スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
日本にいたころは、どちらかといったら
「いつでも食べられる定番だから、まあいいや。」
的存在だった里芋や、レンコン、ごぼう、大根だが、
ロンドンに来てから無性に恋しくなった。

手に入らないことはないけれど、普通にスーパーで買える
野菜ではない。

そのため、自分がいったい何を食べたらヘルシーなのかがわからずに、
途方にくれてしまった時期がある。

昨日は食べ過ぎたから、今日はちょっと体に優しいもの・・・って何だっけ?

日本にいるときのように豆腐やお粥がコンビ二で買えて、というわけに行かず、
ピアニストの仕事もあって、きちんと作る時間もなく、
毎日のようにヨーグルトや、サラダばかり食べていたことがあった。

そうしたら、少し食べただけで太る体になってしまったらしい。
体があまりのカロリー摂取の少なさに、
「省エネでいきましょう!!」と宣言してしまったようなのだ。

あせった。

また、主人も、この通り↓

DSC01728.jpg

大の甘党である。

「砂糖を多く取りすぎて、心臓発作を起こすんじゃないか?」と
本人も気にしているけれど、やめられない、甘いもの大好きてつおくんなのだ(子供)。

このままでは二人の健康がやばい、そう思った私、
ヘルシーなスープを作ることをようやく思いついた。

野菜だって、見たことがないものも多いけれど、
食べられないことはないだろうと、
いろいろ片っ端からスープにしてみた。

今日は、その中でもSWEDEというスウェーデンのカブラを使ったスープがおいしかったので、
自分も忘れないように書いておこうと思う。

画像をうっかり取り忘れたのだが、丸っこい、いかつい野菜で、
一見とっつきにくい。

固い皮をひたすらむいて、一個の半分ぐらいを
ざくざくと細かく切る。

オニオン1個を炒めて、セロリ1本、にんじん1個も加え、
さらに大きめポテト1個、SWEDEを加えて、チキンストックを
野菜ひたひたに投入し、ひたすら煮る。
(野菜は細かくしておくと後が楽。)

ベイリーフを入れておくと香りがとてもよくなる。

野菜が柔らかくなったらそのまま冷まして、
きちんと熱が取れてからミキサーにかける。

少量のミルク(私は乳脂肪分が怖いので、気持ちだけ。)で
ミキサーにかけたものをといて、好みでブラックペッパーや
コリアンダー、パセリ、タイムを加えて出来上がり。

これが、香りがよくて、本当においしい。
しかも、「いかつくて見るのも怖いんデス。」と
食べず嫌いにこの野菜を嫌っていた主人も、おいしいと大喜び。

野菜のやさしさで、体が満たされる気がする。

クリームを入れたりするともっとまろやかなんだと思うけれど、
できるだけヘルシーなものを作りたかったので、これでよし。

いかつい野菜だけれど、味は素朴で、薫り高い
すぐれたSWEDEさんを、どうぞお試しあれ。






にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
にほんブログ村
のんびりランキングに参加しています。楽しんでいただけたら↑ぽちっとお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
レシピ・スープ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。