スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

捨てられないんです。

2012/02/17 Fri 02:29

夫は、「捨てられない人」であると思う。
以前ブログでご紹介した、「枯れてしまったひまわり」をはじめ、夫の部屋を掃除していると、「なんじゃこりゃ。」と、脱力してしまうものがわんさか出てくる。

普段は、むしろ、夫のお母さんの影響で、綺麗好き過ぎる位なのだ。キッチンに一滴でも調理後の油が飛び散っていると、「いやだ!」と、ごしごし、先日などは、「もちん、わたしは きょう そうじき しますから ね!」と、ぐうたら妻を横目に、週末の朝から「ごおおおお」と、掃除していた。

DSC03045.jpg
★私のキッチン、ぴかぴかおねがいします。

ダイレクトメールなどは、どんどん、片っ端から、リサイクルボックスに、率先して持っていくし、着なくなった衣類も、チャリティーボックスにどんどん入れる。おかげで、すっきりした、「物を持ちすぎない暮らし」をしていると思っていたが、それが、彼なりに、「捨てられない」ルールがあるようだと、気がついた。

ゴードンの弟、すなわち、私の義理の弟は、エジプト人とオーストリア人の血を持つ女性と結婚し、アラビア語も話せないのに、「それじゃ、俺、エジプトに移住するからね。」と、あっけなく、当時住んでいたロンドンから、その女性と一緒に引越しをしてしまった。

「せっかく、ロンドンで、仕事が軌道に乗るところだったのに、あほか、あいつは!」と、南アから出てきてたったの3年で、今度はエジプトに行く弟を心配しながらも、夫と私は、二人が住んでいたフラットでのお別れパーティに出席したのだ。

DSC00507.jpg
★君たち、今は、そしてオーストリアにいるんだよね。

弟が結婚を決めた女性は、とある大手航空会社の、ベテランキャプテンの一人娘だった。そのため、普通であったら、目の玉が飛び出る位、手間もお金もかかる海外引越しも、「パパが運んでくれるから。」と、すっかり、父の職権を乱用し、自分たちはただでファーストクラスで帰国、荷物は何百キロを、同じ系列のエアラインで無料で搬送してもらい、私たちが、手に豆を作りながら、自分たちで引越ししたのとは大違いで、「うふふふふ、さよならー。」と、さわやかに、シャンパンを飲みながら、出発の当日は、空港でお父さんにタダでもらった「食券」まで振りかざし、ベーグルを山ほど食べ、去っていったのだ。

それなので、お別れ会の時には、「パパが運んでくれる予定」の荷物が、うんざりするほど、フラットに積み込まれていたが、その際に、どうしても、処分し切れなかったものがあるらしく、「私と思って、使って!」と、涙ながらに様々なものを夫に託していったらしいのだ。

私は、そんな事にも気付かず、その後、夫の部屋を片付けていたところ、なにやら、ものすごく妖しいものをたくさん発見した。

エレファントの家族、父象、母象、子供の象、みんなが、力をあわせて地球儀を持ち上げている、真っ黒のものすごく、すごく重たい、置物やら、


DSC03040.jpg

なにやら、魔よけであろう、チャーム、そして、香炉。

「なんで、こんなもの、もらってくるの!」
そう夫に問いかけたが、答えは「わかりません。」

「それじゃあ、これは、好きですか?いりますか?」
問い詰めたら、「い、いらない です。すきじゃ ありません、すごく へん。」

そういうものだから、「それなら、捨てるよ!」と、ゴミ箱にもっていこうとしたところ、
「いやだっ!!」
だだっと駆け寄ってきて、それらの前に立ちふさがるのである。これでは、以前お話した、「間引きを妨害する夫」と同じではないか。

「いらないって言ったでしょう?」
「いりません!すごく へん!でも、すてるの いかん!」

じりじりと、間合いを詰めて、奪い去ろうとしたが、必死で守るので、仕方がなくあきらめたのだ。

あれから3年、未だに、夫の部屋に封印されたそれらは、夫のお気に入りのフィギュアたちと並んで、埃をかぶっているのだが、夫のおもちゃも増え、それらの置き場所がなくなっているというのに、

「象を片付けたら・・・」
「いやだっ!」

てこでも動かないとは、このことであろうか。

また、先日は、ありえないものを発見して、思わず「ひえーー」声を上げてしまった。

DSC03032.jpg


サザエさんドロップである。

た、確か、これは、私が○年前に一人で里帰りしたときに、友人から預かり、夫に「お土産よ」とあげたんじゃなかっただろうか?

夫は、ドロップの缶を振ると、「コロコロ」と可愛らしい音がするといって、嬉しそうに、何度も缶を上下に振ってはニコニコしていた。デスクの近くにおいては、気がつくと、「コロコロ」と、両手で大事そうにもって、振っていたはずだった。

チェックすると、「ひーー」
蓋すら開いていない、密封、○年物の、サザエさんドロップを発掘してしまった。

恐る恐る缶を振ってみるが、うんともすんともいわない。
「ひーー、固まってる!」

帰宅した夫に、「捨てるように」とお願いしたが、やはり、「いやだ!」
理由は、「日本の、特別な、ものだから!」

そんな理由で、捨てられないものが、ごまんとあるのだ。

DSC03037.jpg

新幹線の指定席券。

DSC03036.jpg

車の免許すら持っていないのに、駐車場案内のチラシ。

DSC03038.jpg


京都で友達と訪れた、鶴屋さんの和菓子のカタログ。(平成22年版)

DSC03039.jpg


じいちゃんからもらった、お餞別の入ってた、ぽち袋。

DSC03041.jpg


姪と一緒に漢字を練習した、チラシの紙。

DSC03042.jpg

チラシの紙、②「やっぱり麦が好き。」

DSC03034.jpg

ご祝儀袋の、水引きの部分。

DSC03035.jpg

友達といった、居酒屋の、箸袋。

その他にも、わんさか、わんさか、観光地のパンフレットにチケット、友達にもらった「資生堂パーラー」のチョコレートの空き箱、妹が、「コーンスープ、おなべに入ってるよ。」と書いてくれた、蝶々の形の直筆メモ、有効期限の切れた「ワタミ」のメンバーズカード、フレッシュネスバーガーのナプキン、私があげたプレゼントの包み紙、リボン、道でもらった「おうどん」割引券(有効期限切れ)などなどなどなど、

「ぎゃーーー!」

びっくりするものが、彼の宝箱に、わんさか、大事にしまわれているのである。

「ちょ、ちょっとだけ、整理しようよ。」
「いやだ!いかん!かわいそう!おもいで です。」

その時、はっと思い出した。
私たちが、今の家に越してきたとき、要らないものを整頓したのだが、四隅は穴が開き、中は硬水で白くマークがついた、使い物にならないポーチを発見した。あまりにぼろぼろだったので、
何気なく捨てようとすると、「ああああ!!」

夫が、それを、阻止した。

実は、彼がいないときに、私は、そのポーチの横にあった、ボトルのキャップにさびがついた、古い、古い、シェービングクリームや、ローションを、表のゴミ箱に捨ててしまっていた。
あまりに汚く、ただ、一度も使っていないようだったので、歴代のハウスメイトが、おいていったものだと勝手に判断した。

「ここにあった、ボトルたちは?」と聞かれ、私が「捨てた。」というと、夫は「はっ」とした顔で、あわてて、外のゴミ箱に走った。

寒くて、吐く息が真っ白になりそうな日だったのに、ゴミ箱を何度もあさり、とうとうそれらのボトルを発見した時、夫の鼻の頭は真っ赤になっていた。

「ごめんね、大切なものだと知らなかったから、洗って、もう一度、綺麗にしておくね。」
あまりの夫の慌てぶりに驚き、私も、確かめもしないで、勝手に捨ててしまった自分を責めながら、やっとの思いで、外で「ぼけー」とボトルを抱きしめて立ち尽くしている夫に、そう声をかけたのだ。

夫は、「はっ」とした顔で、じーとどこかを見ていたが、「そうだよね、そうだ。」
小さな声でそう呟いた後、今度は私に聞こえる位のおおきな声を張り上げて、
「もう捨てるときだよね。そうなんだ。」
せっかく拾ったボトルを、また、ゴミ箱に入れてしまった。それから、私が手に持っていたポーチも、その上から、突っ込んで、がんと蓋を閉めた。

そのまま、何事もなかったかのように、黙々と引越し作業を進めるので、私も、それ以上、何もいえなくなってしまい、その夜はそのまま、過ぎようとしていたのだが、たまたま、オンラインになった、彼のお母さんに、ふと、気になって、その話をしたのだ。

「まあ!そんなもの、まだ持っているの?あれは、私が、ロンドンを訪れた、7年前の、彼へのプレゼントよ!大きくなった息子を見て、とても嬉しくて、クリスマスにあげたものよ。まあ、なんてこと。」

ああああ、やっちまった、私は、大ばか者だ、頭をガツンと殴られた気がした。私がここにくるずっと前に、お母さんは、南アから彼を訪ねて、ロンドンに旅してきたとは聞いていた。
きっと、優しい夫のことなので、嬉しくて、大切に取っておいて、使えなかったに違いない。だから、どれも、まだ、満タンに残っていたのだ。
お母さんから手渡しで、プレゼントをもらうことは、それ以降なかったであろう。
彼の、大切な思い出を、「見かけが汚い。」という理由で、私は捨ててしまった。

慌てて、こっそり、拾いにいった。とても寒い夜だった。

DSC03052.jpg
★今朝は鳥の声がしました、春が来ましたと勘違いしました、半袖復活しました。

そして、今でも、我が家のバスルームに、そのボトルは、ちゃんと閉まってある。
「いいよ、いいよ!」そういう夫だが、やはり、捨てる気はないようで、大掃除のときも、「ふんふん」いいながら、棚をふいたあとは、きちんと、元の場所にしまう。すでに、アルコール分が飛んで、量が減りつつあるのだが、こうなったら、どこまでも、夫の気が済むまで、もっていくつもりだ。

DSC03053.jpg

私もかつては、こんなに飛行機にしょっちゅう乗ることになるとは夢にも思わず、旅行のアルバムには、航空券も、どこどこ美術館の入場チケットも、きちんと貼り付けておいたものだ。
それが、今は、帰ってくるなり、ぽいっと捨ててしまうようになり、一体、私にとって、何が大切なものであるのか、たまに分からなくなってしまいそうになる。

物にも命が宿っているということを、夫は教えてくれた。
夫は、私より、持っているかばんも、洋服も、靴も、うんと少ないが、大切なもの、何を大切にすべきかを、心から知っている人だと、「捨てられない人」ではなく、「捨てない人」なのだと、嬉しく思う、この頃である。

DSC03056.jpg
★私も、捨てないもの、実はいっぱいあります。

劇団シアターウィークエンド 2012年2月スタジオ公演「キニサクハナノナ」
妹や、知人が出演しています。名古屋近郊の方、よろしくお願いいたします。



にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
にほんブログ村

のんびりランキングに参加しています。楽しんでいただけたら↑ぽちっとお願いします。



関連記事
スポンサーサイト
イギリス・日常 | コメント(20) | トラックバック(0)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
過去執着型
今流行の断斜離でいうと、過去の思い出の品を捨てれない人を『過去執着型』というらしいですよ。
こう書く私は捨てるという行為が嫌いというか、身が切られるような、今生の別れでしょ、
ただのごみでも、捨ててはいけないものが混じってないかいつもびびってます。
とはいっても、ごみがたまる一方ですので、今回の引越しを機に心を鬼にしていろいろ整理していますが。

ものがあふれすぎて何が大事か、
捨ててもまたすぐ買える世の中が当たり前と思っている自分、
特に子供がそうなので、ちゃんと教えていかないとと思います。
No title
モモグラモさん

はじめまして。いつもとても楽しみに、ブログ拝見させて頂いています。
さすが元ライターさんだけあって、ただ読みしているのが申し訳ない程、色んな事を考えさせてもらっているブログです。
震災が起こった時のブログでは、私の目の前もパーっと霧が晴れましたし、てつおさんのエピソードにはいつも笑いつつ、ジーンときます。
これからも、ブログ続けて下さいね。
出来たら本も書いて欲しいな・・・
Re: チャーム
ちょこさん、ありがとうございます。

トルコのものなんですね、ちっとも知らなかったです。
教えてくださってありがとうございました。
人からの思いがこもっているもの、簡単に捨てられないのは、夫の素敵なところだと私は嬉しく思っています!

これからも、どうぞよろしくお願いします。
Re: 過去執着型
ビエドロンカ さん、
こんにちは!


再びコメント、ありがとうございます。
ロンドン、今日も、寒いです。

私はかえって、自分の過去には執着しないようにしないと、前に進めなかったので、がんがん、整理しちゃいました。子供の頃の写真も、みたいなあと思いつつ、手元にはないんです。今思えば、もう少し、自分の存在理由に真剣でなければいけなかったと、後悔しています。
私が捨てられないものは、とくに、家族、妹、友人からのお手紙です。メモ一枚でも、捨てられません。あとは、家族といった、思い出の場所の、小石とか!

自分に関わる過去のものは、がんがん整理しちゃいました、ピアニスト時代のものとか。

夫は、きっと、整理できるほどの、たくさんの良い思いでが、残っていないので、これから蓄えているところなのかもしれません。教えてくださってありがとうございました。
Re: No title
ヤプンさん、こんにちは!

コメントをありがとうございます、ブログを読んでくださっちるとのこと、寒いロンドンで、あったかい気持ちでにこにこになりました!ありがとう!

日本が大変なときに、私は一人で、勝手に、おろおろしました、何も出来ずに、家族や友人が心配で、本当に、一人だけ、遠いところからやんやと騒ぎ、一丸となっていない気がして、無気力で悔しかったです。

なので、日本に帰った今回は、本当に、色々な思いで涙が出ました。震災にあわれた友人の話をきき、胸が痛いとか、そういう表現では表せない、恐怖も感じました。

夫は、そういう事を、何も理解していないのではと、腹立たしく思うこともありますが、それでも、日本が大好きだという気持ち、日本で災害にあっても、好きな場所に行きたいという思いは、私の祖国ですから、本当に嬉しかったです。

彼は9月にも、日本に行くそうです。楽しみです!これからも、どうぞ、よろしくお願いします!
No title
旦那様てつおさん、このブログを拝見していて
とても楽しい人で、読むたびに楽しくて嬉しい気分にさせてもらっていますが、
ふとした所で色々考えさせられます。
誰にでも過去があり、思い出があり、
楽しい思い出、悲しい思い出、出来事、
を超えて今に至っているんですよね。。
笑っているとつい忘れてしまうそれらを、
てつおさんだけでなく、自分の周りの人たちのことを
ちょっと考える時間を作ってもらっているようで。
なんだか。その~。
ありがたいです。

ブルーの目玉みたいなのはトルコの魔除け
ナザールボンジュですね!
子供が生まれるとベビーベッドを取り囲むように
いっぱいつるしたり、人に送ったり、キーホルダーんつけたりと
トルコではメジャーなものみたいです。

あ、そういえば「日本だと早く歩けないんです。」
で名乗らずにコメントしてしまいました。。すみません^^;
Re: No title
ゲヘさん、再びこんにちは!

とても素敵なコメントをありがとうございます。私も、夫も、毎日健やかで、平和に過ごせるのは、絶対に周りからの連鎖、みんなの思いやりや祈りのおかげだと信じています。なので、今私たちが笑っているのだったら、それは、私たちの事を思い出してくれる家族や友人、ブログを読んでくださっている皆さんのおかげなんですよね。本当にありがとうございます。

それでも、悲しいことはおこるもの、夫のおじいちゃんが、がんが再発して、おとつい入院しました。夫は悲しそうです。こういうとき、私も、色々考えます。

トルコのお守り、知らなかったです!勉強になりました。エジプトのものだとばかり思っていました。

また、どうぞ、遊びにいらしてください!
ご無沙汰しております!
日本への旅行、心から楽しめたようで何よりです ^^

今度は私達夫婦の番ですよ~w あと1ヶ月、待ちきれません!!!
今回はてつおさんもお好きなようですが、京都はもちろん、滋賀、大阪、を中心に花見になりそうです♪

あ~、捨てられない人、分かりますわぁ。
私がそうですw
でも周りに人にとってはくだらないもの(ゲームキャラのポスターとか、フィギュアとかw)でも、私にとってはダイヤの指輪よりも大切なんですっ(本気w)。

おかげさまで家は収納が追いつかず、いつもひっくり返っていますw

漢字の練習がかわいすぎですwww

No title
先日はお騒がせしましたゆみやんです。
 おかげ様で 昨日の夜便で娘はヒースロー空港へと出発して今頃は ケンブリッジでホストファミリーの方と合流している頃だと思います。
 娘がてつおさんやモモグラモさんと同じ風景の中を生活するのかと思うと羨ましいやら大変だろか?(日本は至れりつくせりですものね^^;)と心配症の親心半分 子供のいない自由時間を満喫する半月となりそうです。
 京都弁の子達が興味津々キラキラお目目でウロウロする姿を見かけたら その中に娘がいるかもしれません^^楽しんでくれると良いなぁ・・と思います。
 先日 お騒がせしたのでご報告まで^^ありがとございましたぁ♪
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: ご無沙汰しております!
ピパーナ さん、お久しぶりです!

日本に行かれるのですか?!素敵なシーズン、桜が満開に咲いていると良いですね!
私は、もう、5年位、桜を見ていないんです。アーモンドの花が咲くこの時期は、涙が出ます。
夫も、桜を見たこと、ないと思います。日本列島がピンクに染まる時期、ぜひ、連れて行ってあげたい。

楽しいご旅行になりますように!

ゴードンは、フィギュアは箱に入れたまま飾っています。汚れるのが嫌なんですって!どれだけ、大切なのやら。
Re: No title
ゆみやんさん、お知らせいただきありがとうございました!

ロンドンは昨日から、とても暖かいです。びっくりする位、気温が急にあがりました。お嬢さんのいらっしゃるケンブリッジも、暖かいといいです。今はお花、水仙が咲き乱れ、美しい春の到来です!

素敵なご滞在になりますように、私もお祈りしています。
京都弁ってとても可愛らしいですね、いつか、みなさんにもお会いしてみたいです。
Re: はじめまして
こんにちは、コメントをありがとうございます!とても嬉しく思います。
ブログを読んでくださっているとの事、嬉しいです、どきどきします。

ロンドンですが、治安の悪い地域に行かなければ、地下鉄や電車は比較的安全ですよ。バスは、まさに、ロンドンの様々な場所を、網の目のように走っているので、場所によっては、気をつけたほうが良いかと思います。地下鉄でも、電車でも、駅の周りから離れる際には、その場所の治安を把握しておくと良いかと思います。

ロンドンは、治安の良い場所、悪い場所が、入り混じっていて、土地勘がない場合は、できれば下調べをすることをお勧めします。行かれる場所だけでもいいと思います。

タクシーも、ブラックキャブでしたら比較的安心だとは思いますが、ミニキャブの流しを拾うのは、違法ですので、お勧めしません。信頼できて、ライセンスのある、レーティングが高い、大手の会社のものを、コールセンターで予約して、お値段も確認して、ご利用されてください。

また、治安が良い場所でも、観光地はスリがいっぱいいますので、気をつけてくださいね。私は、ジッパーのない、きっちり閉まらないカバンは、ロンドンでは持ち歩きません。
イギリスの人はとても親切ですから、困ったことがあったら、聞くといいと思います。

また、夜間は、どこに行かれる際も、お気をつけくださいね。なるべくメインストリートを歩くとか、バスに乗るとか、治安の悪い場所は、近づかないほうがいいと思います。住んでいる私でも、緊張する場所が、ロンドンにはいくつかあります。土地勘がない場合は、避けたほうが無難だと思います。
これらさえ気をつけていれば、ロンドンは、とても楽しい、比較的治安がいい町ですよ。どうぞ、ご滞在を、楽しまれてくださいね!

お一人で不安なお気持ち、分かります。なにかお手伝いできたらよいのですが。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
レイヌさん、お返事が遅くなってごめんなさい。

ロンドンでお一人で不安でしたら、お食事でも、私、お付き合いしますよ。でも、日本から帰国したばかりなのと、怒涛の毎月ヨーロッパ旅行が8月まで埋まっているので、もし、経済的にいけるようでしたらなのですが~!

メッセージいただけたら、もう少し詳しくお手伝いできると思います。電車の予約なども、はやめに済ませたほうが安いこともあります。ノッティンヒルでしたら、美味しいタイ料理を出すパブがありますよ。

イーストに行かれるのでしたら、ぜひカレー、ベトナム料理などの移民系もお試しくださいね。
お勧めの場所はいくつかありますので、よろしければメッセージくださいね。
リンクもあわせて、色々ご紹介できると思います。

一人で食べられる場所はたくさんありますよ!
再びお邪魔します(^O^)

過去の記事を遡り読んでいましたが、サザエさんドロップだけには「ヒイィィィ~(°□°;)」と思ってしまいました(苦笑)

古くなった食べ物ほど、恐い物はないですよね……。
Re: タイトルなし
びわさん、再びこんにちは!

過去の記事もお読みいただいたんですね、嬉しいです。

じ、実は、私は日本の食材でしたら、ふりかけ1年位賞味期限切れていても食べます!
母が送ってくれたものとか、もったいなくて食べられないうちに、ついつい。。でも、必ず食べますよ。

ドロップにはひーーでしたが!笑
再びこんにちは!

私も、古くなっていてもかろうじて原型を留めている食べ物なら、食べちゃいますね(^_^;)
賞味期限が一年過ぎたカップラーメンとか( ̄∀ ̄)
でも、湿ったニオイがしました(笑)
Re: タイトルなし
びわさん、こんにちは!

カップラーメン、こちらの日系のお店では、「賞味期限が切れたから格安」て売られています。あ、それでも格安じゃないんです、日本にいたころのコンビニで買うのと同じ位の値段なんですが、それでも安くなっているのです。

私はそれすら買わないで、ラーメンは最近は「ローストチキンを作った後の鶏がら」でスープを作って、麺はスーパーで売られている「なんとなくそれっぽい」麺で、ラーメンを手作りしています。

こちらではポークショルダーなどを買うと、がっつり背脂がついてくるものですから、それをオーブンでゆっくり熱しながらラードをとったりして、チャーシューも炭火で焼いて手作りしています。

昔はこんな生活、考えませんでした。割と「もったいない」とも思わずに、食料品を無駄にしていた気がします。
そんな私だから、この生活が与えられたのかなあなんて、最近思います!

遊びに来てくださってありがとうございました、嬉しかったです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。