スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

私も泣いた。

2012/10/19 Fri 22:46

私も人間だから、落ち込んだり、劣等感にさいなまされる日々もある。
ここ数ヶ月、本当に「いやだあああ!」と言うほど落ち込んだ。

まず、私の命の次に大事なパスポート、ビザもついている私のパスポート、これが事情により「びっりびり」に破れた。

DSC03898.jpg
★びっくりしすぎて思わずのぼりますた。


そういうわけで、わたしはとてもとても落ち込んでいて、近所の徒歩3分圏内のショップにミルクを買いに行くのも「いやだ」、たまった洗濯物を干すのも「いやだ」で、ゴードンに多大なる負担をかけているのだが、


いいの。人間だもん、そういう時あるに!


ゴードンも私のストレスを分かっているようで、「ごはん わ わたし つくります しんぱい ない」、「わたし じぶん つくる できる」と凄く協力的なのだけれど。

とある日曜日の朝、なんだか懐かしい「ぷーん」という柔らかでまろまろな出汁の香りで目が覚めた。

お母さんやおばあちゃんが作ってくれたきしめんの、かつお出汁の香り・・・・・・

そうまどろんでいたが、


はああっ!!!!

DSC03106.jpg
★わかってますたよ、わかってますたあああ!「だってあまいものとうどんがすき」

「かつお出汁」、「きしめん」、「まろののり」、「ゆずこしょう」

あああああ!

慌ててガウンを羽織って階下に降りたが、そこには嬉しそうに、私の「きしめん」、最後の「きしめん」、しつこくも「最後の・きしめん(愛知県地元産)」をほうばる夫がいた。

「きしめんは増えますね。おなか一杯です!」

あほ!

「こんなに のびのびです まろー」

うっとりとした顔の夫、

私「せ、せめてお汁だけでも」

夫「そうなんです、いいおあじ でてますよ。食べて食べて。」

あんたは何人だ!


「わたしのきしめん・・・麺は どこですか・・・」

脱力して聞くと、「もちんは寝てました おそすぎます、いらん。」、と。

魂抜けた私の前で、「うわーすげいよー ボニートフレーク(鰹節)うごくうごく めらめら!」と、
鰹節に興奮する彼、お前は名古屋に帰れ!!!

DSC03861.jpg
★白鳥もびっくりです。


そういえば日本に帰国するたびに、本当に「ゴードンをロンドンにおいてきたらよかった」と後悔するのだ。

たとえば、わたしのおかん

イギリスでは新鮮な魚がなかなか手に入らない。刺身に飢えている。寿司が食べたい。

はるばる(お金がないので)経由便で18時間ほど、ヘルシンキやらパリやら、アムステルダムに時にはイスタンブールなどを経由、ようやくおかんの顔を見て、「おかえり、何が食べたい?」という温かな母の顔に「じーん」

私は何でもありがたく頂戴する性格なので出された機内食はぺろっと平らげるが、ゴードンは「いやだ、にほんのごはんがたべたいんです、へんなごはん いりません、まてます!」と頑なに機内食を拒む有様。

そのせいでフライトの後などは顔面蒼白、どうみても倒れそう。目の下には筋が入って、なんだか魂抜けてるし。

そこで、おかん。

「寿司、寿司、すし!!刺身!」と大騒ぎする私。

なのに、ゴードンは隣で「う、うどん、うどん、うどん、おかしゃん、うどん!」と一緒に頑張るのだ。

しかも、何度も言うが、夫の方がずっと倒れそう。あ、本当に倒れるかも。

やめれ、まじでやめてくれ。

心優しい母は、たらふく機内食を食べた私と、倒れそうな彼を見比べて、

「なら、うどんにしようか。」


おおおおおおおおおお!!!!いやだ、い・や・だ!!!

gordon32.jpg
★夜中にすがきやラーメンとか、やめてほしい。

いつも完全なる敗北。


君は散々、ロンドンで、私のうどん(きしめん)を食べつつ、

「ゆず胡椒は人類が発明した一番の薬味だ!!!」といいながら、わ、わたしのゆず胡椒、も散々たべてるもん。

1・ご飯にかける

2.芋にかける

3.うどんに入れる

4.肉につける

5.魚に添える


DSC04275.jpg
★おかげで今まで1ヶ月に2本必要だったNANDOSのソースが全く減らない。


さて、話は戻るが、お話したとおり私は今年の5月に事情によりパスポートをびりびりに破損してしまった。

真っ青になり日本大使館に駆け込んだが、なんと彼らは、書類がそろい次第たったの5日で新しいパスポートを発行してくださった。

神業である。

神業!!!



しかも本当に親身になって、今後の対策などを教えてくださった。安心のあまりそして優しい日本語にその場でありがたくて腰が抜けそうなくらいになったものである。

「古いパスポートについているビザは、破損がないのでなんとも申し上げられませんが、担当によって何があるか分からないので、やっぱり新しいパスポートに移行されるのが確実です。どうぞ手続きされることをお勧めします。」

この国に私が滞在するためには、EEA ファミリーのメンバーであるという滞在許可のビザがいるのだ。思えば、そのビザを4年前に発行した際の悪夢、なんせ1年近くも申請してから発行されるまで時間がかかったため、その間パスポートはないわ、日本には帰れないわ、本当に不安だった。

「もうすぐ、もうすぐ、絶対にもうすぐ。」そういいながら1年近く待った。パスポートが帰ってきて、そのページに無事にビザを見た時は、安堵のあまり泣き崩れてしまったほどだ。

日本大使館のパスポート5日で発行、イギリス私のビザ1年、ありがとう。

gordon 2
★日本の家族にもお友達にもいっぱいたすけてもらいますた。


さて、その命の次に大事なビザ、新しいものに移行しようと夫と書類をかき集めた。

そして、何度もホームオフィスに電話をした。なぜなら対応する人によって言うことが違うので、3,4度は確認しつつ、万全に書類を備えて送ったのが5ヶ月前。

またパスポートがない暮らし。予定をしていた2度の国外でのホリデーも全部キャンセルし、「移行だけだから、すぐに戻ってくる、戻ってくる。」と、また自分に言い聞かせる毎日。

何も音沙汰なしの5ヶ月。いやいや、まだまだ我慢。

さて、5ヶ月たったある日、夫は「さすがに12月までには戻ってくるに決まっているから!」と、日本への一時帰国チケットを「ぽち」っとしたのだ。

嬉しかった。本当にうれしかった。嬉しさのあまり何度も何度もフライトの詳細を「でれー」と眺めていた。

その次の日、まさに次の日。

「ばさっ、べりっ」そういう嫌な音と共に、郵便受けから何かが落ちた。

雨でべたべたになったその封筒は、無理やり郵便受けに突っ込まれたものだから半分破れていた。

あまりの惨状に、「どうせジャンクメールだろう」と手にとって、口をあんぐり開けてしまった。

パスポート、帰ってきた。それも雨ににじんで帰ってきた。


「いやだ!」
そのダメージを気にして、しかし、帰ってきたことに安堵しながらビザの移行されたページを確かめようと、慌てて新しいパスポートを確認したが、


「ない、ない?」

真っ白なのだ。新しいパスポートにはビザは移行されておらず、私は大いに焦った。
そして見つけた。

「書類不足で申請は却下。」

そうかかれた同封されたホームオフィスからの手紙。もうこの時点で頭は真っ白だった。

あれだけ確認したのに。悔しい、やるせない!

なんだか自分が本気で歓迎されていない気もして、色々なことでダウンしていた私は、言葉を失うほど落ち込んでしまった。
会いたい家族も友人も日本にも大勢いる、スーパー銭湯に入って、ぼけーとしたい。助けて、どうして、私はここで一体何をしているんだろう。

ビザが移行されていないということで、日本から帰る英国入国の時、もしかして「入国拒否」とかスタンプ押されちゃうんだろうか。

いつも散々冷たくあしらわれる英国のイミグレーションで、経緯を説明して、それで本当に入国できるのだろうか。

人によって言うことが違う、ホームオフィスの誰もあてにできない、もういやだ。

一瞬そんな思いすらよぎってしまった。

autum5.jpg
★秋のヨーロッパはちょっとさみしですよ。

夫に気力なくメールをしたが、その返事をみる元気すらなくベッドに横になってじとーと過ごした。
以前調べた情報によれば、「古いビザが無事なら、2冊持ち歩けば大丈夫。」という人もいれば、「移行していなかったら入国拒否にあった。」という人もいて、もう何がなんだか、考えるのも嫌だった。

更には「面白くないイギリス入国拒否の話。」ウェブページなども発見してしまい、とある人が「7年間会っていない妹に会いたいから。」と英国への入国審査官吏員に告げたところ、「そんな長い間あっていないなら、会わないでもいいから。」と入国拒否されたとか。ええええ。

5ヶ月待ってこれ。しかも今から申請しても間に合わないし、日本のチケットは予約したし。

なんだかイギリスに悪態をつきたくなった。

もう、日本に帰りたい。まじで帰りたい。5年目にして本気でそう思った。



そのうち夕方になり、「おかえり!」といつもの通り、元気な夫がびゅんっと帰ってきた。

じとーーーとしている私を見ると、

「もちん!きょうの ごはんわ わたし つくります。」

と、力強い声。

「またうどん食べちゃうんでしょう?私のきしめん、わたし、日本に帰りたいよ!」

思わず声を荒げる私に、にゅうっと差し出されたのは、

私の大好きなあたりやさんの御寿司。

「まだまだあります。」

そしてワンカップ。

「これもかたですよ!」

日系のお店の大福。

「もちん、だいじょぶ!わたし、今日はホームオフィスに9回も電話しました。みんな、おなじこといいました。ビザが無事だったら、入国できます。はい、だいじょぶ、日本にかえりますよ!」

そこで私は我に帰った。

「えっ、あの中々つながらないホームオフィスに半日で9回も?!うそ!」

すると夫は、笑いながらこういったのだ。

「わたしの 同僚と おともだち、みんな もちんが だいすきです。みんなで 一緒に でんわ しました。みんな 何度も かけました。ボスも かけました。 大丈夫 です、わたしたち、日本 かえります!」

「えっ・・・。」

「だいじょぶです!みんな もちんが だいすき おてつだい いります!ぜったいに ぜったいに だいじょうぶ、みんな やさしの ひと、おてつだい します!」

底で私は思わず、年甲斐もなく「うわーーん」とおお泣きしてしまったのだ。

DSC09933.jpg
★忘れてしまうものですね。

なんてアホなんだろう、私は。
私のビザの事なのに、人にこんなに助けてもらって、夫に全て任せて怠けていたのに、結果に落ち込んだり文句を言ったり、「もちんのことだけじゃありません、私たちの ことです。」と言ってくれる夫、彼だって凄く辛かったに違いないのだ。

「ごめんなさい、わたしがいじんです、わたしと結婚しました、だからまいにち たいへんです、このストレスは、はい、もちんは日本にすんでたら いりませんでした。、ごめんなさい。かわいそです、わたし こころ いたいです。」

そういう夫はなんだか涙ぐんでいるようだった。


そうなのだ。いつもこうなのだ。私は自分ばかりが大変だと勝手にぶーぶー文句をたれて、落ち込んで、そのくせ「何が出来るか」と考えることもなく、お尻がとても重くて。

そして、周りの温かな強い人たちに助けられて、その無言の教えに、「はっ」とする。
彼らも大変なことをいつも抱えているのだ。私だけではない。

私はゴードンと結婚したとき、自分が国際結婚をするなどと思ったこともなかった。ゴードンという人と結婚をして、彼が南ア人だった、それだけであった。

それに、イギリスにくると決めたのも私自身であった。彼との結婚を決めたのも私自身、誰の判断でもないのだ。

ビザの問題だけでなく、いわゆる「国際結婚」らしきものには、色々な障害もあった。それでも、ゴードンの「だいじょぶ!」力強い、またユーモアあふれるやり方で、がんがん潜り抜けてきたのだ。その間に私は、めそめそして、いったい彼はどれだけ私の分頑張ってきたことだろう。


「わたしもおともだちもみんなも、あしたもあさっても、ホームオフィスにでんわしますよ!ぜったいに、日本にかえれます!しんぱいしない!ボスも おてつだい します、かれ こわいの ひとです、ホームオフィスに かんかん 怒る いいました。だいじょうぶ です。」

ニコニコそう笑う彼に、私は心の中で手を合わせた。彼の友人にも、同僚にも、かんかん怒るといってくれたボスにも、私の家族にも、友人にも、みんなに手を合わせた。ありがとう、本当にありがとう、私も頑張る!


DSC03852.jpg
★甘いものがあれば幸せ、そういうあなたにわたしもなりたい。

「むしろ入国拒否されたら、もちんは喜んでばいばーいしますよ。毎日おうどん食べて、日本でにこにこです。」

不謹慎にもそういう彼、

「私はここでゴードンと暮らしたいから、きっちり出来ることをやって必ず帰ってくるよ。これからも、一緒に乗り越えようね。」

はっという顔をした彼、感動しているのかと思いきや、

「はらへた。(腹減った)」

いきなり階下にだだだっと降りると、「うどん!」と叫びながらいつもの準備。

いいや、今日は。いいや。

おうどんが彼の、その強さの秘密だったら、いいや、どんだけでも食べちゃって。

でも、もうすぐ、おかさんとおとさんと、一緒にあつあつのおうどん食べようね。

大好きな妹たちにも、「ドーナツかったる!」、「(ユニクロ)パンツ買ったる!」って、遊んでもらおうね。

もうすぐ。

そしたら、懐かしい山や海、川に日本の風、その中でまたきっと元気になるから。


待ってて、日本!


余談だが、私のこの話をしたら、「俺は今日も筋肉痛」のポストマンが涙目になって、「これでも食べて元気を出しな。」と、チョコレートバーをくれた。

「これは俺のおやつだけれど、今日は君にあげる。」

いつもタバコをすいながら配達する彼の手から差し出されたそれは、ほんのりタバコの香りがした。

そして、こういう人たちがいる限り、私はイギリスを嫌いにはなれない、憎めないといつも思うのだ。

さて、グラム家、今日もゆっくり前進中です。

みなさまも素敵な秋をお過ごしください。




にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
にほんブログ村

のんびりランキングに参加しています。楽しんでいただけたら↑ぽちっとお願いします。

関連記事
スポンサーサイト
イギリス・日常 | コメント(55) | トラックバック(1)
コメント
ありがとう。
毎回ももさんの日記で暖かい気持ちになれます、ありがとう。
最近、自分にも落ち込む事があったのですが読みながら自分でまだまだ出来る事をしていないとハッと考えさせられました。
無事に日本に来られること鹿児島より祈っています!
Re: ありがとう。
縁さん、こんにちは!

また遊びに来てくださってありがとうございます。

落ち込むことがあったとのこと、本当にうまくいかないこといっぱいありますよね。私は昨日は買ったばかりのドレスをアイロンで焦がしました!きっとそんな程度のことじゃなくて、もっと苦しいと思うのですが、それでも私も縁さんの心の平穏をイギリスからお祈りしています!

ちなみに買ったばかりの傘も壊れました!もうラッキーかしら。

誰かが言っていました、流れに身を任せるしかないって。私もそう思って、起きることは全て受け止められるのだと、そしてそれを越えた後には綺麗な虹が見えると、いつも信じていますよ。

No title
以前コメントしたゆうです。
日本人が外国で暮らすってビザの事がとてもやっかいで困りますよね。
私も現在ビザの事で困ってます。現在のビザがきれた後どうするか。
ドイツ、イギリスと住んでみて行政の対応に嫌気がさして日本に帰りたいとも思う時がありますが、やっぱり素敵な国だと思います。
旦那さんの頑張りのくだりを読んで泣きそうになりました。

これからお二人のことを応援しています。

追伸 ロンドンのどこかで会えたらいいですね!
No title
今回のブログも泣けました。
てつおさんともちんさんの周りの人々、なんて温かいんでしょう。

それはきっと、お二人が温かいからだと思います。
外国で長く暮らすことの厳しさや寂しさもありながら、国籍も人種も超えて、「人として」周りの人たちと付き合っているから、周りの人たちもお二人に優しいんだと思います。

日本ではテレビをつければ、虐待だの通り魔だのと殺伐としたニュースばかりで、最近は自分自身の転職活動もうまくいかず、心がすさんできてましたが、このブログを読んでまたもう少し頑張ろうって思いました。

私の転職活動の期限も、年末までです。
(諸事情あって、期限を自分で決めたんです)
てつおさんともちんさんが、笑顔で日本でうどんを食べつつスーパー銭湯につかりつつお寿司片手に日本酒飲んでる頃、私も内定通知を手に笑っていられるよう、頑張ります!
Re: No title
ゆうさん、こんにちは!また遊びに来てくださってありがとうございます。

ビザの問題、本当に大変ですよね。私が日本でイギリスにわたる手続きをしたのは5年以上前ですが、そのときは日本にある英国領事館は、ものすごくきちんとした対応をしてくれました。ビザも即日で発行でした。

こちらにきて、「うそ!」と思うことばかりで、最初はとてもストレスでしたが、今は長所も短所も色々含めて、ここでの暮らしを受け入れています。ものすごく楽かといったらそうではないですが、それでも「楽」であることばかりが私にとっては優先ではないので、この暮らしも愛おしく思います。

何より、チャレンジさせてもらえるのはありがたいことですよね。たまにダメージが大きすぎて中々立ち直れないことも多いですけれど。笑

ロンドンのどこかですれ違うこともあるかもしれないですね、そういえば、「ブログ見ています!」とお声をかけていただいたことが今までに数回あります。嬉しかったです。みなさん、「てつおさんのTシャツ姿、冬でもTシャツ姿、それでわかりました」と仰るので、笑い転げました。

Re: No title
AZUSAさん、こんにちは!

遊びに来てくださってとても嬉しいです。

色々と天職のことなどで心労も多いかとお察しいたします。私の変なお話をしますね、私は学生を経て、どうしてもピアノの仕事がしたかったのですが、たいした学校を出ているわけでもなく、コンクールの入賞の経験も少なく、音楽家なんて夢のまた夢でした。

最初の方と結婚をして、薬局でレジのアルバイトをしていました。毎日毎日バーコードをスキャンしていました。

それでも、人生にご縁ってあるんですね、ふとしたことがきっかけで、ドレスを着てステージでピアノを弾く毎日が始まりました。

病気になってそれは諦めてしまいましたが、それでも夢が叶ったことはとても嬉しかったです。病気になり、好きな仕事もリタイアして、大好きだった結婚生活も自分で手放して、もう何もなくなったと思いましたが、気がついたらここでぱちぱちと笑っています。

小さなころ、長髪のロックスターと結婚して(80年代のロックが大好きだったんです。。。)、海外に住んで、ピアニストにもなりたい、小説も書きたい、そう思っていました。気がついたら、音楽と絵の才能はからっきしですがなんだか最近長髪のゴードンと、アメリカではないけれどイギリスに住んで、ピアニストの夢もかなって、小説ではないけれどライターのお仕事も以前は頂いて、あれ、私、夢が叶っているのかなあと思うんです。

それでもビザのことで胃は痛むし、「なんで日本出てきちゃったんだろう!」としくしく泣くこともいっぱい、いや、毎日かも。

人間の潜在意識ってすごいですね、本当に凄いと思います。AZUSAさんもご自分の能力を信じて、短期で結果が出なくても、気持ちが良いようにのんびり暮らしていかれたら絶対に大丈夫です!

あれ、わたし、ここにいるけれど、どうやってきたんだっけ?って笑える日が、絶対に来ますよ!

無責任なお話をしてしまいました。私もイギリスの空の下から、AZUSAさんにパワーを送ります、GOOD LUCK!!!
初めまして!小倉っ子です。54歳の男性です。ずっともちんさんのブログ泣きながら見てました(笑)英国に住むのも大変ですね。僕は地元が小倉で、今は広島に住んでます。うどんに困った事は有りません。刺し身も寿司も好きに食べてますが、もちんさんの苦労は見に染みます。鉄男君と仲良く末長く暮らして下さい。郵便屋さんもロンドンには居ます。周りに暖かな人ばかりで羨ましいです。次に日本に帰国したら、いっぱいキシメンもうどんもスープの素もお持ち帰り下さい。又来ます。もちんさんの幸せを祈ります!
私(びわ)も泣いた
うわぁ~ん。。。
オフィスのみなさんが電話してくれたの場面、
涙がボロボロ出ました(ToT)

ツイッターにも書きましたが、
やっぱりモモグラモさんの日ごろの人徳ですよ。(ん?仁徳か?)

気をつけて名古屋にいらしてくださいね。
そして涙もお出汁になるぐらい、
きしめん食べて下さい☆
モモグラモさん、今回も泣かせて頂きました。パチパチさまを始め、みんな×みーんな素敵な方ばかりで、心が温かくなりました。近頃、不満ばかりでダメだなー……。って反省です。

年末はすぐですよ!オモシロ日本珍道中楽しみにしてます☆
その前に、パチパチさま一家とのX’masレポをお待ちしております。
追伸
結婚っていいなぁって思いました(*^o^*)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
本当に…
いつもいつも、涙がでてしまいます。
やはり人は1人ではダメなのだと読ませてもらう度に思います。
不便に思う事も、不満も、少しの優しさでなくなってしまうものですよね。
いつも大切なことに気付かせてもらえる日記を、何度も読ませてもらってます。今回も、ありがとうございました。
こちら名古屋は紅葉が色付き始め、味噌煮込みうどんが美味しい季節になってきました。
そちらはもっと寒いのでしょうか?
海外での生活はご苦労も多い事と思いますが、どうかお体にはくれぐれも気を付けて下さいね。

ところで私的な質問で大変申し訳ないのですが…お教え頂けましたら有難いです。

イギリス英語とアメリカ英語は、やはり違うものなのでしょうか?

日本の標準語と関西弁のような違いかな?と勝手に思っていたのですが。
以前、麻生元総理が某テレビ番組で仰っていた話によると、アメリカでは「お茶下さい」と「財布よこせ」が同じ言い回しになるらしく。
当時その言葉の汚さに驚いた祖父・吉田茂氏によって、留学先を急遽アメリカからイギリスに変更させられたそうなんです。
てっきり英語には日本語のように敬語がないものと思い込んでいたのですが、それはアメリカ英語の場合でしょうか?

そもそも私が学生時代に習った英語はどちらの国の言葉だったんだろう…;

モモグラモさんは英語の違いに混乱したりはしませんでしたか?
お話お聞かせ頂けましたら嬉しいです。
モモグラモさん、パスポートの返却を不安に思いながら待つのはお辛かったと思います。でもお二人とも身体的にはお元気だったみたいで安心しました。

日本に住む外人さんがよく「日本のサービスは素晴らしい。役所の人が親切」と感心する気持ちが、今回のモモグラモさんが受けた仕打ちで良くわかりました。

一人一人は悪い人ではないのにサービスを受ける人の身になって良いサービスをすることに繋がらないのがもったいないですね。

日本のお役所ならWebサイトに申請の仕方や必要書類、よくある質問など記載されているので人によって言うことが違うなんてないですし。

私は転勤や転居が多くて役所にはよくお世話になるのですが、日本国内で公共サービスが悪い自治体と良い自治体を比べたりしてモモグラモさんに「すまんかった!私が贅沢だった」m(_ _)m という気持ちです。

でも本当に本当に「情けは人の為ならず」ですね。モモグラモさんの優しさがてつおさんだけじゃなく、そこら中に拡散していたんだと涙が出ました。

どうかお二人で元気に名古屋に帰ってきてくださいね!

先日名古屋の友人が中津川の栗きんとんをお土産に買ってきてくれました。今年の栗の栗きんとん。「あぁ秋が来た」って感じました。

てつおさんも日頃うどんやきしめんを食べていても日本に来たらまず「うどん」なのがすごく可愛いです(笑)
特大和牛ステーキなんかじゃないところがいじらしくて和みました。
こんにちは!
モモグラモさま

お久しぶりです。ブログアップ楽しみにしていました。
ビザの件、早く解決するといいですね!
ポストマンとのお話、目の前にその光景が浮かんで来ます。みんな優しくていい人たちですね(^^)

さて私の方は年末年始のイギリス行きが
決定しました。そして久しぶりにDevonの
ステイ先に遊びに行きます。今は年に1度
クリスマスカード&プレゼント交換を
やっている位の付き合いなのですが、いつでも
遊びにおいでってメールで返事が来たときは
うれしくなりました。
前回は天ぷらのリクエストがあったので
誰でも上手く揚げられる天ぷら粉(笑)を持参して
行きました。今回は何にしようかな・・・
クロテッドクリームは滞在中にもういらないって
思うくらい食べたいですね。

イギリスは一足早く冬・・・なのですね。
こちらは紅葉がそろそろ?関西在住なので
京都あたりを訪れたいと思っています。

モモグラモさまも帰国の際はたっぷりと
日本を楽しんで来てくださいね!


No title
毎回泣ける!ええ話やの〜〜〜!!!
イギリスは、本当にいい加減で、なかなか書類とか通らない様ですね。
たぶん送った書類は、紛失されているか、よく探しもしないで
送り返しているものと思われますので、5ヶ月も待たずに、
しつこい程電話をして、催促した方がいいかもしれません。
これはパリでの話ですが、2人で食事を注文、1時間待ち一人分しか来ないので、言いに行ったところ「聞いてない」で、結局食べれなかった話がありました。
欧州のメンタリティは凄いです!押しが強くないと損するばかりですので、頑張ってしつこく言って下さい。
はじめまして
ヤフーで長い間ブログをしていたのですが、11月からFC2に引っ越しし、あちこちのブログを訪問していました。異国でのお暮らし本当に大変なんですね。でもホームオフィスにご主人や会社のみなさんが電話してくださったという話が、とても良いお話で、泣きました。
どうぞこれからも、訪問させてくださいね^^よろしくお願い致します。
いつも楽しみです
ももさんこんにちは、まーと申します。
毎回ももさんとゴードンさんの日常に涙させられたり笑わされたりします。

私は今語学留学で単身ロンドンの南のブライトンに来ています。最初はほんとに文化の違いで日本に帰りたかったけど、イギリスの人家族の優しさや日本人をはじめいろんな国の学生たちの励ましに助けられてなんとか楽しいなって思えるようになってきました。

やっぱり、人は優しさがないと生きていけないんですね。ももさんのブログを読んでて優しさについて考える機会が増えました。すごく感謝しています。
私がブライトンに来た時に寂しいと感じたようにきっとほかの学生も同じ寂しさを抱えてるのだと思います。一緒に助けあいながら、本当の友人になっていければと思います。

更新楽しみにしています!どうかももさんとゴードンさんもお体にはお気をつけて。寒くなったらおうどんいっぱい食べて温まってくださいね!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
もしかして・・・もしかして。
登場した中で最強なのはうどんなのか。
うどん最強なのか。
乾燥棒うどんと乾燥棒そばとマルちゃん棒乾麺をダンボール毎持って帰ったら幸せなのか。
もしかして、20フィートDRYコンテナに18t麺積んで、
「お店やっちゃいなYo!!」とやればいいのだろうか。
というかイギリスでうどん屋やれば良くね?

・・・さすがに流行りませんよねー。
今回もいい話でした。というかお疲れ様です。
考えさせられます
いつ読んでも学ぶ事がモモグラさんのブログには書かれていますね~。Twitterも拝見してます(・∀・)日本という国やヨーロッパの国々の本当の姿を改めて見つめ直すきっかけになりました。

そして、自分が凹んだとき勇気をくれる大好きなブログです☆

応援だけしかできないのが残念です。うどん送ってあげたい!てつおさん、うどん大使になれますよ~(o^∀^o)

これからもロンドンで頑張って下さい☆
Re: タイトルなし
小倉っ子さん、はじめまして!

お返事がとても遅くなってしまってごめんなさい。

小倉にお住まいなのですね、私は一度も訪れたことがないんです。日本にいたころは、「日本国内はいつでもいけるし、海外いいなあ」って思っていましたが、いざこうなってみると日本は東京より北は一度も訪れたことがなく、名古屋と浜松以外は全く勝手が分かりません。

広島には前回の帰国の際にいきましたが、人が優しく、本当に食べ物も美味しくて、のんびりと満喫しました。宮島もとても美しかったです。

優しいコメントをありがとうございます、イギリスでもがんばります:)素敵な日本の冬をお過ごしください!
Re: 私(びわ)も泣いた
びわさん、ありがとうございます!

結局ビザの問題はどうにもなりそうにもなくて、このまま日本に帰ることになりました。

それでも、手を貸してくださったり、話を聞いてくれたみんなの気持ちで大分楽になりました。びわさんもそう、いつもTWITTERでありがとうございます。

最近思いますが、人との出会いや絆って、こっちがしっかりと握り締めてありがとうって念を送ると、同じ気持ちの人とはずっとどこかでつながっていけるようです。私はこの前、7年ぶりにひょんなことでロンドンで友人に再会しました。涙が出ました。

ここでこうしてお会いしている方とも、いつかどこかでお会いできるかもしれません。私も頑張ります、きしめん楽しみです!いつもありがとう!
Re: タイトルなし
お散歩番長さん、こんにちは!

私、突然ですが、この「ニックネーム」がとても好きです、私も散歩が大好きですが、イギリスの雨ばかりの気候でなかなかままなりません。凄く素敵なお名前です。

じ、じつは、夫の事情で、クリスマスを日本で過ごすことに(結局)なりました。わかっていました。わかってはいましたが、「どこかでたくらんでいたのでは」という思いです。それほどまでに日本が好きなのはいいですが、クリスマスディナーは早めに家族と行うみたいで、義母にとても申し訳なく思っています。

ということで、私達のクリスマスは日本です。こちらの珍道中もまたお届けします、ぜひ遊びにいらしてくださいね!
Re: 追伸
びわさん、再びこんにちは!

私は×いちです、色々ありましたが、前の結婚も、今の結婚も、思い切り幸せです(でした)!
Re: タイトルなし
トベさん、素敵なコメントを本当にありがとうございました、とても励みになりました。

鍵のコメントでしたので、詳しくは色々とお返事できなくて残念ですが、たくさんのご経験の中からそれでも私達に「がんばれ」って励ましを下さって、凄いと思います、ありがとうございます。

私は愚痴るのは大得意ですが、人になにかさせていただけるかと考えると、全く自分が役立たずでお荷物なのが情けないです。それでも、夫との生活だけはなんとしても守っていこうと、今はなんだかそれで精一杯なキャパシティーのない私です。。。

年末年始に向けて日本も大忙しでしょうか、こちらはクリスマス前でなんだかお買い物に、パーティに、フェスティバルシーズンです。飲み込まれちゃわないように気をつけて、無事に日本に帰りたいと思います。

遊びに来てくださってありがとうございました!
Re: 本当に…
ちぃちゃんさん、こんにちは。

こちらこそ、可愛らしくて、胸が一杯になるコメントをありがとうございます。

私も「独りで生きていくんだ!」なんて、小さなころは(どんな子供ですか。。)思っていましたが、なんだか大切な人たちに更に出会っていくたびに、「一緒の方が楽しいことっていっぱいあるなあ」ところりと考えが変わってしまいました。

本当に結婚なんてするものかと私は思っていましたが、前の結婚も、今の結婚も、精一杯楽しくて幸せです。(でした)本当にありがたく、感謝しています。

どうぞ、よろしければ又ブログに遊びにいらしてください、心からお待ちしています!
Re: タイトルなし
ユキさん、こんにちは!

岐阜に雪が降ったというようなお話を聞きました、実は私はこちらに来たときは、「なんて冬が寒いんだ」とびっくりしたように記憶していますが、前回帰ったときにあまりの日本の寒さに(京都)さすがの夫もヒートテックを買ったものです。

私もびっくりしました。特に建物の中が木造だととても寒かったです。

それでもお日様は明るくて、優しくて、ほっとしました。

イギリス英語とアメリカ英語、違うと思います。私の友人のアメリカの方も、言い回しなどにとても苦労していますし、発音も、単語も、違います。ロンドンはそれに加えて、世界各国から色々な人が集まっていますから、英語なのに分からないということは、自分の日本人の発音も、夫の家族の南アの英語の発音も、全てひっくるめて、「お互いに分からない」ということが多いです。

イギリスの中でも、ロンドンの中でも、方言がものすごくあります。夫の同僚でとある地方出身のイギリス人の人には、違う出身のイギリスの方も「ううん、わからない、もう一度いってよ。」と聞くそうですし、LIFE IN UKというイギリスに関する試験の中でも、伝統的な方言に関する問題もあります。

オーストラリアもカナダもNZも南アも、他の様々な英語を母国語とする国でも、それぞれの方言が会ってとても面白いです。例えば私の妹はNZの先生に英語科で習っていたようで、夫が聞いても「なんでそんな単語しってるの?!」みたいな話し方を上手にするそうです。

南アの英語も信号機を「ロボット」というとか、色々面白いです。



Re: タイトルなし
満天の星さん、素敵なコメントをありがとうございます!

1年待ったときも辛かったですが、今回は余計に日本が恋しくて(最初の2年間はなんだかワクワクもあり、新しい生活での興奮もあり、あっという間でした。)6ヶ月が非常に長くて、帰ってきたパスポートにビザが移行されていないときの落胆は、それはもう酷かったです。お酒飲んじゃいました。

私が日本で感じるのは、「そこまでしなくていいけれど、自分が気持ちが良いからやる」という人がとても多いということです。イギリスにもそういう方々はいっぱいいますし、日本でも「あーやだ」と思いながらレジを打っていたのは私本人ですから、勝手なことはいえないのですが、少なくても私は帰国のたびに本当にサービスに頭を下げたくなります。チップも差し上げたいですが、もらっていただけず、追いかけてこられます。

少なくても、マクドナルドで「はー」と注文したときにため息をされたことはありません。

本当に「上辺だけ」って言う人もいますが、駅弁を頼んだとき、夫がキオスクのご婦人に必死で日本語で「どれが無料のドリンクですか」と(こだまプランだったので)でたずねていました、ご婦人は私が駆け寄る前に、それよりはやく、「これこれ」と夫の手をとって、指を指させてくれました。

びや、OK!じゅーすOK ディス大きいの NO!と本当に一生懸命で、日本の人はシャイで中々助けてくれないというのはあまり当てにならないなあと痛感しました。夫の日本語よりずっと通じていたのですから、素晴らしいことです。ちなみに60歳は過ぎていらっしゃったと思います。

中津川のすやの栗きんとん、もう何年も食べていません。とても懐かしいお話を伺えて、なんだか嬉しかったです。早く日本に帰りたいです!

素敵な冬をお過ごしください!
visa
visaの以降に関してですが、少なくとも私も夫もパスポート更新後二冊の新旧パスポートを提示することで、何度も入国できております、夫は出張などで特にパスポートの使用が多いのですが、過去問題はありませんでした。visaの種類はレジデントvisaです。
今回もだんな様が一緒なら説明できるでしょうし、何か言われても更新の経緯たレターを出して入国後再申請する旨話されたらいいと思います。
Re: こんにちは!
yoshimiさん、こんにちは!


久々にイギリスにこられるとの事、素敵なたびになりますようにお祈りしています。

今年のイギリスは少し早く雪が降りました。

クロテッドクリームはここからお土産に出来るものは(常温の)やっぱりまったく味が違うので、イギリスでいっぱい召し上がってくださいね:)私もイギリスから恋しいものはないけれど、多分かえったらスコーンと紅茶でほっとしたいかなあ。

素敵なクリスマスになりますように!
Re: No title
NONOさん、こんにちは!

コメントをありがとうございました。そうなんです、押しに負けちゃうと絶対に通らないので、割とメールとかのやり取りが多いのもそのせいなのかなと思います。
証拠を残しておかないと、しらばっくれちゃって終わりとか多いので。それでも、私もそういうイギリスがだんだん「好きだなあ」って年々思うんです。のんびりして、まったりして、それでも憎めない人たちが多いです。

ただ、ビザとかパスポートは私の生活に無くてはならないものなので、こういう所だけは物凄いストレスになるのですが。。。

フランス人の友人はパリよりロンドンの方がずっと人のマナーもいいと在英17年、帰る気配がありません。

どうぞ素敵なクリスマスをお迎えください。
Re: はじめまして
coney marrさん、ブログにあそびにきてくださってありがとうございます!

異国での暮らしが大変で泣きたいときもありますが、それでも私は周りの人に本当に恵まれて、どこか絶対に一人じゃないなあと思えるんです。ありがたいことですよね。

今年はクリスマス付近に、色々な人に一杯招待してもらって、なんだかクリスマスカードもあっという間になくなって、いっぱい届いて、時間が解決していくこともあるものだなあとしんみり思いました。

また遊びにいらしてくださいね、お待ちしています!
Re: いつも楽しみです
まーさん、こんにちは!

ブライトンにいらっしゃるのですね、一度しか訪れたことがないですけれど、芸術家やアーティストが集まる面白い町だなあと思いました。又夏に訪れてみたいです。長い間いらっしゃるのでしょうか。

私は人に本当に恵まれています、ご縁のおかげで今の私もゴードンも生きていると思っています。
まーさんのその優しいお心が、寂しい不安な留学生の方々をきっと助けて差し上げると思います。

今は忙しい時期ですね、私もなんだか倒れそう!でも、楽しくやっています。素敵なクリスマスをお迎えください!
Re: タイトルなし
sallyscaffe さん、お優しいコメントをありがとうございました。

なんだか冬になると、日照時間が本当に短くて、あっという間に真っ暗で気持ちもとても暗くなります。
そんなときに、クリスマスへのあわただしさや、わくわくした気持ちが、こころにぽっと灯りをつけてくれる(もしくは髪を振り乱しているのであっという間)んです。

大好きな人や、家族がここで増えていくたびに、きっともっとばたばたするこの季節、それがまた嬉しくて楽しいんですよね。

時間が過ぎて、色々な人に出会って分かれて、それでもつながっている人はポストマンでもそうだけれど、必ずどこかでまた会えるんだと思っています。

ポストマンに今年はカードを渡しました。嬉しかったです。

よいクリスマスをお過ごしくださいね~!
Re: No title
PPPさん、こんにちは。


イギリスにおうどんやさんあります。TIME OUT誌で何度も一番に選ばれている人気のお店になっています。
お値段もそこそこ高いのに、いつもとてもいっぱいです。

なので私達はいつもおうちでおうどんです:)

温かい冬をお過ごしくださいね:)
Re: 考えさせられます
ゆきぽんさん、こんにちは!

素敵なコメントに私もとても励ましていただきました。
うどん大使になれるかしら、もっともっと食べて勉強してもらわないといけませんね!

最近はきしめんやおそうめん、おそばも茹でていますが、やっぱりおうどんが好きみたいです。

私はきりっと山菜おろしそばが食べたい。。。

どうぞ、のろのろ更新のブログですが、今後ともよろしくお願いいたします!
Re: visa
ROKUさん、コメントをありがとうございました。

なんどかホームオフィスに電話をしましたが、同じ回答だったので結婚証明書と夫のパスポートのコピーを持っていこうと思います。帰りが別々なので、私一人なのです。

ご親切にアドバイスをありがとうございました。

初めまして
「オーブンで蒸し料理」の検索でここに辿り着きました。とてもステキなブログで読み入ってしまいました。
モモグラモさんの「住まわせてもらってる」って読んで涙が出そうになりました。海外に住んでると日本と比べてしまって愚痴大会になるのが私はどうも苦手でして。わかるんですよ。日本のサービス、食べ物、色々。でも、自分で選んだ道ですから。だからモモグラモさんの言葉読んでとっても嬉しかったです。ステキなブログです。
また読みにきますね。今は日本に帰省してるのこととですが楽しんでくださいね。
後、旦那さんの話を読んで、うちの旦那のことを思い出しました。
「実家に帰る!」といつも言うんです(笑)誰の実家だか。。。(苦笑)彼の夢も日本に住むことなんです。が、私が曖昧な返事ですが(笑)「naduの家族に会って家族とはどんなものかわかった」と言ってくれました。照れ隠しで「何言ってるのー」って言ったけど嬉しくて泣きました。何だか訳のわからない初コメントになってしまいましが。。。日本で楽しい時間を過ごしてくださいね。
初めまして
在米で夫がアメリカ人です。
クリスマスに何を料理しようかと思っていろいろネットで捜していたら、
偶然こちらに辿り着きました。
ほのぼのしたり、笑ったり、もらい泣きしそうになったり、
とても魅力のあるエピソードばかりですね!
これからもずっと楽しみに読ませて頂きます。
そして心からお二人の幸せを祈っています。
HAPPY HOLIDAY!
はじめまして
モモグラモさん、はじめまして。洋ナシと申します。
半年ほど前に夕飯の献立を探していて「豚肉 パイナップル」とググッたらこちらに辿り着きました。
モモグラモさんの文章が読みやすくて、読むのが止まらなくなり、今度はてつおさんのエピソードに涙がとまらなくなって、それ以来、心が乾くと訪問させてもらっています。私も海外で日本を恋しくおもっているひとりです。(てつおさんに負けないくらい)モモグラモさん達はもう日本にいらっしゃるんですね。寒いでしょうがたっぷりと心の充電されてくださいね。私もあつあつのうどんが食べたいです。。。どうぞ楽しいクリスマスと新年をお過ごしになれますように!!!
モモグラモさん、日本で楽しくお過ごしでしょうか?
イギリスに戻られたら、また素敵なお話をアップしてくださいね。来年も楽しみにしています。

寒いですし、日本ではノロウィルスも流行ってますから、お身体に気を付けてください。

少し早いですが、良いお年を~(^-^)/~~
No title
こんばんは、念願だった日本滞在は楽しんでいらっしゃいますか?
わたしも現在ロンドンから実家の名古屋に帰省中です。

いつもほとんど読み逃げ状態でほのぼの読ませて頂いてましたが、今日てつおさんみたいな人を栄で見かけました!!!
わたしも普段はロンドンなので、まさかこんな所で見かけるわけないと思いつつ、でもモモグラモさんも名古屋ですものね。
しかも現在帰省中ということで、お見かけしたのは本物のゴードンてつおさんだったのかなぁ?

日本滞在満喫して体も心も充電して、またロンドンでの生活頑張っていきましょう♪♪♪
はじめまして
先日このブログを発見し、いくつか記事を読ませてもらったのですが、思わず泣いてしまいました。もちんさんもてつおさんも、そして周りの方もとっても温かくて素敵な人ですね。読んでいて心がほっこりしました^^私もお二人を見習って元気をあげられるような素敵な人になりたいと思います。またお邪魔させてもらいますね^^
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
待ってました。
もちんさん、てつおさん、こんにちは。
コメントのお返事はほっといていいから(失礼)、日本滞在記を読みたいです。いっぱい書いて下さいね。待ってます。
Re: 初めまして
nadu さん、はじめまして、

コメントのお返事が遅れてごめんなさい。すごくすごく遅くなってしまいました。

一時帰国を終えてやっぱりイギリスで不便なこともあるけれど、それでもここにしかない幸せもいっぱいあるなあと実感しています。数え上げたらきりがない両国の違いも、楽しんだほうがずっと精神的にもよいですものね!

私は今、なんだかとても落ち着いています。日本もイギリスもどこでも、私が自分で生きていく道を描いていかなければと思います。素敵なだんな様のお話、またぜひお聞かせください、ブログに遊びに来てくださって嬉しかったです。
Re: 初めまして
HZさん、こんにちは!

コメントのお返事が本当に本当に遅くなってしまいました、一時帰国を終えてロンドンに帰ってきました。

アメリカには一度も行った事がないんです、行きたいなあと夫と話していますがとても遠くて未知の国で。いつか訪れたら夫はおいしいステーキが食べたいと夢を見ています。

年末年始、クリスマスはいかがお過ごしでしたか?
またぜひ、ブログに遊びにいらしてください、お待ちしています!
Re: はじめまして
洋ナシさん、はじめまして!

コメントのお返事がとても遅くなってしまい、本当にごめんなさい。

洋ナシさんはお住まいの国でクリスマスや年末年始をお過ごしになったのでしょうか、私は2年に一度くらいしか帰れなかったときもあるので、こちらでのお正月を何度か経験しましたが、「みんな今頃集まってるのかなあ、おそば食べているのかなあ。」なんて思いながら涙が出ました。

日本はとても寒かったですが、お日様は温かく照っていました。何もかもいきいきと動いているようで、あたりにあふれる懐かしいおそばやだしの香りや、夜の焼き鳥の香り、なんだか体から元気になりました。

洋ナシさんも海外で日本が恋しいとのこと、その気持ちは誰よりもわかります!一緒にこれからもがんばらないで平穏に暮らしていきましょう!笑 またぜひ遊びにいらしてください、とてもうれしかったです。
Re: タイトルなし
満天の星さん、ありがとう!

一時帰国から帰ってきて3週間、すっかりイギリスの暮らしにもペースが戻ったといいたいですが、まだまだ体が「うーーお茶漬け、味噌煮込み、焼き魚定食!!」と求めています、もうなにやっているんだか。。

日本は本当に楽しくて、素敵なところでした。帰るたびにその思いは夫も私も増しています。私がそれだけこちらになじんで来た(はー、遅ればせながら在英6年目にして)ということなのかもしれないけれど、いろいろな違いが見えてとても新鮮でした。

そしてやっぱり私は日本人だなあと痛感しました。次に帰れる日を夢見ながら、イギリスでもがんばらなきゃと思っています。

またぜひ遊びにいらしてください、お待ちしています!
Re: No title
NOELさん、こんにちは!

ブログを拝見しました、素敵なブログで思わずファームの記事には「うきっ」となりました。私、お野菜収穫したくてずっと調べているんです、いくつか知っているのですがなかなか車がなくて夫もダラーとやる気が(イギリスでは)まったくないあまりに機会を逃していて。

私もNOELさんのブログ、拝見したことあると思います!同じ名古屋の方なんですね、嬉しいです。栄あたりにマンションを借りていたので、それ絶対に私たちです。笑 あーーー一緒に味噌煮込みおうどん食べてお話したかったです。

ロンドンでお会いできることもきっとあると思うので、楽しみにしています。
名古屋でのご滞在はいかがでしたか?私は1ヵ月半ほど今回はリフレッシュと病院をかねて滞在しました。こんなに長くいたのは6年で初めてで、とてもとても嬉しかったです。

ぜひまた遊びにいらしてください、私も遊びに行きます:)
Re: はじめまして
ユミさん、はじめまして!

気がついたら一時帰国で一ヵ月半も過ごしたいとしい日本から帰ってきましたイギリス、雪が降るくらい寒いです、ぶるぶる。

それでも今回もいっぱい日本で元気をもらいました、そのおかげで私は気力も十分、食欲もあまりにおいしいものを食べ過ぎて胃が大きくなったおかげでとまりません、日本最高でした。

また少しずつ私たちにこういった元気を下さる日本の皆さんにお礼の意味もかねて、どたばた笑いのブログをお届けできたらと思っています、これからもよろしくお願いいたします。
Re: はじめまして
ありがとうございます、鍵のコメントなのでお名前は控えておきますね!

私もブログを拝見しました、勉強になることがいっぱい書いてあって、ずっと実は自分で逃げている問題を考えるよい機会となりました。

私は今年で39歳になります、あっという間に30代は過ぎ去っていっています。
家族を作っていく、大切なことを教えていただいた気がします。

ブログをご紹介くださるなんてとても嬉しいです、こちらこそよろしくお願いいたします。

Re: 待ってました。
はるさん、ありがとうございます!

私今回は一ヵ月半もいたので、もうそれは書きたいことが満載で、夫も今回はしょっぱなから「警察尋問を受ける」などという滅多にない経験もしたので、どんどんお届けしたいと思っています。


楽しみにしていてくださって嬉しく光栄に思います。日本はもうすぐ桜の季節でしょうか、懐かしい思いで夫のほうが「もうかえりたい」と泣いていますが、私も同じ気持ちです。

また遊びにいらしてくださいね、お待ちしています。あ、はるさんの春がもうすぐ来ますね!

管理者のみに表示
トラックバック
私も人間だから、落ち込んだり、劣等感にさいなまされる日々もある。ここ数ヶ月、本当に「いやだあああ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。