダーが加えられた小麦粉を使ったので、ビスケットは心持膨らんでいた。何でいきなりこんなことに精を出したかは分からないが、素朴なその味は美味しかった。

「Mちゃん、私は まいにち にこにこ です。」

すまなさそうにそういうので、びっくりした。

「まいにち Mちゃん も にこにこ おねがいします。」

ちょっと泣けてしまった。何だろう、人ってこんなに綺麗で純粋に、生きられるものなんだな。

「酒!」

そう叫んで、ゴードンが作ってくれたビスケットと赤ワインを頂いた。

幸せは、大きく無くていい。大きいとか小さいとか、そもそもわけがわからない。
何かが胸にこみ上げた。

私は前の結婚で人を傷つけた。あんなに愛して、あんなに愛された人と別れることになった。
その償いは必ずどこかで、しなければいけない。
逃げては、避けては通れない。
悲劇的に浸っているのではなく、これは事実である。

自分が体調を崩し、うつになったり、ピアニストをも辞めて、
のろいたくなるようなこともあったが、胸に手を当てて考えると、
すべては自分の招いた業だという声が聞こえた。

これを人のせいにしては進めない、これを受け入れ償わなければいけないと思った。

数年たった今、私の元にはグラスに入った透き通るようなルビー色の赤ワインと
不恰好に膨らんだクラッカーがある。

越えたのだろか。

許されたのだろうか。

涙が止まらない。

こんな時には、体を浄化するズッキーニを食べるのだ。

イタリア人の私の音楽の先生が、私が泣くと、ズッキーニには精神安定作用と、悪いものを出す力があると
いつも言っていた。

本当かどうか、そんなのどうでもいい、今日は食べたいんだ。

●生ズッキーニサラダと私の懺悔●

・・・・・・・・・・・・・

・ズッキーニ しっかり 洗って。スライス。
・葉っぱ レタスなど
・できたら生のマッシュルーム
・できたら パルメザンなどのハードチーズスライス。今日はLancashireの手作りをもらっていたので、それ。
・オリーブオイル 適量
・塩、こしょう

・・・・・・・・・・・・・・

1.マッシュルーム、ズッキーニはスライス、野菜は適当にちぎっておく。
2.シュレッダーしたチーズを野菜の上に盛り付け、上質のオリーブオイルと
岩塩、ひきたての黒こしょうをかけたらおしまい。

DSC05765.jpg

ドレッシングを食べなくなって、どのくらいたつだろうか。そもそも私は、何がはいっているか分からないものが嫌いだ。あいまいにすべてのよい面も、悪い面もはぐらかしたかのようなドレッシングが嫌いだ。

上質で、心のこもったオリーブオイルには、友人と見たクロアチアの島々、イタリアの大地、ギリシャ、スペインの香りがする。フランスからいつも買う岩塩には、海の香りが付きまとう。

これが私の、最上だと思う。

美味しいドレッシングは自分で作りたい。たまねぎを摩り下ろし、自分で作るそのものは
サラダの脇役にはしたくない。

買ったものを楽にかけるその行為が私には向いていないと思う。

ここまで書いて、ゴードンを見た。

「Mちゃん、(なになにブランド)のドレッシングが食べたいな、久しぶりに食べたいデス・・・。」

は。


ここでもまた、学んでしまった。

人の好みは、それだけで美しく尊重するもので、私がふけって「上質のオリーブオイルは」などと
演説しなくても、彼のお父さんがドレッシングを好きなら、それでよかったのだ。
もとい、彼のお父さんは孤児院で育っているので、ドレッシングなどはものすごい高嶺の花であった。
そのお父さんがサラダを食べる際に、ゴードンにきらきらした目で「おいしいぞ!」と差し出したのが
そのブランドのドレッシングだったのである。

マヨネーズをたっぷりかける、しょうゆだけで、塩だけで食べる、それも美しい思い出なのだ。
人の趣向を汚す、おごったように「それは違う」などと笑う権利は無い。そんな非人道的なことは許されない。
ねこまんまが好きだった私の祖父は、運転手つきの銀行のえらいさんであったが、彼はやっぱり
どんなに「このわた」などを進められても、ねこまんまが好きであった。

人間はおごってはいけない、本当にそう思った。一番恥ずかしいのは私である。

「いいよ。」私にそういわれたゴードンは、一番安い、庶民的ブランドのドレッシングをうきうきしながら抱えて戻ってきた。それをズッキーニのサラダにかけたら、なんとも美味しかった。

人の笑顔を見るのに屁理屈はいらない。そう勉強した一日であった。

DSC05766.jpg






にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
にほんブログ村
のんびりランキングに参加しています。楽しんでいただけたら↑ぽちっとお願いします。
スポンサーサイト
レシピ・その他 | コメント(15) | トラックバック(0)
DSC05714.jpg
★おいしいパプリカがタベタインデス★



先日のブログを見て、友人からゴードンにメールが来た。

「長い髪はイヤナンデス、ひげもイヤナンデス!美容院行きましょう。」

ゴードンは日本の友達が大好きなので、このメールを見てうーんと喜びながらうなっていたが、いきなりもそもそすると、傍らにあったもっちゃん一号(ゴードンの友達、木のおもちゃ。)を高々と掲げ、こう叫んだ。

「ワタシとオナジデス!長い髪、カッコイイネー。」

DSC05709.jpg
★もっちゃん一号★

ぎゃー。

もっちゃん一号に髪が生えとる!!


・・ゴードンが、ただ、紐をぐるぐると頭に巻きつけただけなのだが、ものすごく似合っていて爆笑してワインをこぼす始末。赤ワイン、やってもうた。

このもっちゃん一号、プラハに行った際にたまたま見つけた木のおもちゃなのだが、物欲の全く無いゴードンが唯一欲しがった代物である。

たまたま木のおもちゃのを売っているお店の前を通りかかり、こいつをショーウィンドウに見つけたゴードン、「はっ!」と釘付けになり、そのまま動かなくなった。

もじもじしながらジーと見つめているので、「欲しいの?」というと、「でも、もう子供じゃアリマセン。」と泣きそうに言う。

何を言っておる。

人類はいつまでも子供の心を忘れたらいかん。空を飛びたいという思いが、飛行機を作ったのだ。

むんずと手をつかみ、店に無理やり連れて行くと、そこはもう、ゴードンの夢の世界。大好きなおもちゃがいっぱい。

「わー、レディーバードデス!!フライングビーもイマス!!」(てんとう虫にミツバチ)

28歳、大興奮である。

さんざん悩んで選んだのが、この「もっちゃん一号」というわけだ。大事に大事につれて帰った。

それがいまや、笑いのネタにされてしまう有様。お気の毒である。


DSC05710.jpg
★また隠れてみました★

さて、今日は昼真っから爆睡してしまった。
ゴードンが一生懸命ガーデニングをしているのに、ぐーぐー寝てしまった。
しかも、目が覚めたら掃除機までかけてあった。なんてすばらしいんだろう。持つべき物はまめな夫である。

しかし、時間は6時、夕飯の支度をせねば。

ありがたいことに、スロークッカーの中でソルトビーフが出来上がっていた。

寝ぼけ眼でオーブンをセットし、全く簡単に作れるオムレツと、blechkartoffelnというドイツのポテト料理もどきを作ることにした。

●オーブンであっというまの失敗なしオムレツ●

【材料 18センチケーキ型】

・・・・・・・・・・・・

・卵  4個
・サワークリーム  180ml
・ほうれん草  一束
・玉ネギ  半分
・ブリーチーズ(チェダーでもとろけるチーズでも。)  カップ1杯
・塩、こしょう  適量

・・・・・・・・・・・・・・

1.オーブンを200度に熱しておく

2.ボールで玉ネギのみじん切り、卵、サワークリーム、塩、こしょう、チーズの角切り、(もしくは
シュレッダーしてあるもの)、ほうれん草をざくざくと適当な形に切ったものを混ぜる。

3.バターかオリーブオイルを塗ったケーキ型に流しいれ、オーブンで20分ほど焼く。

DSC05717.jpg

ケーキの型は、底が抜けるようになっているものだとオムレツを取り出す際に楽だ。ポテトやハム、チーズだけ、ハーブをざくざく入れたものなど、色々応用が利くのでとても便利だ。サワークリームが無ければ、ヨーグルトでも代用できる。


これに、blechkartoffelnなどという全くどう発音するか分からんポテト料理を組み合わせた。どう発音するのか分からないが、義理の妹から教えてもらった料理で、(彼女はエジプト人とオーストリア人のハーフ。)小難しい名前の割には、全くもって焼くだけポテトである。

DSC05722.jpg

切ったポテトに、サラダオイルとバターを同量混ぜただけのものを絡ませ、キャラウェイシードを上に載せ、200度のオーブンで40分ほど焼くだけの料理である。

キャラウェイシードが無かったので、ローズマリーで済ませたあたり、もはやblechkartoffelnでは無い。もどき、と呼んでおこう。

これとソルトビーフでめでたし、日曜日の夕飯は乗り切ることができた。

DSC05729.jpg


ゴードンはぴかぴかのガーデンを見ながら満足げであった。こういう小さな幸せが毎日続けはいい。






にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
にほんブログ村
のんびりランキングに参加しています。楽しんでいただけたら↑ぽちっとお願いします。
レシピ・その他 | コメント(6) | トラックバック(0)
うちはクレープをよく食べる。パンを買い忘れてしまったときに、ものすごく便利なのだ。

基本の生地を覚えておくと、色々とバリエーションもでき、朝食から夕食まで大活躍、しかも見た目もおいしそう、でも安上がり。

週に3度はクレープを食べている気がする。シンプルな甘いものから、ゴートチーズや野菜をはさんだご飯クレープまで、幸せになれるレシピがいっぱいある。

今はイースターホリデーなので、ゴードンもゆっくりブランチを楽しんでいる。

今日の我が家の幸せクレープはこちら。

●我が家の定番バナナクレープ●

・・・・・・・・・・

★クレープ生地
小麦粉 100g
卵  1個
牛乳  250ml
塩 ひとつまみ
サラダオイル 大さじ1
水  少量

フロマージュ・ブラン 適量
バナナ スライス 1本
カスタードクリーム  好きなだけ
お好きなシロップ

・・・・・・・・・・・・・

1.クレープ生地を作る。小麦粉に卵をくわえ混ぜる。塩を加え、さらに混ぜる。

2.牛乳を加え、だまにならないように混ぜ合わせたら冷蔵庫で30分ほど休ませる。

3.休ませた生地に水を加え、ゆるゆるにする。
(ほんの少しから。具合が分かるようになるまで焼いて試してみるといいかも。)

4.フライパンに油をしいて、大きく丸く伸ばし、両面を焼く。

5.焼きあがったクレープにフロマージュ・ブラン、バナナのスライスをはさみ、
上からカスタードクリーム、シロップなどをかけて出来上がり。

DSC05613.jpg

フロマージュ・ブランは牛乳を固めただけのチーズだが、ヨーグルトに近い酸味があって、チーズよりヨーグルトに似ている。本当はクリームを使ったほうがおいしいに決まっているのだが、朝からさすがに不健康そうなので、フロマージュ・ブランで代用している。

カスタードクリームは、ただ単にゴードンがものすごく大好きなので、常に我が家の冷蔵庫に入っている。クレープに使う場合は、きちんとバニラの粒々が見えるようなクオリティのやつを選ぶと、甘すぎずにおいしい。

イギリスではどこのスーパーでもフレッシュなカスタードクリームが売られているので、とても便利だ。

うちではヌテラも欠かせない。これを塗っただけのクレープもとてもおいしいのだ。

友人のフランス人たちは、必ず一家に一個常備していた気がする。

入れたてのコーヒーとどうぞ召し上がれ。






にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
にほんブログ村
のんびりランキングに参加しています。楽しんでいただけたら↑ぽちっとお願いします。
レシピ・その他 | コメント(6) | トラックバック(0)
今朝起きたら耳が痛くて、全身だるかった。友人とコンサートに行くのを楽しみにしていたのに、耳がこれじゃあ放っておけない。コンサートはあきらめて、ピアノの仕事にも差し支えるのですぐに病院に電話したが・・・。

「今日は満員です。」

ふえー。いつもこれ。

イギリスでは病気になるとGPという自分が登録した町医者に行く。私立の病院に自費で高ーいお金を払う方法もあるが、半端無く高いので、大抵はGPにかかることになる。

最近でこそよくなったが、以前は予約が取れるまで1週間なんてこともざらであったため、予約の日には風邪も治ってしまったりして、「なんで来たの?」と怒られる始末。

うちの義理の弟は、急性胃炎を起こしてのた打ち回っていたのに、GPのベッドで8時間も待たされた挙句、「今日はやっぱり診察できない。」と返された。

これは文句ではなく、いかにこの国で自己管理が大切であるかを話したいだけである。頼れるものは家族と友達と自分だけなのだ。

とにかく、温かくして、今日は安静にしようと思いながらもブログを書いている。
なぜなら、またゴードンのおかしい話を思い出して、誰かに話さないと辛いのだ。笑うと耳が痛い、いい加減にしてほしい。

ゴードンは過去2度しか病院にかかったことが無かったという。1度目は産まれた時だといい、2度目は自転車で転倒して頭に大きな傷を負ってしまったときである。

弟と南アフリカの山を自転車で風のように駆け抜けていたゴードン、転倒して、大出血した。弟はそれを見て、大笑いしていたという。

これが、その薄情な弟。

DSC00149.jpg

パニックになったゴードンは、山を「うわー。」と泣きながら下山した。後から帰ってきた弟は、自転車を2台分運ばなければいけなかったことにぶーぶー文句をたれたという。

何針も縫う大怪我だったのに、弟よ、そこが一番重要なのか?!

それ以来ゴードンは一切医者にかかっていなかった。注射を見るだけで倒れてしまうという程の医者嫌いなのだ。

結婚して、GPに登録する際にそれを医者に話したら、血液検査位しておいたらという話になった。検査前日からゴードンは真っ青な顔をして、無口で、必死で何かのビデオを見ていた。

なんだ?と思い、覗いてみると、「どうやって血液検査をするか。」などというビデオであった。自分で自分を追い詰めるタイプであるらしい。2時間ほど飽きずに見ていたので、相当気に入ったのであろう。

その夜は緊張してまったく眠れなかったらしいゴードンだが、いざ血を採る際になって、「ぜんぜん怖くないモンネ。」と、強がっていたくせに、足はがくがく震えていた。そして、看護婦さんがいなくなったとたんに、真っ青な顔をし、「もう死ぬかもしれない、めまいがして寒くて、気持ちが悪い。」とわーわー騒ぎ出した。

何とか外に連れ出し、「何か食べたら元気になるよ、何がいいの?」と聞くと、「チョコレートがホシインデス。」と訴えてきたので、ああ、これは絶対に死なないと確信し、「ホシインデス!」とわめくゴードンの手をむんずとつかみ、そのままうちにつれて帰った。

その後2日も注射の跡に絆創膏をしているので不思議に思っていたら、はがすと血が吹き出てくると信じていたらしい。「ぎゃー。」と叫ぶのを無視し、思い切り引っ剥がしてやった。

そんなこんなでそれ以来も一度も病院にかかっていない。

こうなるともう、自己管理してもらうほかに無いのだが、相変わらず甘いものは大好きだし、ソーセージも肉の塊も大好きなので、ふと思いついて昨日のご飯は野菜を思う存分食べてもらうことにした。

ただサラダやスープばかりを食べていては体に悪そうなので、本当は煮物を取り入れたいのだが、ゴードンがやはり煮物はあまり好きじゃないので、うーむと悩む。

そういう時は、メキシカンに逃げる。

●手作りディップでメキシカン●

・・・・・・・・・・

★トマトディップ
  オニオン2分の1個みじん切り、生トマト2個、コリアンダー、クミンパウダー、タバスコ 各好きなだけ

★サワークリームとチャイブのディップ
  サワークリーム230g、オニオン2分の1個みじん切り、チャイブ、塩、各好きなだけ

★アボガドディップ
  完熟アボガド1個、レモン汁2分の1個、玉ネギ2分の1個みじん切り、トマト1個

・・・・・・・・・・・・・・・

本格的なレシピだと3つ作るのにうんざりするので、これで十分だ。混ぜるだけでいい。

ただ、アボガドのディップを作る際には、アボガドを皮、種からはずし、くりぬき、マッシャーやフォークなどでつぶすのだが、その際に種をころころと一緒に混ぜてあげると変色を防げる。レモン汁もさらにかけておこう。

DSC05495.jpg


このディップを使い、ソフトトルティーヤを人数分用意し、具を巻くだけ。

その日に余っている食材を具にすればいい。ミンチがあったらトマトピューレやクミン、コリアンダーなどと混ぜて煮詰めるとか、チキンのささみにメキシカンシーズニングなどで味をつけ焼くなどなど。

茹でたえびでもいいし、コーンツナマヨもいい。

もちろん、たっぷりの野菜をテーブルに用意しておこう。レタス、きゅうり、にんじん、パプリカ、玉ネギ、好きなハーブ、クレソン、ルッコラ、トマト、セロリ・・友人は生のチリをはさんで、辛さでのた打ち回っていた。

ナスなんかも細かく切って、トマトとナッツ類と煮込んであげれば、おいしい具になるし、キドニービーンズの煮込みを添えてもいい。チーズもあると楽しい。

ゴードンは基本的に子供であるため、ソフトトルティーヤの上に「これでもか。」というくらいの具を載せ、巻ききれずに大変なことになっていた。

だが、楽しんで、野菜もいっぱい食べてくれたので、やっぱりマナー云々以前に食事は楽しくなきゃ!と改めて思ったのである。

DSC05498.jpg







にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
にほんブログ村
のんびりランキングに参加しています。楽しんでいただけたら↑ぽちっとお願いします。
レシピ・その他 | コメント(9) | トラックバック(0)

イギリスのパンケーキ。

2010/03/23 Tue 09:43

DSC01043.jpg

オランダ人の血が流れるアフリカ人のゴードンだが、パンケーキには目がない。イギリスにもオランダ風のパンケーキを食べさせてくれる「My Old Dutch」という店もあるが、やっぱり家で作るパンケーキが一番手軽でおいしい。

日本に一緒に里帰りした際に、ロイヤルホストのふわふわのアメリカ式パンケーキを見て、ゴードンは大興奮していた。「映画に出てくるやつみたいだ!これがホシインデス!!」


にっこにこで食べていたが、それ以来イギリスに帰っても、「ふわっふわのやつがタベタインデス。」と夢見るように話すようになり、面倒だなあと思っているのである。

イギリスのパンケーキは、薄っぺらく、もっとシンプルなのだ。

DSC05408.jpg

こんなやつとか

DSC05416.jpg

こんなやつ。

●イギリスのパンケーキ基本形●

・・・・・・・・・・・・・・・・

薄力粉  110g
塩  一つまみ
卵  2個
牛乳  200ml
水  75ml
50g  バター

★トッピングに★
砂糖
シロップ
レモン など

・・・・・・・・・・・・・・・・

1.ボールに粉、塩を入れ軽く混ぜる。

2.卵を入れて混ぜる。

3.水と牛乳を混ぜたものをゆっくり加えてクリーム状にする。

4.フライパンでバターを溶かし薄く延ばした生地を焼く。

5.砂糖やシロップ、レモンをかけて出来上がり。


私はこっちのほうがさっぱりして好きなのだが、ゴードンは「ふわっふわがイインデス。」とうるさい。

朝起きて何も材料がなくてあせっても、粉と卵と牛乳さえあれば数分で作れるので重宝していたが、ロイヤルホストに行ってからというもの、「・・・ペラペラデスネー。」とこの伝統的なパンケーキに文句を言うようになったゴードンをどうにかしたい。

「じゃあ、食べなきゃいいでしょう。」と一括すると、

「ヤダ。」

と嬉しそうに食べるので、まあいいとしよう。

ちなみに、義父はりんごやバナナのスライスを載せて、キャラメルシロップをたんまりかけて食べる。同じようにしたら、ゴードンに「へんなパンケーキ。」と嫌がられてしまった。

どうやら、小さなころアフリカでいっぱい虫食いのフルーツを見たせいか、フルーツにものすごく慎重であるようだ。
「グアバとバナナがいちばんあぶない。グアバはいっぱい虫がいて、バナナの木には蛇がいる。」と真剣に訴えている。

ちなみに、一番怖い動物はライオンではなくカバだそうだ。

「ものすごく怖い。」

のだそうである。教えてくれてありがとう。






にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
にほんブログ村
のんびりランキングに参加しています。楽しんでいただけたら↑ぽちっとお願いします。
レシピ・その他 | コメント(16) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。