スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
DSC06718_convert_20100707000403.jpg
じょみーちゃんとREGENT PARK内のバラ園へ行ったんです。

憧れの日系の会社に転職し、初日の前夜は興奮して眠れなかったゴードンだが、珍しく自分から美容院に行くなど、ものすごく気合が入っていたようである。

初出勤の昨日の朝、バスルームからしばらく出てこないので、ひょいとのぞいてみると、まさに「キューピー」ヘアのゴードンがワックス片手に苦戦していた。ヘアーワックスなど使ったことがない彼、今回はどうしても必要なので、美容院で勧められ買ってきたは良いが、なかなかうまくスタイリングできずに「く!」と怒っていたらしい。

「ぎゃーははははは。」

あまりにおかしいその頭に、私は指をさして笑い転げた。キューピーちゃんに失礼ではあるが、頭の中で3分間クッキングの音楽が「たららったー」と流れてきた程である。

「ねばねば 好きくない!」と、キューピーは膨れていたが、次第にしょぼんとし、「Because わたし こんなに じぇる じぇる するの はじめて ナンデス・・。」と、うつむいてしまった。仕方がないので、何とか格好をつけてやったが、これから毎日どうするのであろう。

そして、次には、着ているTシャツがカジュアルすぎないかと心配しだした。「わたし へんか?」

へんか?と聞かれても、そもそも初日にTシャツにジーンズと言う服装に、どうコメントするべきか。

本人は「スーパードライかー、これかー。」と、必死で選んだようだが、私は答えようが無く困ってしまって、「えーと」と繰り返した。そして、どうにか何か言おうと彼のTシャツをちらりと見上げたのだが、思わず「げ」と声をあげてしまったのだ。

ロック過ぎないか?そのイラスト。

「・・・業火に焼かれる半分溶けかかったどくろは、まずいと思います。」

涙を抑えながらそう答えたが、自分で聞いておいて、キューピーはものすごく不機嫌になりだした。「これ かっこう イイデスヨー!!」

DSC06554_convert_20100707001122.jpg
★そうですね、ビニール袋もよく似合います。

仕方がないので、そのまま送り出して、「はー」と一息を付きながら、メールのチェックをしていた私だが、ふと見慣れぬメールを発見。

本文を読み進めるうちに、「日本ってやっぱりすごい。」とあんぐり口をあけている自分がいた。思わずこのものぐさな私が即効返事をしてしまうくらい、感動したのである。

先日、日本のとある友人にジャムを贈ろうと、オンライン上でギフト配達をお願いしたのだが、注文した先のお店がうっかり間違った品を送ってしまったというのだ。

どのジャムも大変美味しいお店なので、まあいいやと全く気にしていなかったが、メールによれば、正しい注文の品を再送してくださると言う。

私は友人に9個入りのジャムセットを注文したのだが、他の方が注文した7本のジャムが、間違って友人の元に流れ着いたらしい。

と言うことは、友人には7本と追加の9本、合計16本のジャムが届くと言うことになる。なんてラッキーなのだ。

「追加の御代が必要だったらおっしゃってくださいね。」と全く気にしていない旨をメールしたのだが、「御代などいただくわけに参りません。」と、ものすごく丁寧で誠意のある対応に、本当に驚いてしまった。

もちろんイギリスでも、間違った品を配達したら、何らかの対応をきちんとしてくれると思う。でも、メールの丁寧さ、再送手配の早さ、久々に日本のサイトで買い物をしたものだから、その感動の度合いは果てしなかったのだ。

DSC06689_convert_20100706235803.jpg
★ええ、掃除機をかけるのは私の仕事ナンデス。

ちなみに同じくして我が家に頼んだイギリスのとあるスーパーのデリバリー、また卵が割れていた。6回目である。
しかも卵の中身が散らかって、ヨーグルトの容器も割れていたので、全く変な液体がビニールの中で出来上がり、「うぎゃー ねばねばしてる!」と私は慄いた。

「忙しいから30分遅れていく。」と電話がかかってきた50分後、音楽をビービーとどろかせてやってきたそのバンと配達員、玄関先で「ガン」と嫌な音がしたので、なんとなく予測はしていたものの、私が「ちょっとまてー!!」と中身をチェックしているその隙に、「壊れていたらお金返すから店に電話してね。じゃあ!」と、さっさか口笛吹いて、逃げていってしまった。

また、ある時は、玄関先にEMSがサインもしないで放置されていた。中身を確認すると、友人が送ってくれた名古屋の味噌煮込みうどんであったために、私は完全に怒ってしまったのだ。
「わ、私の味噌煮込み!!」と頭に血が上った。この素晴らしき郷土料理のよさが分からない誰かに、「なんじゃこれ、黒いヌードル。」などといって食べられてしまっていたかもと想像すると、情けなさのあまりにその場にへたり込みたくなった。

どちらも後日文句を言いにいったが、「あーそう、へー」くらいの対応が当たり前で、それになれてきた私、「お客様、申し訳ありません!」などと、今回の日本のお店のように、丁寧なお詫びをされると、本当に腰が抜けるくらい驚いてしまうのだ。

人間誰でも間違いはある、というか間違ってばかりの私が、偉そうにとやかく言う権利など元々無い。友人がジャムに囲まれる姿を想像し、せいぜい「ぶぶぶ、16本って!」と笑うくらいである。

ゴードンも、「100円のジュース買っただけで、ありがとうございました!って言ってくれるんだ。スゴイヨー!しんせつねー。」と、日本のコンビニに大感激していたものだ。マクドナルドで本当にスマイルがもらえる国なのである。ちなみに私はイギリスで、ハンバーガーを単品で頼んだところ、「はー」とため息をもらった。

DSC06741_convert_20100707001755.jpg
★我が家の庭にもバラが咲きました。

誤解があっては困るが、私はイギリスのサービスに十分満足である。というか、これで普通だと思う。というか普通とはそもそも何なのだ?

この国では、怒ったら損と言うことに、ことごとく気が付いた。卵が割れていたら、あー割れているので取り替えてもらおうでいいのである。変な液体は自分が始末するだけの事である。

電車が止まっていたら、動いている路線に乗り込むだけの事だ。口笛吹いて逃げていくおっさんも、「暑いからパブに早く行きたいもんなー、不在にするのもめんどうくさー。」というポストマンも、嫌いではないのだ。(ただ味噌煮込みは放置しないで、お願い。)

今回の事もゴードンに話したが、「やっぱり にほん スゴイデスヨー。」と誇らしげであった。新しい職場ではさっそく日本語と英語の名刺を作るとわくわくしているようだが、「てつお」と刷ってくるのではないかと、気が気でない私。



にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
にほんブログ村
のんびりランキングに参加しています。楽しんでいただけたら↑ぽちっとお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
日本 | コメント(15) | トラックバック(0)
コメント
No title
こんばんは。
夜もだいぶ過ごしやすくなりましたが、なんだかちょっと寂しくも有りますね~(もう夏が終わるんかと言う)。

日本のサービスは素晴らしいですが、個人的には「やり過ぎ」じゃないかと思い始めました。医者をしていてもそうですが、あまりにも「サービスを受ける側の権利意識が突出しすぎている」のが今の日本で、それは世界的な常識に照らし合わせると「非常識」なのではなかろうかと。

英国は不便なことだらけですけど、それが故に、皆が相互に「助け合おう」とするし、「譲り合おう」とるする。今の日本では、これらの精神はもうほぼ絶滅に近いです(都市部では)。日本はあまりに世知辛くなりすぎて、僕は英国のリズムが(時にもちろん腹もたちますが)心地よく思いますし、ちょっとした事で怒らなくなりました。人間、それくらいの心に「あそび」や「ゆとり」がないと、人生は豊かでなくなるのじゃないかと思います。
Re: No title
Dr Kenさん、今日はなんだか曇り空ですね、やっぱりいよいよ来たかと言う感じです。

さらば夏ー

それそれ!私もKENさんと同じことを考えていましたよ。私にはイギリスのこのくらいの適当さが、自分はちょうど良いです。日本にいたころに、宅急便が5分遅れていらいら怒っていた自分は、あまりに人として付け上がっていたなあと恥ずかしいですし、この前も日本に帰った際に、ショップで買い物をしたら、店員さんが紙袋を持ってお店の外まで送り出してくれたのに、こちらが恐縮してしまいました。

後は、これも一時帰国の際に、レストランで入店に10分しか待っていないお客さんたちが、「席あいてるだろ、はやくしんか!」とマフィアみたいに怒鳴っていたのにびっくりしました。
若いスタッフの女性は「申し訳ありません、少々お待ちください。」とすごく困っていましたが、イギリスであれをやったら訴えられるんじゃないかと思ったものです。

今回のジャム屋さんの応対は、とても人間的なもので、私は嬉しかったです。イングリッシュガーデンの話をしたら、ジャムを作る風景のお写真を送り返してくださったり、誇りが感じられましたよ:)

日本のサービスの質は下がらなくてもいいけれど、あれが世界の標準じゃないんだとみんなが気づいて、もっとお互いに助け合って感謝しあっていけると素敵ですよね。素敵なお客様あってこそ、サービスしたくなるって言う、自然の方式にのっとって、ですよね:)
No title
KENさん、追加です。

私は、「ぐえー、この子、昼真っからビール臭い」と思うような、未成年の「学校サボっちゃった」ような子が、スーツケースが重たくて階段を下りられず困っていた私に、「持とうか?」と助け舟を出してくれたことがあります。

電車とプラットフォームのギャップが大きすぎて困っていると、必ず誰かがベビーカーを運び出すのを手伝いますよね。

お母さんが階段の上で、ベビーカーを運べずに降りれなくて困っていても同じですものね。必ず誰かが手を貸しますもの。

私はそんなイギリスが大好きですよ。
No title
こんにちは。

モモグラモさんの家でもバラが咲くのですね!お花って本当に癒されますね、また来年酔っ払いながらバラ園散策しましょうね。(笑)

イギリスのサービスに慣れると期待というものがなくなり、日本の過剰すぎるまでのサービスにびっくりしている自分がいました。
それも慣れてくると当たり前のように感じてしまうので、要するに環境次第なんだなぁと思いました。
こちらで「ええっ~!」と思うことはまだまだたくさんありますが、それもこの国のやり方なんですよね。
「郷に入れば郷に従え」という言葉が結構好きなので、この国にいる以上不満よりも楽しめれば良いかなぁと思っています。

てつおさんの名刺はどうなりましたか!?行く末が気になります。(笑)
薔薇、綺麗だね
REGENT PARKのバラ園も綺麗けど、もぐさんちの薔薇も綺麗だね。一輪咲くと、薔薇が咲いたー薔薇が咲いたーって歌いたくなる。

たまたま、もぐさんが頼んだジャムの担当者がすごくいい人だっただけだと思うよ。日本でもとんでもない業者はいるし、証拠がなければうそをついてそんなことは言ってないだとか、相手の被害妄想だとか言う人はいるよ。

もぐさんの日記を読んでいるとイギリス人の中でもめったにないぐらいいい人とか出てくるし、モグさんって運がいいんだと思う。
ゴードンさん
新しい職場、日系企業なのですね!
おめでとうございます(*^_^*)
ドクロで出勤ってどうなんだろー!
日本のお店のサービスがいいのって本当感動しますよね!アメリカも相当適当ですのでよーーくわかりますW
No title
うーむ。
オイラはちょっと馴染めそうもないな。
ちょっと理不尽なことがあると
すぐカチンとくるオイラは
人間できてないのかなぁ・・・。

でも、遊びに行きますっ!!
Re: No title
じょみーちゃん、こんにちは!

そうなんだよね、郷に入っては郷に従え、その通りだと思うな。
日本のサービスを期待すると、いつまでたってもロンドンではストレスたまっちゃうものね。
じょみーちゃんが「ええー」って思うことが知りたい。笑

てつおの名刺、どきどきだよね。できたらもらってね。

来年は酔っ払い観光もう少し増やそう。笑
Re: 薔薇、綺麗だね
涼一さん、こんにちは!

そっかー、うれしいです、私はラッキーなんだ!そう思えば、人にも恵まれて、ピンチの時にはいつもなんだか助けが付いていてくれた気がする。ありがとう!そうなんだ、嬉しいな。

日本のサービスでも色々あるんですね、私はいつも良い人に恵まれてきたんだって感謝しよう。

うちの庭のバラは、どこかからこっそり家のお庭に来てくれた、かわいいバラなんですよ。植えていないのに生えてきたの。お隣からかな?
Re: ゴードンさん
RISAさん、こんにちは!

そうなんです、日系の会社なんです。喜ぶ姿が目に見えるでしょう。笑

日本人の方といっぱいお会いすることを楽しみにしていたみたいだけれど、
現地の人がほとんどみたい。

アメリカもそうなんですね、やっぱり日本は特別なんだなあ。
Re: No title
夢みる三十路男さん、再びこんにちは!

ゴードンもそうなんです、いつも不条理なことに目をつぶれないストレートな性格で、
私と正反対。笑

遊びにいらしてくださいね!待っています。
うぅ~ん
確かに日本のサービスは過剰かな?って思う時もあるよね。
ソレに慣れると普通のサービスのお店が物足りなくなったりするかもね。
でも自分で必要ないと思ったら断ればいいと思うんだ。服屋でお店の外まで買った物を持ってくれるお店も多いけど、正直私にはまどろっこしいので断ってるよぉ~。

ロンドンのお店も、分からないけど私が遊びに行った時は皆さん良い方ばかりだった印象があるよ。
美術館のスタッフもスーパーの店員も、一緒に行ったPubもcafeもレストランも・・・服屋の定員(黒人のガードマン)も良い人だった印象があるかなぁ。
酔っ払って店内の段差で転んだ時なんか店員も近くのお客さんも皆寄って来てナゼか瓶ビールを貰ったしね・・・

それはそうと、ゴーちゃんって何か被るというか頭突っ込むの好きねぇ~(苦笑)
Re: うぅ~ん
あやちさん、こんにちは!

そっか、断るっていう手もあったんだね、今度からそうしようっと。

ロンドンも色々な人がいて楽しいよね。私もほとんど嫌な思いはしたことが無いので、
人には恵まれてるんだな。

フリービールなんてもらったことないけれどさ!笑

あ、ワインはもらったっけ。南アフリカのパブで飲んだくれていたら
ワイン1本もらったことがあった気がする。

あやちゃんといると、いつも得が付いて回るので、
あやちゃんの人柄なんだよね。
味噌煮込み
山本屋のおみやげセットとかは海外には運べないから、やはりスガキヤのインスタントでしょうか?
Re: 味噌煮込み
ぶりさん、こんにちは!


私が今まで持ち帰って成功して嬉しかったのは、山本屋の味噌煮込みの、半分乾麺のやつだったでしょうか。後は乾麺は船でもおくれるけれど、生めんはとても貴重なので、お土産とかで頂くと本当に嬉しかったのを覚えています。名古屋名古屋と騒いでいるおかげで、一時帰国する友人が、スガキヤの乾麺をよく買ってきてくれます。やっぱり故郷の味はうれしくほっとします!


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。