スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
DSC06623.jpg
★ワタシの名前はにこにこ様デス。★

日本人の観光客が「ばったくり」にあったというニュースなども有名なイタリアだが、私も実は一度だけ腹の立つ思いをしたことがある。始めてベニスを訪れた13年前、まだ通貨がリラであったころの昔々のお話。

今でこそイタリアに長期滞在をしたこともあり、訪れる機会もご縁も多いが、そのときは初めてのベニス、何も知らずに適当に一人でトラットリアに入った。

メニューをきちんと確認し、値段のついていないものを怪しみながら避け、おっさんに「これとこれでいくら?」と再度確認して、紙にまで値段を書いてもらった。
それ以前にローマでいろいろと怪しい話を知り合いに聞いていたので、ものすごく慎重にしたつもりだった。

いざ会計の際になり、その通りの金額にチップを上乗せすると、おっさんが「お嬢さん、これでは全く足りないよ。」と大げさに言う。

紙に書いてある金額以外頼んでいないし、席料もチップも加えてあると英語で反発すると、おっさんは「ささっ」と私の紙を取り上げると、なんと末尾のゼロの上にまるっともうひとつゼロを付け加えたのである。

「このゼロはどこから出てきたのか!」と猛反撃したが、おっさんはしれっと「私英語わからないものね、ペンも持っていないし、あら不思議ねー、あなたの目の錯覚ー。」と平然と言うではないか。

すっかり頭にきた私、実は少しだがその当時イタリア語を話したので、めちゃくちゃであるが攻撃に出た。

「みなさん、このおっさん、ドロボー!!」

席を立って、紙を手に持ち、ほかの客に向かって大げさにそうわめいたのである。

突然のイタリア語におっさんは「ぎくっ」とあわてたが、私は収まりがつかず、猛反撃をした。

「おっさん、ドロボー、おっさん、うそつき!!警察、けいさつ!!」

ない頭をありったけ絞りそうぶちまける私、おっさんは「この日本人は危ない。」と感じたのかどうか、突然私の紙をひったくると、「お嬢さん、御代は要りません、私の間違いでした。」と流暢な英語でへらへらと謝った。

なんだ、意外とあっけない上に御代は要らないってさ、と引っ込みかけたが、やっぱり腹が立ったので、ドアを出る最後まで「おっさん、うそばっか!」と騒ぎ立てながら店を出たのであった。

これが私のベニスでの初のただ飯、もとい不愉快な事件である。

その後も何度か訪れる機会があったが、その店の前を通るたびに、「おっさん、元気かなあ。」とちらみをしつつ、通り過ぎていた。おっさんにしても、二度と顔を見たくない客であろう。

訪れるたびに好きなバーカロもでき、そこでちょこちょことつまみながら立ち飲みをするという楽しみも増えた。

DSC06615.jpg
★ベニスの立ち飲み屋、とあるバーカロ。★

先日久々にベニスを訪れたのだが、ホテルにも着かないうちにゴードンが「おなかすいちゃったんデス、何でもいいから食べ物クレー。」と騒がしいので、面倒くささのあまりに近くのカフェでパニー二を頼んだ。

その際20ユーロを渡したのだが、ほれ、と戻ってきたお釣りを見て驚いた。出した金額の倍以上の40ユーロ以上、おつりが戻ってきたのだ。

朝の忙しい時間帯で、店員さんも「次!次!」とばかりに注文をばったばったとこなしていたので、私が50ユーロを出したのと間違えたのであろう。一瞬申告すべきか迷ったが、1秒考えた後、財布にささっとしまった。

「13年前のリベンジを果たした!」

そう感動する私であったが、ゴードンはパニー二をぱくつきながら、

「リベンジっていうより、2度目のただ飯食いだよね。」

と、冷静であった。なんて嫌なやつ。

DSC06606.jpg
★ワールドカップ開催中、イタリアンチームを応援する近所の人の声がこだました。私のお気に入り素泊まりホテルの窓から。★

旅をするにつれて、お金を出せば手に入るグルメに興味がなくなっていくのを感じる。旅先でレストランにゆっくり座って何時間も過ごすのは、もう少し足腰が動かなくなってからでいい。

ロンドンでもできる事は後伸ばしにしよう。

バーカロをはしごし、良い気分でホテルでさらにワインをあけたが、酔っ払ったゴードンが、「うだ うだいます!!ほれ ほれ。」と、振りつきでらーらー歌い始めた。ありえないくらい下手だったので、10秒もしないうちに眠ってしまったが、失礼だっただろうか。

イタリア語はすっかり忘れてしまったが、それでも私はやっぱりイタリアが大好きだと再確認した旅であった。

DSC06592.jpg



にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
にほんブログ村
のんびりランキングに参加しています。楽しんでいただけたら↑ぽちっとお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
旅行・ヨーロッパ | コメント(25) | トラックバック(0)
コメント
Re: No title
じょみーちゃん、昨日は楽しかった!ありがとうね。

ベニスだったらじょみーちゃんにいっぱい紹介したいところがあるよ。
立ち飲み屋さんだけれど、すっごくおいしいワインがあって、
あー二人でまた行きたいね。

No title
卒業旅行でバカ高いユーロを払ってゴンドラに乗った記憶がよみがえる!
ま、観光客としては正しいお金の使い方だったかもしれないけどね…現地の人にしてみれば。
全然分からない英語のガイドを聞きながらゆったり過ぎる運河からの街並みを思い出すよ。

それにしても、やっぱりもっちゃんは昔からずっともっちゃんだね。
初めて行った土地の始めての店でそこまで反撃できるなんてすごいわ!笑
私だったらびびって言われたとおりに払っちゃったかも。。。
うわ~
てつお君、髪の毛きったんですね★
短くなっても男前♪

ベニスでの過去の出来事。こんな風にされるんですね…モモグラモさん強いなぁ。
日本にいたらぼったくりとか、お釣り間違い(わざと少なく)とかにほぼ遭遇しないので、自分はぬるま湯にひたりすぎてると感じました^^;
No title
それって、詐欺じゃないですか!
抗議してくれてありがとう~
日本人を舐めるなよ~~!

ベニスのレストランって、高い上にあまりおいしくなかったですね。
うっわ~
そぉんな詐欺まがいの商売するなんて!
信じられない!イタリアのレストランのおやじ!
ただ飯でOKですよーそれー!
てか、よくぞ、暴れてくれました(*´∀`)♪
ゴードンさん、何か雰囲気変わったようなぁ~
髪型のせいかな~?
すごい賢い。。
「みなさん、このおっさん、ドロボー!!」って
すごい賢いし、すんげえ迫力だ。。
っていうか、リベンジもなにも、元から圧倒的大勝利じゃん。。。

ただ飯
お久しぶりです~。
イタリアに行っていたんですね~。いいなあ。
浜松は梅雨入りし、じめじめ過ごしにくいです。

私も13年前イギリス滞在時にイタリアへ一人旅した事ありますよ~。しかもただ飯食いしました。同じく。v-12

久しぶりに思い出したから、ブログに綴ってみようかなあ、って触発されました!
No title
すっご~~~い!!
モモグラモさんカッコイイ~ヽ(^o^)丿
その勇気はすごいですね。
そんなことってあるのですね~
びっくりです。

ベニスの写真ステキ~!!
私もイタリア大好きです。
何を見てもステキですよね~
モモグラモさんイタリアに長期滞在羨ましい~ヽ(^o^)丿
No title
モモグラモさん、ちわーっす。
そしてニコニコ様、正解っ笑

いや・・・しかし。
アジアでは日本人はみんな金持ちで
日本人はぼったくられるとか
フランスでは日本人はバカにされ
英語で話しかけても、理解してるくせに
フランス語で答えてくるとか
イギリスでは日本人留学生が
チャイニーズ、チャイニーズと
石を投げつけられるとか聞いたけど
イタリアでもあからさまな
ぼったくり方してくるんですねぇ。

いったい日本に対する世界の評価って
どんなもんなんでしょう??


別件ですが、誠に勝手ながら
このブログをオイラのブログの
リンクに加えさせていただきました。
加えて、ブロとも申請も出してます。
どうぞ、よろしくお願いします。
はじめまして!
ハナさんのところからやってきました。おもしろいブログですね~!私もリラ時代にイタリアに行ったことがあって、0がやたらいっぱいつくので頭の中での計算が難しかったのを覚えてます。とくにローマやベニスのレストランは、みんな0を一つ付け足す手法だったんでしょうね~。私も引っかかったかも...
私もイスラエルでブログ書いてますのでよければ遊びに来てくださいね。
Re: No title
ゆきの、コメントありがとう。
13年前にはゴンドラに乗ったけれど、すっごく値切り倒したつもりがやっぱり高かったんだなあ、ヨーロッパに住んでいるのと、日本からわざわざ訪れるのとは、やっぱりお金の使い方もコントロールが難しくて当たり前だと思う。それはそれで良い思いでだしね!

最近はイタリア語がさっぱりわからないので、(本当に音楽専門だったのか?!)
だめだなあ。
Re: うわ~
えいえいさん、こんにちは!

私も日本にいたころは、そういう危機感は全くありませんでしたよ!
ゴードンは日本のレストランでチップを置いたら、お店の人があわてて
「お客さん、おつり!」って追いかけてきてくれたと感動していました。

すごく良い国だと思います。誇り!
Re: No title
kafenoriさん、こんにちは!

ベニスはピザでも窯を使えないような法律があるので、あまりおいしくないんですよね。
日本のスタンダードレベルを知っている私たちは、期待しすぎてしまう所もあるのかな・・。

最近は、健康でおいしくいただけたらうれしい!と悟りました:)
Re: うっわ~
RISAさん、こんにちは!

ゴードンは甘いもの食べ過ぎて太ってきているんですよ・・ううっ

アメリカではそういうごまかしとか、故意でやることはあまりないのでしょうか?
早く訪れたいアメリカです!
Re: すごい賢い。。
涼一さん、いつもコメントありがとう!

恥ずかしかったけれど、勝利のために叫んでみました・・。

もう、日本に帰れないかも。たくましくなりすぎて。
Re: ただ飯
あゆみさん、こんにちは!

ベニスもとても蒸し暑くて、ああこうやって日本では汗をかいていたな・・と懐かしかったです。
たまに訪れて、汗をかくだけでもいいかもと、真剣に思いました。

生まれ育ったところがいいですね:)

ブログ楽しみにしています!
Re: No title
ぱおさん、こんにちは!

ベニスもきれいですが、クロアチアもお勧めですよ!
私が訪れたトロギールは、本当にのんびりしていて、長く滞在したいところでした。

Re: No title
夢見る三十路突入さん、こんにちは!

ロンドンにはものすごくいろいろな国籍の人がいるので、全く気になりませんが、
イギリスの田舎に行くと、アジア人である自分をすごく感じます。

アジアと言っても広いので、お隣の韓国ですら文化の違いはびっくりするほどですものね!

ロンドンにいる限り、親日家の人に知り合うことが多いからでしょうか、日本の人はとても好印象を与えていると思いますよ。
B&Bを経営している友人や、バーの知り合いに聞いても、日本人はマナーがいいと、歓迎してくれています。

日本人、何々人という区切りより、人によると思うのですが、私もヨーロッパに来て、日本で当たり前だったことが全くこちらでは常識ではなく、ストレスになったこともいっぱいありました。

ロンドンに住んでいるというと、「すごい」と何故だかいわれることもありますが、私にとっては離れてわかった日本の「すごさ」のほうがずっと尊いです。

日本は良い国です、日本の人はもっと誇りに思うべきだと思いますよ!

私も、どの国へ行くよりも、日本に一時帰国するのが、一番の幸せです:)
Re: はじめまして!
エミューさん、こんにちは!

遊びに来てくださってうれしいです。イスラエルは一度、ぜひ訪れたい国です。南アフリカに帰る最中にイスラエル航空だと乗継があるらしいので、ぜひぜひ滞在もしたいなと思っているんです。

ブログ遊びに行きますね!うれしかったです、ありがとう!
No title
モモグラモさん、やっぱり凄い~!

その状況、私なら屈してしまったかも。。。。でも、そんな詐欺親父に負けたくないですものね!
きっと、いつか遭遇するそんな機会には、この記事を思い出して私も主張するぞ~!

1つのレストランに居座るより、色々なところで立飲みする方がよっぽどベニス滞在を楽しめそうですね。とっても素敵な旅行の過ごし方ですね!
No title
モモさん!尊敬!強い!

やっぱり日本人はちょっとバカにされる感があるんですかねえ。
しかしモモさん、すばらしい!

でも、ベニスはいいところですよね!
私も1回行ったときにベニスの海辺からみた夕日がキレイだったのと、
路地で迷った時に助けてくれたカッコいいイタリア人のお兄ちゃんが思い出ですw
ハハ。
No title
ここのところ、暑いですね~。イングランド、やっと勝ちました。

ウインブルドン界隈は、さぞ人出でにぎわっている事でしょうね。今年は見に行くのどうしようか、思案中です(行くとしても夕方からグラウンド・チケットでですけどね)。

なかなか修羅場をくぐっていますね。学生時代に、男4人のバックパッカーとしての旅路で、一人が財布をすられ、一人は鞄を持っていかれました。今思えば、油断し過ぎだったと思うのですが(笑)、皆で良い勉強をさせてもらいました。僕は幸いぼったくりにもスリにも遭わずに済んでいます。ローマのぼったくりは良く聞きますが、ベニスにもあるんですね。妻がイタリアに連れて行けとうるさいので、出かける前には僕もイタリア語を勉強しとこうと思います。( ̄ー ̄)b
Re: No title
ERIKOさん、こんにちは!

助けてくださる人が現れたのは、あなたが素敵な人だからだと思います:)

素敵なベニスのたびをされたんですね、夕日がきれいって思える心が、すごく素敵だと私もはっとしました。

ありがとう!
Re: No title
じょみーちゃん、昨日は楽しかった、ありがとう!

ベニスだったら、いっぱい紹介したい立ち飲み屋さんがあるよ、一緒に手を引っ張って連れて行きたいわ。笑

そして、またお互いのだんな様に助けてもらいましょう、私たち幸せね。笑
Re: No title
DR.KENさん こんにちは!

すっかりウィンブルドンの事を忘れていたウィンブルドン住民です。
一度もいったことがないんですよね、地元なのに!根性なしです。今年こそは見たかったんだけれどなあ。いまいちどのように並んだらよいか分からずに、見過ごしています。

イタリアは楽しいところですよね!私は大好きです。
ローマでもどこでも、親切な人もとても多かったし、私ももう一度近々ローマを訪れたいです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。