スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
最近、夫が帰宅すると、私にこう言う。

「ヘイ 鈴木 さん。」

DSC00771_convert_20111205185300.jpg
★ロンドンはクリスマス前で綺麗ですよ。

脱力してると、

「今日は どんな 日だった?高橋 さん。」

DSC00773_convert_20111205185220.jpg
★でも、君は、なぜ、いつも(続く)

いったいどこで、そうなるのか、鈴木さんも、高橋さんも、身内にいないのだが、夫は嬉々として、

「オーケー 鈴木 さん!」などと、日々うるさい。

その上、メールでも、

「すずき さん え」と来るものだから、もしかして、私は、「鈴木さん」ではないのかと、ふと錯覚すら覚えるこのごろ。

DSC08916_convert_20111205185451.jpg
★半袖なんだあああ!(去年の夏、南アで。ゴードンの父ハンスとうちの馬。)夏も冬も、やっぱり半袖、だんしゃく てつお。(字余り)

さて、去年、クリスマスカードをみんなに送った際に、先に「あけますた」、明けてしまった、わが夫のことはここでご紹介したのだが、

今年こそは、その間違いを、訂正しなければと、胸に刻んでいたのだ。2011年前半ごろまでは。

だが、いざ今年もその時期になり、彼にクリスマスカードの束を渡した際、すっかり、忘れてしまっていた。
「あけますた」じゃなくて、「明けまして」なのよ、そういうのを、忘れてしまっていた。

相変わらず、ふんふんと嬉しそうに、寝そべりながら、鼻歌交じりに、去年の下書きを見て、嬉しそうに日本語でメッセージを書いている彼を見て、何か違和感を覚えていたのだが、すっかり、すっかり、抜け落ちていた。

「できますた!」

誇らしそうに、全てのカードを書き終えて、にこにこする彼だったが、その顔を見たとたんに、


ああああ!!

思い出した。

「ねえ、去年の下書き見て、書いてたよね?」

「はい。れんしゅう しますた。(にこにこ)」


やばい。


慌てて一枚、カードを封筒から出してみたのだが、


あああ。。


みなさん、ごめんなさい、やっぱり、今年も、

DSC00812_convert_20111205185053.jpg


先に明けてしまいました。


彼だけ、先に、明けて


あけました。


あけちゃいました。


それに、なんだか、更にパワーアップしている気がするのは、

「だに」のせい?

DSC00814_convert_20111205185336.jpg


家族親類、友人全ての名古屋弁が、

南ア人に遷ってるううう。。。(脱力)



にこにこ誇らしげな彼を見て、今年も、やっぱり、

「違うのよ」と

言えずに、

2011年を終えようとしているモモグラモ、そして、やっぱりマイペーすなわが夫、
ぱちぱち だんしゃく みしま てつお を

来年も、みなさま、どうぞ見守っていただけたら。涙



にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
にほんブログ村

のんびりランキングに参加しています。楽しんでいただけたら↑ぽちっとお願いします。

ごめんなさい、仕事が忙しく、コメントにお返事ができないので、しばらくコメント欄を止めさせていただいております。早く復活します!

スポンサーサイト
イギリス・日常 | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。