スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
最近燃えているのが、物価の高いロンドンで、網の目をかいくぐるように安飲みすること。

なぜなら、いっぱい大好きな人たちがロンドンにいて、彼らみんなにできるだけ多く会うためには、
どうしても一回一回を抑えないと回らないからなのだ。

日本にいた頃には、ちょっと焼き鳥とか、ちょっとバーで一杯とか、気軽にできたのだが、
私がロンドンに来た当初は1ポンドが230円以上した事もあり、普通の板チョコレートが約500円という
物価の高さであった。

ランチだと、最低でも2000円は払っていたと思う。それもきちんとした店でのランチでもなく、
ハンバーガーにチップス、飲み物でそのくらいであった。しかもこっちはサービス料というものを
払う習慣があるので、いすに座って食べるところだとそれプラス12パーセントくらいのチップが必要となる。

ちなみに、物凄く昭和っぽい食堂風の和食屋で、レトルトの麺を茹でただけの掛けそばが一杯7ポンドした。
サービスを払い、飲み物を払うと、(こっちではお茶もただではない。タップウォーターなら別だが。)10ポンドくらいはすぐ飛んでしまう。その当時のレートで、掛けそば一杯と湯飲みに入ったお茶に2300円払っていたことになる。

ピアニスト時代の感覚で使っていたら、物凄い勢いで貯蓄が消えた。働いていたのに、貯金が減っていくのが不思議だったが、日本にいる感覚で何も考えず使っていた私が馬鹿であったのだろう。


和食が恋しくて、居酒屋もどきのお店に行ったは良いが、あれもこれも頼みすぎて二人で200ポンド近く
使ってしまったり、今思えば本当にあほを極めていた。

満足の行く内容に200ポンドは惜しくないが、日本で二人で6000円で済むと思われるものに、なんてもったいないお金の使い方をしてきただろう。

そんなお金があったら日本に里帰りしたいと、少しずつ学習した。

でも、友達には会いたい。そして、PUBばかりでは色気がない。

そんな時に、便利なお店がいくつかあるのだが、「Wine Wharf」のワインバーはロンドンでも割りとどの地域からもアクセスがよいので、ちょくちょく利用している。

レストランもあるが、私にはワインバーでプラッターをシェアしながら飲むのが楽でいい。


s10111_059_1.jpg

ロンドン市民の台所と呼ばれるバラマーケットの中にあるので、ロンドンを案内するときにも便利でよいし、質のよいワインとつまみがぱぱっと頂けるので、レストランに行くほどでもと言うときに重宝している。

また、店員さんがとても感じがよく、よくワインを1,2杯サービスしてくれるのだ。ありがたい。

マーケットに行くと、どうして買い物よりこちらに夢中になってしまうのである。






にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
にほんブログ村
のんびりランキングに参加しています。楽しんでいただけたら↑ぽちっとお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
ロンドン・レストラン・カフェ・パブ | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
僕は思った
そんなにロンドンって物価高?日本だったらランチは850円ぐらいで晩御飯も1500円ぐらいで食べれるのに。

Re: 僕は思った
涼一さん、こんにちは。

私もこの前に本に里帰りしましたが、びっくりするくらい安くて、しかも美味しくて感激しましたよ。昔なんて絶対に入らなかったチェーン店ですら、すごく美味しかったので、本当に自分の国を誇りに思いました。

イギリスは高いです。安いものもあるけれど、クオリティはまったくよくないです。
日本はある程度安くても、きちんとしていますものね。

こんにちは~!

本当、ロンドンってレストラン高いですものね。。。。私もロンドンに来たばかりの頃、大したことのないお店に、高いお金を払って食べていたかと思うとさみしくなります。

バラマーケットは良く行くけれど、入ったことはないので、Mog27と一緒に行きた~い!
そして、その足で家にも遊びに来てくださいませ。
また、お友達と飲んで酔っ払って帰れなくなったら迎えに行きますからね~!安心してたくさん飲んで大丈夫ですよ。(笑)
Re: タイトルなし
ぜひぜひ一緒に行きましょう!

やっぱり、楽しい友達となら、どんなご飯も美味しくいただけますよね。
私も今は、なんでもいいやと思うようになったなあ。

こだわりがなくなったのはよいことですよね:)

おうちにも遊びに行きます!ありがとう!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。