スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

スゲイヨー!!

2011/03/28 Mon 14:58

DSC05249_convert_20110324010017.jpg
★豆腐リングが食べたいんです。

この記事をお友達で芸術家のJINMOさんが静かに、しかしがががーーーっとTWITTERでご紹介して下さったおかげで、多くの方にこのブログを読んでいただいたこと、本当に感謝している。

昨日、うちのてつおが、「すげいよー、スゲイヨー!!」と大興奮しながら帰ってきた。
しかし、「えいごはもうはなしません」と宣言してしまった彼なので、その「スゲイヨー」の内容をうまく私に日本語で伝えるまで、なんと1時間もかかった。とんだ迷惑である。

彼の日本語が怪しいので、ブログに書くべきか迷っていたところに、共通のイギリス友人からメールが。

「決めた、来年の新婚旅行、日本に行く事に変更したから。ゴードンからのメールで興味を持った。」

その後も、「和牛はどこで食べれるか。」「桜は夏にも咲くのか。」「忍者はどこで見られる。」「トイレが音楽を流してくれるって本当か。」「卵が自動販売機で買えるのか。」など、興奮した内容が続いていたが、それはいったん放って置くことにして、ゴードンのメールの内容を彼に確認してみた。

DSC09361_convert_20110324005347.jpg
散々苦労する毎年のガーデニング、今年も枯れていたはずのラベンダーやヒヤシンスが戻ってきてくれました。


ゴードンはとある日系の会社のEUオフィスにお世話になっているのだが、今回の大地震で被害にあわれた地域にも、いくつかの支店や工場があったとの事。

地震によって、会社に閉じ込められてしまった、その会社のある支店の従業員の方たち、なんと、その辺にあったジャンクを寄せ集め、自分たちでボートを作ってしまったらしいのだ。


そして、彼らはその作ったボートで、ヘリコプターによって彼らのために運ばれた食料や水を、近辺の、同じく閉じ込められた会社や建物にいる人たちに、届けたという。

この会社のボスは、それにいたく感銘を受けて、ゴードンが働いているオフィスの社員に、それを社内メールで伝えた。

そのメールを読んだゴードンの同僚たちは、

「信じられない。」

「ボート、即席で作れるのか?」

「いや、普通無理だろう?」

「WICKED!」

それこそ、「スゲイヨー スゲイヨー」と、みんなの冷静な行動と、支え合う強さに感動していたという。

ゴードンは、あまりに心を打たれたのか、それを南アにいる義父にまでメールしてしまった。

今日、私に義父のハンスからメールが届いて、

「うちのガレージには、12年前に事故で壊れたままのボートが眠っているが、もしかして、MOMOは直せるのか?」

DSC05079_convert_20110324005931.jpg
★駅弁もすきなんです。


いや、直せません、無理です。勘弁してください。




この話を聞いたゴードンと同様、私もめちゃめちゃ「スゲイヨー」と叫びたくなった。

みんな、強い。スゲイヨーーーーーー!!!!!!!



そういえば、うちのじいちゃんも、ものづくりのテレビ番組を涙しながら見ていたっけな。戦争を経験してるじいちゃんにとって、ゼロから「作る」ってこと、生きる証で人生だったんだと思う。

ゴードンは日本を6回以上訪れているけれど、新幹線見れば「うほー」、
洗浄トイレを見ては「ムービーとっていいですか!」、「鳥の声が聞こえるボタンがある!」、

自動販売機にいたっては楽しすぎて、「おかしゃん のど かわいた わたし かいに いぐ!」って
自分から率先して、うほうほがんがんコイン入れて喜んでた。

みんな、がんばって作ってこられた人がいるから、そして、受け継いでいる人がいるから、今の日本は便利なんだって、ボートの話を聞いて納得した。

DSC05102_convert_20110324005953.jpg
★おかしゃんおばしゃんげんきですか。

ゴードンは毎日、ますます日本人になりたい熱が高まっているらしく、私が、

「オレンジジュース飲む?」と聞くと、

「オレンジちがう、みかんえきです!」(いや、違うからね。)

「この人のイニシャルなんだっけ?」

「かしらじです、かしらじ!イニシャルいわん!」(頭文字だ、それは。)

終いには、

「こせとーほ つくりたいん です。」と来たので、「それは何ですか?」と頭をひねったが、

「巻物みたいに家族の歴史が記されていて市役所にあるやつ!あ、じゅみましぇん えいご はなしました すまん。わたし それ くれ。」

戸籍謄本かいっ!!!!
(巻物って、いつの時代。)

DSC08784_convert_20110324004536.jpg
★かばは優雅に川で泳ぐよ。


今も横で「われながらー」と連発している彼と、早く新幹線にびゅんっともう一度乗りたい。
ものづくりをきちんとできる人たち、本当にスゲイヨー。

最後にゴードンの実のばあちゃんは銃で撃たれて亡くなった。従兄弟は兵役訓練中に爆撃のアクシデントで亡くなった。

世界にいっぱい問題はあるけれど、日本が平和なのは、素敵な事だ。立派な事だ。

私たちが帰る時、子供達が公園でブランコに乗って、夕暮れを眺められる優しい日本が、そこにありますように。

よろしくお願いします。

※社内メールなので会社名などは伏せました。本人は社内の物なので見せてくれませんでしたが、検索したら出て来ましたので確認済みです。
スポンサーサイト
イギリス・日常 | コメント(17) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。