スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

思い出のスタジオ。

2010/03/24 Wed 15:33

人生で後悔している事はないが、今でも申し訳なかったと心残りなことがある。

ロンドンでピアニストの仕事を体調不良で辞めざるを得ず、たくさんの人に迷惑をかけたことや、
そのために失ってしまったご縁など。

人とのつながりを何よりの宝だと思う自分にとって、この事を考えるときだけは胸が痛い。

みんなが元気で、ご活躍されていることを心から願っている。


2990.jpg


4d69.jpg







にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
にほんブログ村
のんびりランキングに参加しています。楽しんでいただけたら↑ぽちっとお願いします。
スポンサーサイト
ロンドン・音楽 | コメント(6) | トラックバック(0)
昨日は友人と、二人で優雅にサウスバンクデートをするはずだった。
私のお気に入りの場所、サウスバンク界隈。

テムズ南、WATERLOO駅から歩いて5分、Embankmentから10分にあるサウスバンクには
Royal Festival HallやQueen Elizabeth Hallなどのコンサートホールを始め
Hayward Gallery、 Saison Poetry Libraryなどがずらずらと揃っている。

私はここが、ロンドンで家の次に落ち着く場所だ。
肩肘張らず、好きなものだけをつまみ食いできるここが好きだ。

大好きな場所で、友人とのんびりするはずだったのに。

「おいていかないでー。」(主人)

残念、デートのはずが、3人に増えちゃた。

それで、急遽3人でサウスバンク集合。
まずは、ベルギー発、ロンドンでもチェーン展開をしつつ
着実に人気をここ数年伸ばしているベーカリ&カフェ、le pain quotidienでお茶。

日本は何でもあるので、「PAULやラデュレのように、もう上陸していたりして。」と
内心思っていたが、2010年3月現在、まだ無いようだ。

私はここのベルジャン・シュガー・ワッフルが大好きなのだが、
昨日頼んだそれは、どうみてもお店の人が
「オーブンに放り込んで忘れちゃったわっ、まあいいか。」
というものすごい硬さ。これは兵器になる硬さではないか。

2_convert_20100303175052.jpg

ただ、主人も私も相当「おかまいなし」の人種に入るので、
半分ほど食べてから気づいてしまった。今から交換してもらったら、
もう1個もらえるのだろうか?無理であろう。

硬いワッフルとあまーいチョコレートケーキでテンションのあがった主人、
「シツレイシマシター。」
とまったくその場にそぐわない単語を連発する彼を無理やり引っ張って、コンサート会場に移動。

私のロンドンで一番のお気に入りのホール、Royal Festival Hall。
ここはロンドンシンフォニーやフィルハーモニーなどの一流オケが
破格の値段で見られる上に、音響もとてもよい。

安い席でも、そこそこの音がきちんと飛んでくる。
もし確保できるのだったら、同じ値段でもサイドやコーラスシートではなく、
一番上の階の、一番後ろの席辺りを確保するとよいと思う。

高所恐怖症の人にはお勧めできないが、9ポンドで最高の演奏が聴ける。

また、前のほうに座って、周りを「コンサート気合入れて見に来ました!」という
がっつり雰囲気の人に囲まれるより、離れ小島にいたほうがリラックスできて良い。

昨日はVERDIのレクイエムを見たが、主人はやっぱり、いつもと同じ箇所で
「がー。」と寝息を立てていた。

1時間強の大曲が終わった瞬間、
「俺はずっと起きていたもんねー。」と、
白々しく拍手を送る彼だったが、もはやばればれである。

今回は1曲が長かったため、休憩なしのぶっ通し演目だったが、
合間に隣接されているバーでワインを飲んで、休憩中にうだうだ話すのも楽しいのだ。

グランドフロアや他の階のワインバーで、コンサートにも行っていないのに、
友人とうだうだ1杯のワインでサウスバンク飲みするのもいい。
空いているソファーやいすに適当に座って、1杯のワインで心置きなく居座ることができる。

PUBとはまた異なる、開放的な雰囲気も居心地が良い。

いつもなら、サウスバンク界隈のお店で「んじゃ、軽く一杯。」となるのだが、
次の日に主人が大きなプロジェクトがあると言うので、
今回は残念ながら、コンサートを見た後、Waterloo駅で解散。

つまみ食いをとことん楽しむ日だったら、この後テムズのほとりを
夜景を見ながら歩いて、ビッグ・ベンや、少し離れたタワーブリッジの夜の美しさに、
ため息をつくことだろう。

DSC00773_convert_20100303183120.jpg


ロマンティックだが、トイレに行きたくなること間違いなしなので、
(川のほとりが寒いんだもの。)
その後、PUBに立ち寄って、トイレを借りつつ、軽く飲む。

もっとつまみ食いを満喫したい人は、昼間っからサウスバンクで
フリーのランチタイムコンサートが開かれることも多いので、
もっと早めにつまみ食いDAYを始めるのもいいだろう。

私の友人などは、週のほとんどをサウスバンクで過ごし
勉強しながら、コンサートも聴いて、まるで我が家のように使っている、
もはや住んでいるのであろう。

ロンドンにはお金をかけなくても楽しめる場所が山ほどある。
みなさんもどうぞ、お試しあれ。
ロンドン・音楽 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。