スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
DSC02002.jpg

★みなさん、てつおはまた旅に出ます。★

PCさんが壊れた。しばらく別のPCさんを使っていたが、日本語が打てずに、「genki desu ka?!」などと非常に読み辛い迷惑メールもどきを送らなければならず、嫌になったので放置していた。ごめんなさい。

ようやくゴードンに直してもらい復活、よかった。

ゴードンは毎日のように、新しい日本語を勉強しては私をびっくりさせてくれるが、昨日はうれしそうにこうつぶやいていた。

「わくわく ビンボウ!!!!」

ちっともわくわくしないぞ。

我が家はこのように相変わらずで、お伝えしたいこともいっぱいありすぎる。

だけれど!

明日からベルリンに行くのと、昨日「この世のものとは思えない」くらいに美しい場所を訪れたので、我が家の話とレシピは今日はお休み、その模様をお伝えしたいと思う。

DSC06315.jpg
★イザベラ・プランテーションで花のエキスを吸いまくる。★

うちから徒歩でもバスでも「ちょい」と気軽に行けるリッチモンド。かつてミックジャガーも住んでいたというその町には、大きなリッチモンドパークがある。

かつては王室の狩猟地として使われていたロンドン最大の公園、なんと約10km2の大きさとあるが、私は数字に弱いので、「横切るのに1時間」と漠然と理解するのみ、頭で覚えるより足で歩けである。

そこの公園内にイザベラ・プランテーションという、第二次世界大戦後に作られたガーデンがある。春から初夏にかけてのツツジが美しいことで有名だが、私はブルーベルの群生が見たくて、この季節は毎日のように訪れている。

DSC06363.jpg
★イングリッシュブルーベルの群生★

4月から5月にかけて、限られた時期のみ、イギリスを含むヨーロッパの森でこうして「ぶわっ」と咲き乱れるそう。小さな花だが、群生しているので、その様子はまるでふわふわの絨毯!

たまたま知り合ったイングリッシュレディによれば、「お庭でも咲いているのを見ることがあるけれど、こんなに群生しているのを見られるのはワイルドネイチャーの中だけ、それも今の時期のみよ。なんて美しいんでしょうね、この香りも。」との事。

見渡す限りのお花の絨毯に、普段は花より団子の私も涙が出そうになるほど感動してしまった。

DSC06369.jpg

その他にもガーデン内は「これでもか。」というほど花が咲き乱れている。

DSC06306.jpg

なんだか途中で写真を撮るのが億劫になるほど、目でしっかり見て、空気を吸っておきたかったので、カメラはしまってぼけっと歩いた。

私がイギリスの公園を好きだと思う理由に、整備されているのに、自然と共存している事がある。整備する=なんでもトリミングして人工的にすることではないと学んだ。

ぼっさぼさの森林、花は野草しかないところもたくさんあるが、それが本当に美しい。

あまりに感動したのだが、おなかも減りすぎたので、ウィンブルドンに帰り、一人ランチをした。

THE BUTCHER & GRILL WIMBLEDON VILLAGE

ウィンブルドン ビレッジにある、お肉屋さんの経営するレストラン。9ポンドのハンバーガーは肉汁がしっかりじゅわーと滴る。

私はラムが大好きなので、これ。

DSC06206.jpg

この時期無性に食べたくなるホワイトアスパラガスも。

一人でワイン1本あけてしまった。うちに帰ってがーがー寝たが、帰ってきたゴードンは珍しく彼も「酔っ払い」であった。

その話は、またベルリンから帰ったら、スコーンレシピとあわせて、ご紹介したいと楽しみにしている。



にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
にほんブログ村
のんびりランキングに参加しています。楽しんでいただけたら↑ぽちっとお願いします。


スポンサーサイト
ロンドン・レストラン・カフェ・パブ | コメント(27) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。