スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
ゴードンが帰ってくるなりバッグをごそごそして、チョコレートを取り出した。

「イースターオメデトウ!」

やった、私の好きな「L'artisan du chocolat」のエッグだ。

喜んでいると、「ソレジャーネ!」とチョコレートをかばんにしまいこみ、2階へ「イッテキマース。」と逃げてしまった。あれ、プレゼントじゃなかったの?

無視してご飯の支度をしていたが、ドアの隙間から顔を出し、「タベタイ?」と言うので、「うん。」と素直に答えてみた所、

「150円デスガ!!!」という、古典的な日本のギャグが返ってきた。

南アフリカ人だが、心は日本人である。

DSC05573.jpg
★チョコレート!★

さて、変わった野菜が嫌いなゴードンに今日もひとつ、面白い野菜を食べさせてみることにした。

エルサレム・アンティチョークという。

DSC05549.jpg

日本ではキクイモとして出回っているようだ。エルサレムとか、アンティチョークとか、意味ありげな名前がついているが、そのどちらとも関係が無いという適当な野菜である。

面白いことにごぼうに似た土の香りがする。(私がそう感じるだけ?)

レシピもその香りを生かしてあげると美しいスープができる。


●エルサレム・アンティチョークのスープ●

・・・・・・・・・・

エルサレム・アンティチョーク 250g
生クリーム  300ml
ベジタブルストック 300ml

タイム(あれば)
塩、こしょう
パセリ 少量

・・・・・・・・・・

1.エルサレム・アンティチョークは皮をむいて半分にしておく。
皮は捨てないでとっておく。

2.皮とストックを20分ほど弱火で煮る。いっそうこの野菜の香りを楽しむために。

3.汁をこし、皮を捨ててから、鍋に汁を戻し、アンティチョークを軟らかくなるまで茹でる。

4.茹であがったらクールダウンし、常温近くなったら生クリームとあわせてミキサーにかける。

5.もう一度弱火にかけ、塩、こしょうで味を整え、パセリとタイムのみじん切りを加えておしまい。

DSC05563.jpg

硬めのライ麦パンなどとあわせてあげると、やさしくほっとした風味がいっそう引き立つ。なじみが無い野菜なのに、どうしてか懐かしい香りがするのは、とても不思議である。

今日も大地にありがとうだなあ。







にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
にほんブログ村
のんびりランキングに参加しています。楽しんでいただけたら↑ぽちっとお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
レシピ・スープ | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
チョコレートを抱えて2階に逃げてしまうとは。。。。可愛い!
その上、古典的なギャグが言えるなんて、てつおさん、中々つわものですな。(笑)
エルサレム・アンティチョークという題名を見て、このさといものような姿は想像出来ませんでした。。。。さといもみたいだけれども、ごぼうの味なんですねぇ。根菜系のお味なら、是非試さないと!
皮まで使えるスープ、自然に優しいレシピですね。てつおさんの反応はいかがでしたか?
Re: No title
じょみーちゃん、この前テスコにうってたよ、このイモ。(じゃなくてなんだっけ。エルサレムアンティチョーク。)1パック2ポンド位したけれど、一度くらい試してみて、フランスではあんまりおいしく無くて、一度は根付かずに終わったらしいよ。根菜くさいもん、すごく。

スープか、焼いてみたらシャリシャリする感じでいいよ。ポン酢とかで食べたくなるよ。

てつおはねえ、変な顔してたよ!めったにごぼうなんて食べたこと無いものね、多分。きんぴらは好きみたいだけれど、好んで食べるほどじゃないものねえ。

私はごぼうのたたきが食べたい・・。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。