スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
最近夫に「もちんはぜんぜん日本人じゃありません!」と怒られてしまうのだ。

DSC00427.jpg
★いや、私は日本人、どんなに長くどこにすんでも日本人、日本から友人が来てくれたよ。

昨日はいつものごとく雨が降っていて慌てていたので靴をそろえずについついそのまま土足で家に入った。
渡英したての8年半前は夫やハウスメイトに口うるさく「土足は嫌だ!靴はそろえてくれ!」とガミガミ言っていたのに、昨日は夫に「あ!日本人違う!くつそろえてください、くつ!」と怒られてしまう有様。

物凄く恥ずかしい。なんてことだ。その他にも、「いただきますわ!」と言われたこともある。

あんなに大事にしていたことを適当にしてはいけないと本当に穴があったら入りたい毎日、夫はますます日本に詳しくなり、日本が好きになり、「今日はこんなことが日本でありましたよ。日本で新しい自動販売機ができました、スゲイよー。」、「キシリクリスタルに新しい味ができました、グリーンレモンというそうです。前はぶどう、ミルクとミントもおいしですよ。早く食べたいスゲイよー。」、「ついったでおもしろいお寿司みました、ごはんだけ、何も乗っていないお寿司でした。本物みてみたいなー。」

24982.jpg
★今年も地元のバラが咲いてくれました。

ロンドンで暮らし始めてからあっという間に気がついたら8年半、毎日「鳥、リス、夫」と戯れるだけの毎日が過ぎてしまった。

最初はヨーロッパで住むなんてなんだか華やかなのか?とうきっとしていたが、今では8年間何があったかと聞かれると、華やかな部分は

「日本に帰ったあのときに物凄い美味しいお寿司を食べた。」
「日本で初めて食べたロールケーキに死ぬほど感動した。」
「真っ白な雪の白川郷をみて震えるほど感動し、その後入った温泉で雪見酒をしてすっかり情緒に心を奪われてしまった。」
「阿倍野ハルカスができてわくわくするほど楽しかった。」

とか、もうそれはそれは日本の話しかでてこない。

それではイギリスでのことはと必死にうーんうーんと考えても、「狐にごみを荒らされた。」、「郵便、宅急便が雨の中に何度も玄関前か、もしくはゴミ箱の中に放置されるので、最初は必死で写真をとっていたがあまりに多すぎて写真集が出来上がってしまい悲しくなってやめた。」とか、「今日も電車が動かなかった。」など、そんなどうでもいい話ばかりになってしまうのである。

24281.jpg
★だって、なんかあると鳥に愚痴ってリスと走って発散してるんです。

最初は「ロンドンで工夫して豊かに生きる素敵な私。」なんて格好つけて名づけた夢見がちな私のブログのタイトルも、まったく機能していない、そぐわない。

最近などは「日本のみんなが工夫して遠いロンドンの頼りないモモグラモとその夫を助けているお話。」としかどう考えても落ち着かないので、もういっそブログのタイトルもそうしてしまおうかとすら思うのである。

本当にみんながいなかったら夫も私もとっくに根を上げてひえーとこの生活から逃げ出していたと物凄く感謝をしている。

DSC04737.jpg
★大好きなしょうゆ味の高山ラーメンをもう一度食べたいんですよ。

8年半で本当にいろいろあったが、どんなときも私たちのそばには日本のみんなが常に「遠くないで!ここにいるからね!」と手を差し伸べて助けてくれていたと思う。もうだめだ、と思ったときに届く心のこもったあったかい手紙とか、懐かしい名古屋の味噌煮込みとか、ひえーとひっくり返る送料の末に届いた母からの5キロのお米とか、夫の大好きなおうどんにカレーせんべい、ココナッツサブレ、そうだ、8年の末には「キシリクリスタル棚」などというお菓子の棚の1段すら出来上がってしまった。

みんなが新作が出るたびに「ゴードン」と思い出してくれるのだろう、イギリス旅行のたびに「ゴードン=キシリクリスタルの人」とはっとしてくれるのであろう、日本にいたとき以上に私もキシリクリスタルに囲まれた日常を送ることになるほど、うちにはきちんといつも欠かさずそれがあるという甘やかされた状況、、優しいみんなにどんだけお礼を言っても足りないのだ。

夫はいつもその棚をニコニコ眺めながら「ロングジャーニーになるから4つもてきます。もちんにはあげませんよ!」
と、たかが電車で20分、いや、最悪徒歩で5分の場所にも大事に大事にそれをもっていくのだ。

26009.jpg
★だって迷ったら困るモンね。おなかすいちゃうからね。この林まで歩いて10分なんだけどさ。

さて、去年の秋に日本に一人で2ヶ月間潜伏してからもうあっという間に時間がたってしまった。

優しい長野の自然や、懐かしい名古屋の代わり行く姿の中で、はっと漂ってくる地下街の変わらぬほうじ茶の香り、毎日食べても食べきれないほどの種類やバリエーションに富んだお総菜にスイーツに目移りし、綺麗な清潔なお化粧に髪型、さりげなくお洒落な女性達のヒールの細さにため息をつき見とれながら、かつては私もああだったのかなあ、そう言えば夫の誉め言葉は年に一度か二度しかいかないレストランにいく際の、私のドレス姿を見て「もちん!日本にいたときみたい!」これだもんなあ、なんて今や芋にミルクを雨の中がしがし背負い豊かに筋肉がつきまくった自分の足を見て、はあとまた違った意味のため息。

観音さんのふもとの商店街のエビフライ定食や、香ばしいみたらし団子の香り、自転車にスカートで器用にのる学生さん達の可愛らしさに驚き、ドラッグストアの品揃え、そりゃあ日本のみんなが清潔できれいなはずだと納得、あれ、食品もこんなにあったんだっけ。納豆こんなに種類あるんだうわあ、豆腐もやわらかくてとろとろでふわふわだ、うわ、夜の10時までお店やってるの?うわあ。

うわあうわあ言いまくって、あまりにボタンがおおすぎてどうやって使いこなすかわからない自動販売機やドリンクバーのコーヒーマシンの前でううむと立ち往生していたら、あっという間に二ヶ月過ぎてしまった。ちなみに未だ使い方が分からないがイギリスに戻ってきてしまい、さらに進化を遂げるであろう日本のテクノロジー、いや、コーヒーマシーンが最早怖くて使うのが恥ずかしい。

DSC04825.jpg
★白川郷の美しいゆきを見た君もうわあうわうわあどころじゃなかったね、もうそのまま凍えても帰りたくなさそうだった。

覚悟を決めてイギリスによしと戻ってきたが、気が張っているうちはよかったものの、何となく何時もの日常が戻ってきた半年経った辺りから日本で溜めてきたお日様もエネルギーも早くも使い果ててしまっただろうか、未だかつてなく体がダルくて動けなくなってしまった。

あんなに気晴らしになっていたジムですら、一ヶ月パスがまるっと埃を被ったまま、引き出しの奥に放置された状態で、せっかく日本で取り戻した、普通に食べ、普通に友達と笑い、泣く喜び、時差なしに手で触れあってありがとうと言える温かさ、また明日ねといえる喜び、懐かしい家族と会え幸せの涙、ぜーんぶ、ぜんぶしっかりためてきたつもりがあっという間にからっからに早くもなってしまった。

いや、8年半でこんなに悪くなったのは久々、日本のじいちゃん、おじちゃん、おばちゃんもどっといっちまって南アのじいちゃんばあちゃんも同じようにいっちまって、グラム家は騒動により崩壊しかけるし、そりゃあ色々あったもんなあと動かない体と頭を布団に沈める。

やっぱり、私弱いんだ、弱いんだなあ、甘ったれてまたこんなになってるし、糠漬けも3日かき混ぜていない、イギリスにいても、どこにいても、私は文句たらたら進めないで変わらないのかなあ等と涙も出てくる始末。

26221.jpg
★すっかり鳥にもリスにもあいにいけなかったのですよ、ごめんね。

そんな自分に嫌けがさし、また食べ物も怠けているから食べるんじゃないと自然に自分を責める悪い癖で食欲もすっかり落ち、それをちろっと東北の友人に打ち明けたところ、

「今はいいんだよ、休んで、美味しいもの食べて、体を休めるときなんだからね、しっかり寝て、しっかり食べてね。」

優しい言葉に我慢していたものが溢れ、関を切ったように雪崩れ込むかのようにわあわあ不調を訴える私に、

「うん、いいんだよ、わかってるよ、そんなにがんばってるんだから、もういいんだよ。もっちゃんのことが大好きだよ。」

安心してその日は眠りについても、これもイギリスに戻ってからさんざん悩んでいた中途覚醒で夜中で何度も目が覚めてしまう。もう、私に朝は来ないのかと休んだはずなのに朝はぐったり、薄暗いイギリスのグレイな光の下で血の気のない顔をし、ぼんやりと外を見ていたある日、

がんがんがん、
またせわしなく玄関の扉を壊す勢いで誰かがノックした。

音にも敏感になっていたため、震え上がってそおっと恐々顔を出すと、いつもの我が家の歯が欠けたポストマン、タバコ片手に
「今日も筋肉痛、君のお陰で筋肉痛だから。」

彼の足元におかれた箱を見てヒエっと思わず叫んだ。

大きな、大きな赤ちゃんのオムツが数個も入るほどの段ボールに、優しい友人の筆跡、でっかくJapanと書かれたなくすなよ、なくしたらコワイゾーと念が入っているその荷物はとてつもなく、とにかくまるで犬小屋でも送ってきたのではと思うほどでかかった。

「なんだか、血の気ないなあ、二日酔いか?」
「違うよ、ホームシックで体調悪くてくさってんの!」
「君は毎年会うたびに元気になったり、そうやって血の気をなくしたり、同じこと繰り返して落ち着かないねえ、茶にきちんとミルクに砂糖入れてるか?砂糖は二杯だぞ?やってるか?」
「甘いお茶は苦手だからやらないし、アーモンドミルクなら入れてる。」
「けっ、最近は訳わかんねえミルクが増えてそんなの聞いただけで嫌だね、普通のミルクをミルクマンからかえ、たっぷりいれて飲むと体がホカホカしてちっとは血の気戻ってくるぞお、それじゃゾンビみたいだぞ、わはは。」
「うるさい!サインしたからあっちいけー」

お化けの真似をしながらおどける彼にイライラしながら荷物を受けとる、もう放っておいてくれよ、すると、

「重すぎるから仕方がないから今日は靴を脱いで運んでやるよ」

雨に泥でぐちゃくちゃの彼の靴、それを不器用に脱ぎ始める。慌てていい、いい、やるからいい!と止めると、

「そうか、分かったけど、なんか食えよ、あの角のfish&chips試したか?先代のじいさんばあさん引退しちまって新しくなったけど、冷やかしにいったら以外とう悪くないぞ。茶、飲めよ、砂糖は二杯だぞ。」

茶化しながらも実はいつも親切な彼の存在に、そうだ!イギリスでこの人にも助けられてきたなあとはっとしつつ、砂糖は2杯だからなーとしつこくいいつつ去っていく背中を暫し眺めたあと、そうだと足元の荷物を家に運びいれる。いや、引きずる。

26030.jpg
★イギリスには他にもいっぱい私を助けてくれるものがあるのに、忘れちゃうんです。


いったい何が入っているのだ?

ずずっと引き釣りながらやっとのことでキッチンで箱を開けると、

思わず息を飲んで、そのあとわあわあ泣き出してしまった。

私が食べれないのを心配しただろうか、愚痴った例の東北の友達が私の大好きなものを山ほど詰め込んでくれたのだ。

お日様はもっていけないけど、日本のお日様一杯あびた食べ物送るからねと、白砂糖が苦手な私に黒糖やはちみつの飴、大好きなホシイモに黒豆絞り、きな粉餅、どら焼き、甘栗、お蕎麦に黒豆のお茶、鉄分不足だからとひじきのふりかけに恋しい山菜、私が安心して食べれるものばかりどっさり。

それに寒いからと着る毛布、もうここには書ききれないくらいありとあらゆるものが詰められていて、店が1軒開けてしまうのではというほどであったのだが、一番びっくりして涙腺がぶっ壊れたと思るほど涙が止まらなかったのは、なんと彼女の東北のご家族が私の話を聞いて、

「とぎにいるけんど、はやぐままくって元気なってな。」
と、自家製の干し柿や大変貴重な瓶詰めのジュンサイ、とんぶりにペットボトルいっぱいの柚子の絞りたて果汁、東北の銘菓にしょっちゅる、つやつやのお米などを送ってくださったのだ。

とぎにいるけんど、はやぐままくって元気なってな。

この言葉を彼女から「おじさんがそういってたよー。」っていって聞いたときには、私はあまりのその言葉の温かさと美しさに心が震えてとまらなくて、涙をいっそうぼとぼとこぼしてしまった。

遠くにいるけれど、これおくるから早く美味しいもの食べてげんきになって。

そんな彼女のご家族の温かさがこの一言にぎゅっと詰まっていた。これほど美しくて優しい言葉を聞いた事がなかった。

わたしはこれも彼女が贈ってくれたシルクカシミア柔らか心地の日本のすばらしいティッシュで贅沢にずずーと鼻をかみ、美しい田園風景がなくなっていくのを信じられない思いでロンドンからテレビを通じてみていたあの日のことを思っていた。(当たり前だがイギリスのごわごわとのは違い、何度かんでも鼻が向けることがないので、捨てるのが惜しくていっそとっておこうかと思ったほどだ。)

東北で大きな恐ろしい地震が起きて、たくさんの人がなくなって悲しい思いをして数年がたち、いまだにその傷跡の中で苦しんでいらっしゃる人がいるのに、私のこのぶーたらとした悩みなどどんなに甘ったれたものだろう、私の馬鹿たれが、そう思った。

25954.jpg
★美しいものは他にも近くにいっぱいあるのに、わたしはどうも見逃してしまうらしいのです。

そして、彼女が言うのだ。「あの時は本当に世界中の人からいっぱい助けてもらったんだよ。今でもとても感謝をしています。だから、お礼を言いたい、もっちゃんを通じてお礼を言う機会があってうれしいよ。でもまずはそのもっちゃんが元気にならなきゃねー。」

どうしたらそんなに優しくあれるのだろう。強くあれるのだろう。

彼女とそのご家族に手を合わせながらレーベルも何も張ってない、ずっしりと重いその干し柿をそっと口に含んだ。
優しく暖かく、そして力強い日本の風が太陽が体を照らして吹き抜けて、私を元気にしてくれるような気がした。甘くて、とても甘くて、本当に命の実の味がした。

生きなきゃ、前を向いていこう、夫と一緒に前を向いていっぱい転びながらまたがんばろう、彼女と日本でいつも私を支えてくれる友人家族、イギリスのみんな、お空のじいさん、おばおじたちにそう誓った。

あれからわたし、うんと元気になって、今これを書いている。うんとうんと元気になった。

さて、イギリスの今年の夏。うちの近所のイギリスの女性の方が

「今年は夏はどこに、どこにいったのよ!もう体内でビタミンD生産が追いつかなくて冬が越せないばっきゃろー!」と喚きながらゴミ箱を「がん」って蹴っ飛ばして、それを「おまえ、マイラブ、そんな暴れるもんじゃないよ」っていったかどうか、やさしく咎めた旦那さんにまで噛み付くような勢いで、「そんならアンタが太陽もってこい!!それかスペインの南に連れて行けー!」となんだかそこだけ炎が気温が上がっていたのを見ない振りして通り過ぎた、それほど寒くてウェットな夏なのだが、私はあれ以来みんなのおかげで体力をゆっくり取り戻して、今ではジムにもしっかり復活し、先日などは張り切りすぎて家事の際に貧血を起こし、そのままぶっ倒れ、ブロックで頭をぶつけて流血するなどという血の気が今度は多すぎる生活を送っている。

「もっちゃん、ジムは当分禁止だよ、今はゆっくり精気をまだまだ蓄えるときなのだからね、一気にやってはいけないよ。」そう心配して苦笑する彼女だが、私がとまらないことも知っているらしい、大きな荷物の中には山ほどのシップも入っていた。

空は曇りでも心は晴れ、みんなのおかげで温かい。

「ロンドンみんなの工夫でモモグラモとその夫が崖から何度も落ちかけながらも救い出してもらうサバイバル生活」これからもみなさんどうぞ、頼りない私たちをどうかよろしくお願いします。そして、たくさんの皆さんに笑っていただくことで、日本から太陽、お日様を私たちにも分けていただけそうな、そんな気がします、読んでくださってありがとう。

それではまたお便りします。
モモグラモ




にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
にほんブログ村

のんびりランキングに参加しています。楽しんでいただけたら↑ぽちっとお願いします。




スポンサーサイト
日本 | コメント(8) | トラックバック(0)
夫、「ぱちぱち男爵みしまてつお」、彼は自分の祖先が日本人であると本気で信じていたいようだった。

pic 1771
★のどぐろおいしいですよ。でも大将サンに「さばおくん」と呼ばれたさば好きです。

私はこちらでもご紹介したように今年はすでに2回も日本に行っているので(帰っていると書きたいけれど、おかんに怒られそう)みんなで囲むコタツも恋しいながらイギリスで当分踏ん張ろうと思っているのだが、夫などは涙をこぼしそうになりながら、

「なんでこんなにかなしんですか、いつもにほんのことかんがえて、わたしおかしですか」

なんて、近所のインド料理屋さんで「はー」とこぼすのだ。

目の前のタンドリーチキンを見ては、「焼き鳥がたべたいんです。」

チキンボルティを頼んでは、「ココイチのカレーがおいしんです。」

最後にサービスでミントチョコレートをもらい、「ドーナッツ氏、ドーナッツさんが食べたい!(注:ミスタードーナッツ)わたしのとうふりんぐわ!」

私が食べたい、私だって泣きたいわ!!

pic 1787
★夜中のコンビ二は南アで出歩けなかった子供時代を過ごした彼のお菓子の城、夢の国。

最初はあまりに日本が好きなので、「ふり」をして「酔っている」のではといじわーるに疑っていた私だが、先日私のPCの調子が悪く夫のを拝借したところ、検索結果に

「フライト TO 福岡」
「うなぎの蒲田」
「福岡 ホテル」
「FUKUOKA LONDON」
「NGOYA キットカット」

などと出てきて、あんぐり口をあけてしまった。

うなぎの蒲田。どこで見つけた、それどこ。

それに、なぜ、福岡。実家は名古屋なんだよおお

apic 372
★だからね、飛騨とか大好きだしね。

夫の家族が大の方向音痴などは知っていた。義父のハンスなどはイギリスからフランスの家に車で移動する際に、道が間違っていることに気がつかずにスペイン国境近くまでいってしまった。

「あれ、スペイン?」

気づくの遅いわ!

スワジランド近くのサファリに南アで行ったときに、「もうどこがどこだかわからないから、象の落し物をたどって行く。」と言っていたが、今となれば無事に帰れてよかった。義父の親友が南アの政府で自然保護と民族関係の仕事をしているおかげで、電話で「いまどこだ、あそこにいけばライオンが見えるぞ」とナビゲートしてくれていたのに、「いや、もう、北も南もさっぱりわからん。」と答えていたっけ。

そんな義父の息子、夫であるが、実は義父がオランダの家系で彼自身もオランダと南アの2重国籍の持ち主であることから、すっかり自分はオランダ人家系であると思い込んでいたようだ。

フランスめざしスペインまで行ってしまうのんびりゆるい家族、サファリで象の落し物に頼る家族であるのでいまさら驚かないのだが、先日スイスに行った際に夫が義母に「スイスの山はきれいだよ、ヨーロッパの山やお城はきれいだね、なんだか懐かしい感じ。」とメールをしたところ、「あら、いまさら何を言ってるの。」と衝撃の事実を告げられてしまったのだ。

夫がホテルの部屋でなんだか緑の顔をしながら「もちん、大変、わたしはデーツとイギリスのてつおでした、あ、オランダもです、でもにほんちがい!!!」とじたばたわめくので、ワインを飲んでいた私は、

「デーツ人?はて?どこの民族だ?」

数分グラスを持ったまま夫を無視して考え込んでしまった。

デーツ、そういう食べ物ならスーパーでよく見るが、デーツ人とは、はて?

「デーツ人?なにいってるかわかりません。」

数分間考えて考えて正直にそう答えたが、夫は真っ赤になり「デーツ、デーツ人です、もちんと前にいった、ベルリンいきました、ビール飲んでおいしいカレーソーセージたべたとこ!」

はっ、も、もしかして

ドイツ?

ドイツのこと?

「そうですよ!そういってます、デーツ!!」



DSC00456.jpg
★今年のクリスマスはミシェル(義母)はとてもうれしそうでした。17で南アを出てからはじめての家族のクリスマスです。


夫は日ごろから自分の発音をやたら気にしているのであまり突っ込みたくないが、さすがにこれは読めなかった。
「りおうり(料理)」などはなんとなく前後の単語でわかるが、デーツとは、うむ。

「31年間知りませんでした。。。」

そうぼそっとつぶやいた夫、思わず「へー」と答えてその後に腰が抜けた。

31年間って、どんだけゆるいの!!!

生まれてずっと知らなかったってことだよね、おかんもおとんも夫も、いい加減にしやあ。

「日本のてつおとおもてました、でもちがい、デーツとイギリスもあた、イギリスがはいってる、なんでえええ!」

お、面白すぎる。

あんなに嫌がっていたイギリスの天気や、散々イギリスの友人に向けて飛ばしていたジョークの数々、カッパティー(A cup of tea)、メリーポピンズの人たち、君がその仲間だったとは。

「ぎゃー、おかしい!!!」

「じぇんじぇんおもしろくない!!!」

pic 1943
★モンブランもびっくりです。


そんなこんなで面白い夜が明けたスイスの旅行の一幕であったが、その中で訪れたシャモニー、モンブランで私たちはまた大変素敵な日本のご家族にお会いした。

夫はデーツ人とイギリス人とオランダ人の家系の南アフリカンであるため(わはは、今でも笑える)「南アでそんな雪を見たことありません。」と白川郷に行ってから「雪オタク」になってしまった模様、モンブランの写真を見て「絶対にいく!」と決めていたのだ。

それなのに、それなのに、性格はしっかり「NOW NOW」ののんびり南ア人、旅行二日前までに私が色々調べてリンクを送っているにもかかわらず、まったく開封していない、本気で行くのか、モンブラン。

「どうするの!!!やる気あるのか!」

そう怒ったところ、「あー、もう、わかんないですから、ツアー!バスとか電車とか複雑すぎていかんだぞう、もういいや、ポチッ。」

今まで倹約好きなオランダ系の彼のこと、自力で行けるところは自力で行くというモットーでカプリに行ってもブルーケーブ(青の洞窟)すらみないで帰ってくるという、京都に初めていったときは、「まっすぐ駅から北に歩いて亀と遊んで帰ってきました。」という突っ込みどころがない間抜けっぷりであったが、今回はツアー、あら、本気ね。

私は楽なら楽なほうがよいので、それならそれでいいやとホクホクしながら内心(そんなに複雑か?)と突っ込みながらも、夫の意向に従うことに。

当日、ツアーバスの中は様々な国からの観光客で満席だった。

ぎりぎりに乗り込んだ私たち、夫が先を行ったが、夫の背中が「話したいんです、話したいんです!」とぴくぴく訴えるたびに先を見ると、日本人のご家族が、ご夫婦がいらっしゃるのだ。

2組ほど日本からご旅行にこられた方々がいらっしゃる模様、いやいや、そこで立ち止まってもじもじしても困るので早く進んでちょう。

「もちん、あのしとたちにほんから、絶対そう、静かで穏やかなおじさんとおばさん、ぜったいににほんのしとです。いいだなー。」

・・・・・・・・・

pic 100
★前回の帰国ではいっぱい話しかけてもらって真っ赤になって喜びました。いっぱいおともだちほしんですから。

ここまで書いて時間が切れてしまい12月28日の今日、このまま年末年始を迎えてしまいそうです。ブログ、2回にわたってスイスのお話をお届けすることになりそうです、ごめんなさい。

日本から友人が9日間滞在してくれていたので一緒に遊びほうけていたこと、クリスマス前に、

「おとさんのプレゼント買い忘れました。」

「わたしたちのワイン買い忘れました。」

「おかさんがチーズ忘れたから買ってきてくださいって。」

「あ、電車が動くしませんから早く帰ります、パンケーキが食べたくてなきそうです。」

などと、夫のなーなーのん気さのおかげでばたばたっとやることが増えたこともあり、一回で書き上げることができなくて申し訳なく思います。

それでも、私たち、ブログを読んでくださっている方々にどうしてもお礼が言いたかったんです。
今年も本当にたくさんのメッセージやコメント、ありがとうございました。遠く離れた日本で、私たちのしょうもないブログを読んでくださっている方がいるということに本当にいつも励まされています。

ブログではへらーとしていますが、それは色々あります。在英7年目になった今年12月までサバイバルのような毎日でした。その中で自分も「面白いこと探し」をしたくて始めたブログ、結局はみなさんのお声に私が一番励まされる、あたたかな宝物になりました。

(今日は用事でヒースローに行かなければ行けませんが、朝チェックしたら必要な地下鉄が止まっています、慌ててキャブを手配しましたが35ポンドの出費・・・高いお金で定期を買っているのにいつもこうです!)

イギリスの空の下から、新年が皆様にとって穏やかで温かな愛にあふれたものであることを夫とともに心からお祈り申し上げております。

スイスのお父さんのお話はまた次回、TO BE CONTINUEなどと生意気なことをしてしまい申し訳ありません。

素敵なお正月の様子、また聞かせてくださいね:)楽しみにしています。

今年も本当にありがとうございました。

愛をこめて、

LOVE,
GORDON&素子より



にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
にほんブログ村

のんびりランキングに参加しています。楽しんでいただけたら↑ぽちっとお願いします。
日本 | コメント(14) | トラックバック(0)

ばあさん一筋60年

2013/08/17 Sat 14:46

夫がぷりぷりしながら帰ってきた。

「つまん!」

いったい何がつまらないのかと聞くと、「じぇんじぇん好きじゃない、うれしくないんデスよっ!」

DSC03140.jpg
※そういいながらも帰ったら必ず真っ先にあけるお菓子の棚、キョロちゃん食べて「さあ、おうちの時間です!」
お菓子モンスター。


ココナッツサブレやアーモンドチョコをあれこれがさがさしながら、「きょう、会社の人わたしのところにきました、そのひと日本にホリデーで行きました、そして日本が大好きになっちゃった、住みたいといてます。いかんだぞう!」

お猿さんに続き、さらなるライバル出現か?


「わたしの会社で無料の日本語のクラスあります、それに通ういいました。いかん!無理だぞう!!!」

「わたしみんなが日本好きうれし、でも私も住みたいんです、ぺらぺらになりたいんです、みなよりはやくすみたいんです、はい、がんばって勉強する、両手に花、にんにくトレーニング、今日から英語はなしません。」


それではどうやっても会社の人とコミュニケートできないと思うので困るのだが、そうやってぶーぶー鼻息荒く怒っているのだ。ライバル視して子供だな。しかも筋肉トレーニングだよ、にんにくじゃないよ。

夫いわく、奥さんが日本人だというと、

「すげえ、日本に行きたい。」
「日本に行きたいって前から思ってるんだけれど遠いよね。」
「日本に行ったことある、いつか住みたい!」


行きたいならお金をためて、日本語勉強してください。あまりに同じことばかりいわれるのであっさりそう返しているのだとか。中には、

「日本に行ったけれどご飯は高くて食べられるものはほとんどなかった。」
などという人もいて、「いったいどこで何を食べたらそんなことがいえるんだ?」とがっくり夫がきくと、

「マクドナルド」
「ホテルの中のレストラン」
「イングリッシュパブ」

なんで?居酒屋は?吉野家は?ラーメンは?ココイチは?そういう夫にみないっせいに

「だって英語が通じないしメニューが読めないから。」
「えーーー・・・もったいない。」

DSC04621.jpg
※私のしゅみは映画とゲームとお庭とうどんです。


夫なりにかなりのこだわりを持って日本を愛しているのだ。昔ローリング・ストーンズがすきっていうと、本気のストーンズファンに「お前はミックのことをどこまで理解しているのか!」と怒られたのを思い出す感じである。

そんな夫も私も愛する日本で年末は幸せなひと時を過ごし、私はその後も夫だけロンドンに送り返し日本で好きなものをたらふく食べて、飲んで、スーパー銭湯に行きだらーと幸せに心も体もふやけ体重3キロ増やしてイギリスに帰ってきたのが2月の頭。


まだ日本からの幸せな日々、写真の整理も何もしていない怠惰な私だったが、知らせは5月の頭に届いた。

私の大好きなおばちゃんが亡くなった。正確には私のばあさんの妹なのだが、子供がいなくて私もとてもかわいがってもらった。年末に帰ったときに一緒にデパートの地下で買い物をしてランチをした。それが最後になってしまった。


そしてそのまさに数日後に祖父が他界してしまった。

一番最初にゴードンに会ったときに「I AM MOTOKOS GRANDMOTHER,ウェルダン!」といってしまった彼、ばあさんになってしまった上にウエルカムではなくWELL DONEに焼いてしまった彼さすがにお肉のばあさんの夫、愛すべきじいさんだったのだ。

3202E8F0-911E-4C37-BCC4-10A41A5B11D2.jpg
※納豆ご飯もおいしですよ。

話はいきなり飛ぶが、私は小さなころ両親が離婚をした。母は必死で働いて私たち3姉妹を育ててくれた。家事にまで手が回らなかったのでよくじいさんとばあさんの世話になった。

それに加えて私は一時ストレスから生意気にもまだ子供だというのに1年間学校に行けないほど原因不明の病気になった。今思えばただのいやいや病だったのか、立てなくて微熱が続いて、コルセットもして、入院して、母やばあさんにものすごく世話をかけた。

そんな勝手な子供時代にじいさんばあさんの家にお世話になっていたときも多かった。

ある日、私が彼らと暮らしていたときに、ばあさんの具合が悪くなり入院が決まった。わたしはじいさんと二人になってしまい、じいさんはまったく一人でご飯を作れるような人ではないので、中学校で習ったばかりのハンバーグを作ったのだ。それがすごい出来で、「・・・・黒?炭?」としか形容できないような塊になってしまった。今でこそ料理は大好きだが、あのときの私にはシェフの才能のかけらもなかった、いや、主婦になるのも無理かと思われた。

張り切って作ったのになんじゃこりゃ、どうしよう、もうお米とお味噌汁はできてるのに・・・・と泣きたくなった。ばあさんはお料理がものすごく上手なので余計にあせり、本気で立ち尽くしてしまった。


そこに新聞を持ってじいさんが現れた。

「ほう!今日はモトコがご飯を作ってくれたのか。ありがたい、よしビール飲むか?」
(私このとき13歳)

「お、おじいちゃん、上手にできなかった。こんなのしかできなかった、ごめんね。無理して食べなくていいよ、病気になっちゃうよ。」


じいさんはフライパンの中をちらっとみて、顔色をぱっと明るくしていった。

「モダンなもの作ってくれたんだなあ、うまそうだ!」

DSC00063.jpg
※優しい人だった。おじいちゃん、ありがとう。


箸では切れないほど硬い黒焦げのハンバーグをじいさんは「うまい、うまい」と食べてくれた。お世辞にも本当においしいものではなかったのに。

不器用だけれど本当に立派な人だった、優しい人だった。

いつもばあさんのことが一番で、ばあさんが大好きで、私が子供のころはまだ銀行で働いていたので飲み歩く日も多かったが、リタイアしてからは毎日家で畑を耕し、スポーツ観戦をテレビやラジオでして、お気に入りの野球球団のスコアを毎年ゲームごとにきっちりつけ、読書をし、新聞を読む、ばあさんと晩酌をして、年始にはみんなの運勢をひ孫の分まできっちり調べる、そんなシンプルな人生を送っていた。

学校を終えていつもの坂をあがってばあさんの家に向かっていたら、竹刀を持ったばあさんがじいさんを追い掛け回しているところに遭遇したこともあった。一瞬喜劇かと思ったが、じいさんは必死で逃げていた。あれはなんだったのだろう。

ばあさんが入院中も私が学校帰りに毎日病院に寄るのをしっていて、「今日は床もぴかぴかに掃除したって伝えてな。」、「花にも水やったって伝えてくれな。」とにかく「一生懸命ばあさんのために家を守っている!」と必死でアピール、ばあさんはかなり血の気の多いそれはもう魅力的な性格でじいさんに対しても容赦がなかったが、じいさんはどんな攻撃にもいつもニコニコしていた。どんなことをいわれても、皿が飛んできても、めったに怒らなかった。


年末に夫と帰ったときに、「こんな正月、みんなが集まってくれるのは何年ぶりだろう、うれしいなあ。」

と上機嫌で迎えてくれて、昔みんなでよく集まったように懐かしい座敷の部屋でじいさんを上座に祝ったお正月、それが最後になってしまった。

隣に座ったゴードンが「ゆずこしょ、食べますか?」と差し出すと、それこそがっつり瓶から皿にとり、

「ひょう!これはうまいなあ!」と素っ頓狂な声を上げたっけ。

DSC04562.jpg
※じいさん、昔から何度も食べていると思うんだけれどね。ゆずこしょうね。

「ばあさんの秘蔵の酒が出てくるまで俺は今日は部屋に帰らないぞ!」

そう宣言して、ゴードンが「おさけ いかがですか。」と聞くと、

「本当はあんまり飲んだらいかんのだ、でももういっぱいだけ。」

それを延々と8回はリピートし、「ゴードン君、ばあさんの秘蔵の酒を一緒に飲もう。」と最後はだしにまで使われていた夫、「おじいさんは なんども いいました、はいもうこれでストップ、でも8回はおなじこといいました。」


「ひょう!この黒豆はうまいなあ、ばあさんのが一番うまいけれどこれもうまいなあ。」

妹たちががんばって作ってくれたおせち、いや、その黒豆はばあさんのを拝借しているんです、とてもいえませんが。

DSC04692.jpg
※無能な姉でもうしわけない。

本当に楽しかった、じいさんも楽しそうだった。

シンプルで、ばあさんが大好きで、何が人生で大事かしっかりわかっている、そんなやさしく立派な人だった。

今でも覚えている、春になると祖父母の家のあたりは桜のトンネルができて、ひらひらと花吹雪を散らせる甘い香りのその中を自転車で駆けぬけたこと、帰るとじいさんばあさんがギャーギャーやりあいながらも、そんな中でおいしいご飯をたっぷり食べたこと、酔っ払った二人がダンスをするのをげらげら笑ったこと、私の初婚の前の1年間は事情があって祖父母の家に住んでいた、最初の嫁入りもあそこから、あの桜が舞うやさしい家から行ったのだ。

私はイギリスに来て6年目、今まで散々愚痴を言って甘えてきたが、最近ようやくすべてを受け入れられるようになった。毎日同じことのくりかえし、天気は悪いし言葉も不自由、食べ物へのストレス、そんなことにぶーぶーいってきたが、どうでもよくなった。毎朝バラに水をやって、お庭でブルーベリーがかわいく実って、リスと一緒にジョギングして、普通に家事をして、お庭で本を読んで、無事に夫が帰ってきておいしいワインがあればそれ以上の幸せなんてないのではと思っている。

厳しく暗い冬もまたやってくるけれど、美しい夏もまたやってくる、爺さんのシンプルな生き方に私はものすごく色々なことを教えてもらった。

ゴードンは私と一緒に法要にも出てくれた。空港でごそごそしているので何かと思ったら、

「おじいさんにもおみやげいります、はいこれ。」

小さなお供えのウィスキーの瓶。

日本ではワンカップも買ってくれたっけ。

じいさん、ありがとう、私は今すごく幸せだからね。おばちゃんと酒盛りしていっぱい飲んでね。
帰国したときにじいさんの最後のグリーンピースを食べたよ。ゴードンも私もお豆が大好きだから本当においしかった、ありがとう。

DSC04748.jpg
※じいさんは農薬を使わずに手で虫を取っていたって、知らなかったよ。

妹が最後に教えてくれた。

「今年のじいちゃんからの年賀状にね、ラストって書いてあったの。ラストって一言。

わかっていたんじゃないかな。」

いつまでも、どこまでな偉大な祖父、おじいちゃんが大好きだよ!

今度は桜の時期に帰れるかな。






にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
にほんブログ村

のんびりランキングに参加しています。楽しんでいただけたら↑ぽちっとお願いします。
日本 | コメント(2) | トラックバック(0)
朝起きたら体が重かった。なんだか変なものがのっかっている感じ。

最近ラップトップは2台壊し、カメラも壊し、携帯電話のチャージャーも壊し、夫いわく

「もちんはニューレコード作っています、こわすものキングです!」

IMG_2340.jpg
★絶対に私のせいじゃないですが。

正確には「壊れ」と主張したい。


とにかくそんな不運に見舞われていたものだから、「もしかして何か憑いているのかも、か、体が重いかも、ひえー」


などとびくびくしながら目を開けたのだが、

そこにあったのは、なんであろう、「壷」

「壷」

「壷 ON THE BED」なのだ。

英語で書いてもさっぱりわからないこの状況、頭が回らずうーんとうなっていると、夫が部屋に大笑いしながら入ってきて、


「もちゃん、これみてみて!!」

手には今にも充電が切れそうな髭剃りシェーバー。

「おもしろいです、ひゅるーってなりました、この音、きいてください、ひゅるー。」

確かにへなへなと鈍い音で今にも止まりそう、うん、そうだね、それで?

「とまりますた!おもしろいぞう!またやります。」

いや、ぜんぜん普通、面白くない。そんなキャッキャいうようなイベントでもない。


シェーバーを持って小躍りしていた夫だがふとベッドに目を留めると、


「もちんと壷」

そうなのだ、そうなのである、この壷何?魔よけ?

「おもしろいですからおきました、起きてもちんびっくり、すげいよー。」

すげくない、ちっともすげくないぞ!


DSC04867.jpg
★このように、なんだか本当に31歳ですかって突っ込みたい毎日。


さて、私仕事でいろいろとばたばたしたり、ラップトップが壊れていたのもあって、前回の一時帰国からだいぶ時が経ってしまった上に、なにやら来月に緊急一時帰国することになりそうな我が家だが、忘れないように前回の思い出を書いておきたい。

それはもう満載で、突っ込みどころがいっぱいで、もうイギリスに帰って数ヶ月も経つのに降り立った中部国際空港のお話だけで今日も終わってしまいそうなのである。

以前ご紹介したように、夫も私も感涙に咽びながらセントレアについた。

私は日本人なので日本のパスポートがある。イギリスではいつもつっけんどんにされることが多いパスポートコントロールだが、ここは「おかえりなさい」といってもらえる私の祖国、日本。その言葉を聞くたびに涙が出るのだ。

しかし夫はここでも外国人である。

イギリスでは彼の場合オランダのパスポート保持なので、EUの法律によりパスポートチェックすらされないで素通りだが、日本では完全なる「外国人。」

私がさっさと入国審査を終えたというのに、彼はまだ列の途中である。その顔、

「はやく日本に入りたいんです。」

「むしろその柵飛び越えていいですか。

「だれかー、わたし、ぱちぱち男爵です、一瞬も惜しいんです、はやく走りたいです!」

頭の上に吹き出しが見えるように、彼の考えていることがわかる。わかった、わかったから、大人しくお願い。


DSC04620.jpg
★だってにほんもおうどんも大好き。

私は心配でゲートの外から見ていたが、以前のブログに書いたように、夫はやさしい入国審査の方に「日本語お上手ですね」とまでほめていただき、無事に日本入国を果たした。

「さあ、日本です!まず、はらへた。」


出た、うどん食べたいビーム。


でも今回は飛行機の中で言い含めてあったので、「えびふりゃあにしましょうね。」「はい、えびふりーにします。」と大人しく私についてきた。

その途中でも、「あ、あれ、カツどんです、うわ、卵も乗っています、私あれがいいです、親子丼とカツと、うわ、うわあああ。」

「あた、おうどんありますよ、もちんのうそつき、もちんは名古屋はきしめんだからおうどん空港にないっていいました、あそこ、あそこみて!ふわふわでおいしそ、テンプラも乗ってる、タベタインデス!!」

「あら、これわみたことがありません、まろまろのご飯?(雑炊だったが)これもおいしんです、ちょっとたべてみよっか?」


「やた!セントレアキットカットみつけました、ちょっとかってもいいですか?」

もう、ほんの数百メートルなのに、まったく進めない。

「まるは、まるはで食べるって一年待ったんだから!!メニューも全部チェックして飛行機の中でずっと考えていたんだから!今回はお願い、まるはあああ!!」


DSC04589.jpg
★それでもやっぱりお刺身も大好きなんだよね。


なんたって、イギリスでお刺身が食べたいと思ったら日系のお魚屋さんに行くか配達オーダーするか、日系レストランにいくか、それもとても割高なのでなかなか自分だけのために贅沢もできない。

たまーに発狂して、「もう無理!」と言うとき以外はめったに食べられない、いや、その回数も最近は在英6年目にして減ってきた気がする。

我慢するのに慣れたのか、諦めなのか、とにかくそんな状況で夢にまで見た新鮮なお刺身。

本気で夢にまで見た。

まるは食堂は小さなころ、まだ両親が離婚をする前に父とよく南知多に出かけていたころから知っているし、その後も祖母や母とよく訪れた。今でこそ大きなチェーンになってしまっているが、ぴちぴちのシャコを豪快にいただいた懐かしい記憶、あまり覚えていない小さなころの懐かしい思い出が垣間見える場所でもあるのだ。

えびフライは食べなくていいから、ここでお刺身を食べたい。

ずっとそう思っていた。

夫は外のメニューの写真をみて、「うわ、こんなにおおきなえびですか!」とすでにうどんを忘れた模様。

「すげいよー。すげいなー」と真っ赤になって喜んでいる彼を見て、「単純、いや、素直な人でよかった。」とつくづく思う悪どい自分。

「いらっしゃいませ!」

かわいい店員さんが信じられないくらいの笑顔でそう迎えてくださった。

「2名さまですか?」

はい、そういいかけた私をさえぎって夫

「はい、おねがいします、2名さまです!」



DSC04761.jpg
★さすが男爵、自分も様づけ。
念願の雪見酒もしました。

さすがに空港でいろいろな人を見ているのか、かわいい彼女は一瞬もひるまずに、

「はい、2名様ご来店です!いらっしゃいませー!」


彼女に続いて店内に行くと、お店のあちこちから「いらっしゃいませ!」「いらっしゃいませー!」

威勢のよい声が飛ぶ。

ああ、日本だ、やっぱり日本。もうそれだけで感動。みんな元気がよいし、サービスが本当に温かくてうれしい。

「お足元少し段差がありますからお気をつけくださいね。」

そういう彼女、えええ、そんなことロンドンで教えてくれるのは


はげしく開いた電車とプラットフォームの隙間、たまに私などは足が短いので、「ちょっと助けてよ!手を引っ張ってよ!」と大騒ぎしないと乗れないのではと錯覚してしまうほどの奈落のそこに落ちそうなあれ、

「MIND THE GAP」

そのくらいではなかろうか。

DSC02090.jpg
★ちょっと画像が見当たらないけれど、本当にこの電車魂抜けます。

ゴードンと私、もう入り口付近でこんなに感動してしまって、まだ空港から一歩も出ていない。この先大丈夫だろうか。

一年ぶりに帰って、私も在英歴が長くなるに連れて本当に自分がいちいち驚くことが多くなっているのに気づく。

お辞儀も美しいし、ものを渡すときの動作も指先まできれいだし、間違っても「ほらよ」ってレシピやおつりを投げたりしないし、ハンバーガーだけ頼んで「はーっ」ってため息つかれることもない。イギリスが悪いのではなく、日本が特別すごすぎる。

渡してくださったメニューを見たが、昔の私だったら「空港のご飯なのだから高くてそこそこでまあまあ。」などと生意気なことを思っていただろうに、今ではメニューを見ただけでかけ付けいっぱいビールが飲めそうだった。

「もちん、これ、これがいんです、おおきなえびひりーのてます、これは1ほん、2ほん、2ほんがいいです、に、に、にほん、やた、読めました。これ!これにする。」


そういって夫が指差したのは、3000円近くもする豪華なコース。

や、やめれ。

「ごーちゃん、まだ朝だからね?飛行機の中で散々機内食拒否したからおなかすいてるのはわかるけれど、朝だからね!これ、お刺身、煮魚、サラダ、茶碗むし、えびふらいとかいっぱいいっぱい付いてくるでしょう?断食した後にそんなに食べたらいかん!」

「いやだ、わたしたべる。」

そして、「すいましぇーん、ごちゅうもんおねげえしまーす」

自分で店員さんを呼ぶ始末、あ、また男爵、ご注文されるのね。


「はい、お伺いします!」


なんて、なんて、日本の女性の言葉遣いやしぐさ、かわいいんだ!

私がここでどきどきしてどうする。


さっと注文をとりにきてくださった彼女に夫が、

「こにちわ!わたしはこれをおねがいしま・・・・」

とデラックスなものを指差そうとしたので、

「すみません、これにしてやってください。エビフライ2本ついた定食で。私はお刺身の盛り合わせとサザエのおつくりとお味噌汁、ごはんください。」


「かしこまりました。」

「いやだぞう!!!!」


そこはさすがプロ、彼女はにこっと私の要求を聞いてくださると、「えびフライ定食お願いしますーー!サザエのおつくり、お刺身盛り合わせでーす!」

とキッチンに。


やった、勝った。


「・・・わたし、あれのあっちがたべたかったですよ、いぢわる!!」


ぶつぶついう夫、いいのだ、これから3週間もいられるのだから、いっぱいおいしいもの食べられるんだもの。

一年待った日本だもの、最初から飛ばしちゃもったいない。特別な特別な日本だからゆっくり味わおうよ。

DSC04836.jpg
★念願の白川郷にもいきました!いっぱいの雪を見ました!



実はこれを書いている現在、イギリスで日本のことをいつも以上に想っている。

5月に入り、とてもとても悲しいことが2回も重なった。遠い日本で大事な家族に最後のお別れをいえなくて、私はイギリスの空を見上げながら「ごめん、お見送りできなくてごめんよ。」と本当に祈った。

ここは明るく楽しいブログにしたいのでこれ以上は書かないけれど、改めて日本は遠い、自分は無力だ、勝手に海外に出て好き勝手しているのに、帰ったら「おかえり!もっちゃんの食べたいものいっぱい食べよう!」って、日本でがんばってそれぞれ暮らしている家族や友人に甘やかしてもらって。

それなのにこういうときには駆けつけられない、役に立てない、傍にいられない自分がとてもあほに思えた。

夫にとってもとても大切な家族なので彼もとても落ち込み、すぐにフライトのチェックをしてくれたのだが、そういうときでも私を気遣ってくれる家族は、「帰ってこなくていい。落ち着いてからでいい、命日は毎月やってくるのだから。」と言ってくれた。

私はイギリスでそんな家族や友人の優しさに支えられて、夫の優しさに支えられてワンワンないた。

DSC04888.jpg
★日本で一緒にスコーンもつくりました。


元気がなかった私に夫はうどんやらいろいろなご飯を作ってくれた。


「きょうわ まろまろ うどんです。」

「きょうわ おすし もてかえります。」

「あしたわ もちんの好きな スコーンつくります。」

「さあ、きょうわ やきうどん つくる べんきょうしました。こにゃくも かいました!」

「たぶんわたし、しいたけのごはんつくるできます、お味噌汁もつくります。」


散々甘やかされてそれでもおばかな私はメソメソとしていたのだが、ある朝起きてみると、家族の写真の前にきれいな白いバラが飾ってあった。

夫だとすぐにわかった。

お礼を言うと、「お庭できれいに咲いていましたよ!イギリスのお庭をみせてあげたいんです。もちんのお花が元気がないです、ちょっとかわいそうねー。」


あんなに切花が嫌いな人だったのに、お花をお供えしてくれたんだ。

私、あほすぎる、なにやってんだろう、もう「いかんぞう」


久々に見たイギリスの空はグレーだったけれど、とてもきれいだった。

DSC04689.jpg
お肉のおばあさんがこんなにたくさんゆずこしょう持たせてくれました。


さて、男爵が頼んだえびふりゃー定食はどうであったか。

私が手を洗いにいって帰ってくると、ビールが2杯。

「あの、これ、なんですか?」

「びるですよ?」

「いつ頼んだの!」

「わたしの にほんご わるくないね、えへへ。」

どうやら自分で頼んだらしい。機内で死んだようにすべてを拒んでいたのは別人か?

DSC04546.jpg
★そうね、別人ね。


「お待たせしました!」

そういってやってきたエビフライ定食に夫は、

「ぎゃー、すげいよ!」

本当に、それ以上のリアクションをした。「えびがピカピカ!!!」


いや、私も人事ではなかった、自分のお刺身をみて、ホカホカご飯を見て、サザエのうろをみて、本当に失神しそうになった。むしろお刺身のつまと大葉だけで1杯目のご飯が食べられる、そう思った。


私はあまりに自分のことに夢中で夫のことを気遣ってあげられなかったので、彼が「あついあついあつ!!」とホクホクのえびふらいにやけどをしそうになって思い出した。


そうだ、私たち日本にいるんだ。熱々のホクホクのカリカリの、こんなにおいしいお料理が出てくる日本に帰ってきてるんだ。


「これわ たいへん おいしいです、おいしすぎます、もうわたし イギリスにかえりません。」


夫は普段揚げ物はあまり好まないのだが、日本では思い切り食べた。テンプラ、とんかつ、中でもお母さんに連れて行ってもらったおうどんやさんの、「カレーかつうどん」という、彼の大好きなものがぎっしり詰まったお料理には、「もうこれわやばいがん。」と涙を浮かべながら食べていた。

前回までは「和食」と思っていた私も、日本では何でもとにかくおいしいのだと気づいた今回、ココイチのカレーも食べに行った。昔だったら「時間がないときにしょうがないかあ。」などとうぬぼれた頭でせっかくのお料理をいただいていたが、今回食べたらびっくりするほどおいしくて、夫が帰った後も一人で食べに行ってしまった。


夫も「こ、これわ!」と次からは大盛りを頼んでいたっけ。

そんな私たちの旅の始まりだったセントレアのまるは食堂で、私はそっとサザエをつまんだ。口に入れた。心に、体に、すべてに染み渡るおいしさだった。小さなころに家族といった海を思い出した、民宿を思い出した。

人には帰る場所が必要なのだと思った。イギリスで二人で生活をしていく毎日もとても大切だけれど、一年に一度くらいこうして心からリラックスしてもいいのではないか、安心してもいいのではないか、そう思った。

南アに夫の帰る場所はなく、彼にも私にとっても日本が帰る場所、愛する人、愛するものがいっぱいある場所、


「もちん、おいしいですか。」

「うん、すごくすごくおいしい、懐かしい。」

「ただいまですね。」

「ただいまですよ。」

DSC04684.jpg
★日本のお正月は凛としてすばらしかたです。


こうして私たち、本当に一日目からとてもとても幸せにすごさせてもらった。この後の長いエピソードを終わる前に来月日本に帰るかもしれないけれど、そのときはニコニコ笑って元気に二人で名古屋にまた降り立とうと思う。


日本のみんな、イギリスのみんな、世界中の私たちとつながってくださっているみんな、本当にありがとう。

私たちは今日もイギリスで平和に暮らしています、笑ってにこにこしています、皆さんもお元気で!


★お知らせ★
スコーンの作り方の動画を男爵が日本語で紹介してくれた動画、早めにYOUTUBEにアップします。
私のチャンネルはこちらから。↓もしくはmomogramoで検索をお願いします:)

南ア人の豪快な味噌汁の作り方



にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
にほんブログ村

のんびりランキングに参加しています。楽しんでいただけたら↑ぽちっとお願いします。






日本 | コメント(17) | トラックバック(0)
DSC08906.jpg
はじめに、今回のブログはしつこく長いです。とても悲しくて大変なことが起きました。大事に書きたいのでずっと迷っていました。長くて読みづらいかと思いますが、私たちと共有してもらえたら嬉しいです。

DSC08853.jpg
☆懐かしい南アのおうちです。

夫が南アではじめて「おぎゃあ」とこの世に生を受けたとき、みんなが笑顔になった。

「私はまだ30代だからね、おばあちゃんになるなんて嫌よおおお!!」と、初めはものすごく「ぶすー」していたリン(ゴードンのお母さんの義母。)ですら、彼が生まれた瞬間に「どたどたどた」と真っ先に病院に駆けつけ、

「信じられないわ、なんてゴージャスなの!!!」と、でれーとしていたという。

そしてゴードンはおじいちゃんである「グランパ スチュワート」から、その大切な彼の名前をミドルネームとしてもらった。ゴードンのお父さんヨハネスは、「ヨハネスがいい!」と必死であったが、母であるミシェルをはじめ親戚含めたみんなが「いやだ、ハンスなんて絶対に変。」と却下して猛反対した。妻にも反対されたハンスは今でもそれを根に持っている。

DSC08964.jpg
☆ハンス、ごめんね。

グラム家の初めてのかわいいかわいい初孫、それが夫だったのである。

彼の両親はとても厳しかった。欲しい物があるといえば「働いて買いなさい!」
一生懸命庭師のお手伝いをしたり、ハンスの銃弾をつめたり作るのを手伝ったりして大好きなお菓子は買っていた。

それでもものすごく欲しい物ができてしまったのだ。それがファミコン。

高圧電流の通る柵に囲まれたたった9個しか家のない村で育った彼が、ファミコンを友人の家で見たその衝撃はすごかったと思う。

世界中を旅できて、ダンジョンで冒険できて、夢のようなことがあの小さなボックスさえあればできるんだ!

「グランパ、お願いです、お金を働いて絶対に返すから買ってください!」ゴードンは泣いた。

そしてクリスマスを迎えるころでもあったので、ファーザークリスマスに手紙も書いた。ちゃんと玄関にビスケットも置いて、念のため枕元や暖炉にも置いたが、一個は弟にこっそり食べられてしまった。

DSC08898_20130222210012.jpg
☆この日だけはファーザーが困るといけないので警報システムをきってくれと泣いたんだよね。

そしてクリスマスの日、

「グランパ!ファーザークリスマスが来た!ビスケットも食べてくれたよ!」

ほっぺを真っ赤にしながら飛びついてグランパに抱きつくゴードン、クリスマスツリーの下にはファミコンと、興奮してあわてたあまりびりびりになってしまったラッピングの包み紙があった。

「そうかそうか、それはよかったね。おじいちゃんはうっかり仕事が忙しくてプレゼントを買えなかったんだ。おばあちゃんはたっぷり用意したらしいね、悪かったね、これでゲームソフトでも買ってくれないかな、ソーリー ゴードン。」

誰もファーザーがファミコンをプレゼントしてくれるなんて知らなかったから、ゴードンはゲームソフトがないに決まっているのだ。おじいちゃんは本当に思慮深く優しい人だった。

時は流れて、南アの政治情勢で白人が仕事を得るのがだんだんと難しくなっていった。ゴードンはファミコンに出会って以来パソコンやゲームの世界で働く以外に道は考えられないと思っていたので、とうとうある日、17歳の時に南アを飛び出した。

初めてのフライト、知らない土地、どんなに怖かっただろう。

大好きなキリンさん、雄大な自然にもお別れをしたのだ。

DSC08832.jpg
☆さよならアフリカ。

オランダではパソコンの修理を手伝い、部品を売った。イギリスにきてからはゲームテスターとして必死に働いた。それしかできることがなかった。ドミトリー部屋でうずくまりながら、南アに帰りたいとめそめそしながらもチケットを買うお金がなかったのだ。

それでも彼は必死に働いた。ファーストエンジニアになり、セカンドエンジニアになり、気がついたら少しだけのお金が手元にあった。もうこのまま南アに帰ろうか、ふと思った彼だったが、

「いや、ちがい!!!日本にいくぞ!」


そうなのだ。彼の憧れの国、ファミコンの生まれた日本。

gordon25.jpg

世界中のどこよりもいきたかった。夢中で写真を撮った。自動販売機、秋葉原のメイドさん、新幹線、チキンカレー、ゲームセンター、電化製品のお店、池に泳ぐ鯉に亀、にこにこの可愛いおじいさんおばあさんたち。

「すげいよー!」

彼はすっかり日本に惹かれてしまい、その瞬間から「もうぜったいにぜったいにイギリスでがんばる、お金をためて、夢の日本に住むんだ!」と決めた。南アに帰ることはこのときにすっかり諦めた。


gordon26.jpg
☆子供みたいです、今でも子供だけど。

「人間は夢があると強くなれる」夫は今でもそういうけれど、まさに日本が夢をくれた。

夢中で働いて働いて数年、ファミコンとの出会いのおかげでITのサードエンジニアになり、気がつけば日本人の妻に出会い、酒癖悪く暴れる妻に手を焼きながらも二人で暮らして5年目、南アをバッグ一つで飛び出してから13年もたっていた。いったい何度日本を訪れたことだろう。

なんせ9年も南アに帰っていなかった彼、どこにいくでも車に銃を積んで出かけなければいけない彼の遠いふるさとに比べて、公園のベンチで肉まんを食べながら子供達が遊ぶのを見られる日本は彼にとって「心が休まる大事な、帰れる場所、居場所がある故郷、大好きな人たちが待っていてくれる国」に変わっていったのだ。

そして2012年の年末、私たちは又々日本にびゅんっと飛んだ。ヘルシンキはマイナス30度で空港内でもなんだか寒かったが、夫は嬉しさのあまり「ビール飲む!ビールのみましょう、酔っ払って寝たらさっさと時間が過ぎますから、寝たら日本ですよ!」と、やたらに飲んだくれデレデレになることを切望していた。

だが、「それならワイン1杯付き合うわ」と私が頼んだワインに「15ユーロです」とさらっと言われたので、「わ、わいんが一杯2000円以上だって、かんのこが2本買えますよ、もちん、日本まで待ちましょう、あ、飛行機に早く乗ればいい。そしたらタダ。やったー。」

と、さすがオランダ家系ならではのけち精神を発揮して、「空港内では私は空気です。」と、無心になってひたすら待つことを決めたらしい。「しずかーにしますから。話しかけないでね!」息をしているのか不安になるくらい、仙人のように動かずにいるのには参った。

今回はセントレア空港に飛んだので、すぐに家族に会える、そういうわくわく感も嬉しさもあった。飛行機に乗った夫は、

「まだヘルシンキからちっともとおくないです。うごくしません!」

「まだロシアのうえ、歩いたほうが速いです!」

「あああ、なんですごく遠いです、もう悲しすぎます。」

「じぇったいにうごくしません、日本までまだ15センチくらいある!(画面を指差して)おなかすいたです!!」

そうぼやきながら、キャビンアテンダントさんが勧めてくれるお料理にも一切手をつけず、

「やっぱりお酒やめます。日本についたらすぐにしょちゅう飲みますから、待ちます!」

とあほなこというので、それならばと夫のワインも奪い取り、私はがーがー寝てしまった。だが、数時間後にふと目が覚めて夫を見ると、「じぇんじぇん遅いです。歩いたほうが速いです、うきー!」と、まったく同じことを言っているのだ。

かかわるのが面倒なので、私はぐっすりとまさに次の朝食がサーブされるまで寝てしまった。

gordon12.jpg
☆だって、日本のご飯おいしですよ。

「もちん、おきて、おきてくだせえ!」

そう夫にガシガシ揺り動かされていやいやーに起きると、サービスされる朝食を「いやだ!」と相変わらず拒否しながら、夫が飛行スクリーンを指差し大騒ぎしていた。

「みえた、名古屋が見えたがん!!」

ものすごーい端っこの画面に、日本が見えた。

涙ぐむ夫。

日本人のキャビンアテンダントさんがタイミング良く「tea?」と聞いてくれたのだが、夫は感激極まっていたので、

「もすぐにほんですから、かんのこまちます!のどかわくありません!けっこうです!」

と元気に答えてしまい私を赤面させつつ、

「もすぐにほんだがん!はやくはやく!」

と騒がしいので、

「ねえ、もしかして、これずーーーっとみて7時間過ごしたとか言わないでね?」

「はい、みてました。」

私は本当に、古い表現だがそこでずっこけた。それ以外の表現が見つからないのだから仕方がない。

「でもビータであそぶもしました。忙しかったです!」

「あほか!」

そしてまた、前回と同じく何も食べていないのでふらふらな夫、「うどん、うどん。」と涙ぐんでブツブツ唱える姿が怖すぎる。

あかん、また負ける

負けてしまう。

「ねえ、またおうどん食べるんですか?一番におうどん食べたいんですか?」

「はい、ねぎ塩鳥うどんおねがいします。」

「ごーちゃん、中部国際空港にはねえ、おうどんはないよ!(嘘)だって名古屋はきしめんだもん。味噌煮込みだもん。」

「それは案外だがん。。。どうする。。」

「エビフライ食べたら?大きなえびがあるよ。かりっとフライでおいしいのよ。」

「でもおうどんわ!」

「いつでも後で食べられるよ。えびふりゃあとビール、ほかほかのご飯おいしいよおおお。」

「うん、えびふりーたべる。それにしる。わたしえびふりーする。」

(やった。勝ち)

gordon15.jpg
☆その後もあの手この手で勝ちました。


懐かしい愛知に飛行機は到着し、私もゴードンもやっぱり涙を抑えられず、またもやわあわあ泣きながら、パスポートコントロールへ。私は日本国籍なのでパスポートを見ると「おかえりなさい」といつも言ってもらえる。その言葉にまた涙が出る。しかも窓口がほぼ全部きちんと機能していて、ものすごく早くみんなが通り過ぎていく。

う、美しい、すばらしい!

夫は外国人なので、彼のは少し時間がかかった。心配なので出口で首を長く「にゅー」と見ていると、夫の番が来た。

「こにちわ!げんきですか!」

入国審査官にものすごい大声で、まるでアントニオ猪木のように挨拶するものだから私はまたもやひっくり返った。緊張しているのと嬉しいのはわかるけれど、声がでかい、夫よ。

「わたしのおくさん にほんじんです。かぞくにあいにきました。あそこでまってます。」

入国審査官の方のお顔は見えなかったが、なにやら朗らかに話をしているようでホッとした。

うきうきっとした夫が出てきて「やた、日本語じょうずですねってほめてもらいました、わたしおくさんちがい、家内でしたすみませんといいました。どうして日本来ましたか聞かれたから、かぞくにあいに、うどんも大好きですって言いました。そしたらじょうずですねって、やた!」

「おうちにかえりました、ただいま日本!!さあ、いきますいお、えびふりーと家族とおともだちの時間です!」

gordon22.jpg
☆そう、かぞく、友人、1年ぶりのエビフリーの時間です!

あまりに長くなるので個々のエピソードはまた追ってご紹介したいと思うが、彼は本当に温かくみなに迎えてもらい、甘やかしてもらい、幸せなときをすごした。

クリスマスには寒空なのに、「ゴードンがブライが好きだから。」とブライをしてくれた家族、やきそば番長になってくれた友人、「ハッピータンは幸せの魔法の粉でハイになれるのよ!」とお土産をくれた友達、

gordon19.jpg
☆キャサリン妃みたいな人もいましたね。ブライのクリスマスは13年ぶりです。


かわいい姪のクリスマス会では「写真とってください!」、「はろー」といろいろな人に声をかけてもらい、

「南ア人だからわたしめずらしです。みんなありがとう!」とテレながらも大喜び。

gordon13.jpg

ロンドン時代の懐かしい友人にもあって、彼の町を案内してもらい、

gordon1_20130222195653.jpg
☆生きていました。びっくりしました。

嬉しさのあまり酔っ払って、

「日本が大好きなんです!だれかいませんかー!わたしわうれしんですー、はい、もうイギリスかえりませんよ。」

gordon16.jpg
☆すごい迷惑な人だったかしら。


大好きな大好きなばあちゃんじいちゃんにも会って、いっぱいのお友達にもこれから会えて、もう最高に幸せだったのだ。

gordon23.jpg
☆おばさんのマッサージはすげいなー。


そんな幸せな中、お正月を迎え、厳かでそれでも喜びにあふれた新年を満喫していた夫の下に電話が入った。

南アのおばあちゃんからであった。呼び出し人におばあちゃんの名前を確認した夫は、滅多に電話などしないおばあちゃんからの電話に何かを感じたのであろう、「もちん、おばあさんから、リンからです。」そう静かに私に告げた。

実は夫のおじいちゃんはここ数年ずっと癌と戦っていた。特にその数ヶ月前くらいからはとてもとても悪かった。
夫はお見舞いに行きたいとずっと行っていたが、二人ともパスポートをイギリスの移民局に預けてあったので、機会を失っていた。

「そうですか。」

私はそれしかいえなかった。

夫は「ハロー、グランマ、どうしてる?」

そう普通に電話を取ったが、「うん、そうか、うん、わかった。」そういいながらその顔はどんどん真っ白になっていった。

「おばあちゃん、ソーリー、どうか体に気をつけて、本当にごめんね。」

消え入るような声でそう電話を終えると、電話を手に持ったまましばらく動かずに窓の外を見ているようだった。

私は夫の様子がとても普通ではないので、何があったかを悟ってはいたけれど、とても声をかけれずに二人でどのくらい無言でいただろうか、ふと夫を見ると窓の外を見て泣いていた。

「グランパが 死んだ。」

とてもとても小さな声で、「he passed away」

そして、「南アはとても、とても遠いね。」

DSC08896.jpg


彼が生まれた日から続けて弟、妹と飾られた3人の記念のプレートを見上げながら、南アを訪れた私に「私のゴージャスな孫たち、私の宝物だ。ゴードンが君のような優しい日本のお嬢さんと結婚してくれて本当に嬉しい、ありがとう。」といってくれたあの日の、おじいちゃんの誇らしげな顔を私も今でも忘れられない。

南アを訪れたのはたったの一度で、それも数回しかお会いできなかったけれど、とても静かな人でいつもニコニコしていた。

くるっと窓に背を向けベッドにうつぶせになったゴードンに私は言った。

「偉大な人だったね。今は平穏の中でようやく休まれていると思うよ。」

夫はじーとしていたが、「うん、そうなんだ。やっぱり俺のグランパはなんでもわかっているんだ、あの日ファミコンをプレゼントしてくれたときから、ずっと何でも分かってるんだ。」

むくっと起き上がると、

「今こうして日本にいる。明日もあさっても日本にいて、大好きな家族に会える、友達に会える。一人じゃないって心から思える一年に一度の時なんだ。365日ある中で、グランパは俺が大好きな日本にいるこの時に逝った。彼は何でもわかっているんだ。」

そういうと、子供のように泣き出した。

「南アに帰ってあげれなかった。」

「大丈夫よ。」

「一人で逝かせてしまった。」

「リンもノエルもいたわ、ダリルもいた。」

「死ぬってどういうことなのか、グランパは寂しくないのか。」

「人はあなたが忘れない限り、あなたの心にずっと、あなたとともに生きるから。今は難しいかもしれないけれど、おじいちゃんは決してごーちゃんが苦しんだり自分を責めるのを望んでいない、ありがとうおじいちゃんって、私は元気で日本でニコニコです、愛している人に愛されて囲まれていますって、心配しないでくださいって、祈って教えてあげてください。それがあなたがおじいちゃんにして差し上げられる一番のことだから。」

夫はしばらくわんわん泣いていたが、私はずっとその間背中をさすっていた。それしかできなかった。

言葉で言うのは簡単でも、受け入れていくのは本当に難しいのだ、分かっているから余計に辛かった。

gordon24.jpg
☆ひとりじゃないですよ。


夫は本当にすっかり落ち込んでいたが、それでもその後少しずつ家族や友人のさりげない優しさに笑顔を取り戻していった。誰も「私の胸に飛び込んで泣いていいのよ!」なんて言わなかったけれど、いつもそばに誰かがいてくれて、彼は本当に救われたと思う。

一緒に姪や妹とスコーンを作ったり、憧れだった白川郷にいったり、あっという間に時間は過ぎていったけれど、夫は本当に今回も日本に助けてもらった。

帰りのフライトの日が近づくにつれてまた元気はなくなっていたけれど、それでもきっとみんなとの思い出を胸に、またイギリスでがんばるんだろうと心配はしていなかった。

gordon14.jpg
☆その後も旅を続けましたね。

私のほうがイギリスに帰る日が遅かったため、しばらく夫はロンドンに独りでいたのだが、ある日朝起きたら夫からメールが来ていた。


「毎日グランパのことを考えて、ありがとうって思う。もちんがいったことは、本当だと思う。彼との思い出をめぐることはたまに辛いけれど、それでも温かく幸せなことだと思う。ただひとつ後悔していることはね、


約束を果たせなかった。彼にファミコンのお金を払えなかったよ。」


あの日のファーザークリスマスが誰だったのか、大人になってそれに気づいても、愛する人にありがとうを言えるチャンスはもうないのかもしれないのだ。人生は短く、文句や愚痴を言っている間にどんどん流れていく。

だから、私もゴードンとここイギリスで、大事な人を思いながら、愛しながら、余計なことにとらわれずに温かく生きていきたいと思う。ものすごく元気じゃなくても、落ち込む日があっても、人を愛して思う心があれば自分はとても温かくなれるのだ。

今ゴードンは桜をみるのを楽しみに、必死でまたお金をためている。一生懸命働いて生き生きして、彼が日本への愛を持って温かな気持ちですごせていることに、それを与えてくれる日本のみんなに本当に感謝している。

金銭的にはとても厳しいので、私がいけなかったとしても、彼には桜を見せてあげたい。
そのときは皆さん、迷子の男爵がいたら、どうぞ手を差し伸べてくださいね、よろしくお願いします。

私たちはロンドンで今日も元気です。皆さんもお元気で。

南アのおじいちゃん、どうもありがとう、さようなら、安らかに眠ってください。
ゴードンは私と家族と友達と、にこにこですから、心配しないでください。

追伸:夫は頑固者で自分が日本と同じく南アを愛しているのを認めようとしません。帰りたいのに帰らない、意固地になっているんです。その彼が今日、南アに帰ろうかと言い出しました。まだ未定だけれど夏にはおじいちゃんのお墓にご挨拶とおまいりに行くかと思います。

これもおじいちゃんがくれた温かいプレゼントのひとつで、お導きだと思っています。ありがとう、おじいちゃん。



にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
にほんブログ村

のんびりランキングに参加しています。楽しんでいただけたら↑ぽちっとお願いします。
日本 | コメント(17) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。