スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
DSC02050.jpg
★自然が大好きナンデス★

この春、私は家系の足しに、ゴードンは植物かわいさに、野菜やハーブの種を撒いてみたと日記に書いたが、今それが大変厄介なことになっている。

ここの所ロンドンは異様なほど天気が良く、わさわさと芽が出ていた野菜たちは、気がついたら間引きが必要なほど育っていた。

よっしゃ、間引きしないと。

夕方近くでも昼間のように明るいロンドン、重い腰を上げて、午後5時ごろから庭に這い蹲った。
夢中になって手入れをしていたら、あっという間にゴードンの帰宅時間になっていたらしい。彼が帰ってきたことすら気がつかなかった私、ようやくひとつのプランターの手入れを終え、次に取り掛かろうとしていると、後ろで「バタン」と庭へのドアが開く音に気づいた。

振り返ると、ゴードンがものすごく怒っている。

何だろう?また「女の子」とでも呼ばれただろうかと思っていると、つかつかと近寄ってきたゴードンにプランターを取り上げられてしまった。

「イヤダ!」

いきなりそう叫び、プランターを全部庭の遠い端っこまで持っていってしまう彼、相変わらずわけがわからないその行動にあっけにとられていたが、私が間引いたものを、大事に集めてまた土に植えようとしていたので、はっと気づいた。

間引きが嫌なのか。

「ごーちゃん、そんなこと言ってもこれやらないと貧弱な野菜になっちゃうんだよ、育たないんだよ。」と、なだめたが、「イヤダ イヤダ イヤダ イヤダ、イヤダ!」の一点張りで、とうとう家の中に押し込まれてしまった。

あー、どうしたものか。

その後私がそのドアに近寄ろうものなら、ざざざっと蟹のように横から割り込んで「イヤダ!」とディフェンスしてくる彼に、もう根を上げた。わかりました、間引きあきらめます。

自然を愛しているのはよいが、当初の目的である「野菜を育てる。」事をすっかり忘れたようだ。これで我が家のガーデン、「草むら」化、決定である。ビバ、草むら!

DSC05809.jpg
★ラベンダーが今年も大きくまた咲きそうだ★

そういえば、先週の日曜日も、一緒に道を歩いていると、「は!」と立ち止まり、「ゴードン かんかん オコル!」と急に言い出した。何だと思ったら、駐車場を作るために切り倒された木を見つけたようだった。

その前は、IKEAで買った小さな観賞用のひまわりに、枯れてもなお捨てられず水をやり続ける姿が痛々しかった。こっそり捨てたら、「ワタシノ サンフラワー・・。」と泣き崩れたので、「今はねえ、種になったけれど、ごーちゃんに来年会いにくるからね!」と大嘘を言っておいた。

大慌てで今年の春にひまわりを植えたところ、芽が出てきて、本人は大喜びしている。しかし、種を見たら、「ジャンボサンフラワー」とあり、すでに苗の状態で、去年の彼のひまわりの背丈を上回っている。しまった。

「ヘンネー。」と本人は首をかしげているが、口笛を吹いてごまかしておいた。

とにかく、楽しみにしていた小松菜やルッコラは、今年は植えた本人に妨害されて、なんだか育たない見込みである。
書いている私も、分けがわからなくなってきた。

なんだか、同じ葉っぱ類を食卓に出すのがためらわれたので、根菜中心にご飯を作ってみた。

●ラディッシュご飯とレンティルソーセージシチュー●

うちのじーちゃんばーちゃんは家庭菜園でカブを育てていて、間引きの時期になると、小さなカブや葉っぱをきれいに洗い、塩に漬けて、それをほかほかのご飯に混ぜていた。それがものすごく美味しくて、懐かしかったのだが、自分の庭の野菜すら育てられない、しかもヨーロッパにいる私には、もはやスーパーのラディッシュに頼るしかない。

DSC05795.jpg

じいちゃんばーちゃんのやるように、塩で軽くもんで、ゴマや卵と混ぜご飯にしてみた。
紫蘇があったらどんなにうまいことか。

レンティルソーセージシチューはゴードンが大好きなので、しょっちゅう我が家に登場する。フランスに住んでいた彼のいとこが、しょっちゅうレンティルを食べていたらしく、ゴードンも大好きなのだ。

レンティルソーセージシチュー

【材料 二人分】

・・・・・・・・・・・・・

・大き目のしっかりしたソーセージ  4本
・乾燥レンティル  150g
・玉ねぎ  1個
・にんじん  大きめ1本(今回はベビーキャロットを使った。)
・ジャガイモ  中2個
・セロリ  茎1本
・キャベツ 3枚ほど
・ベイリーフ  1枚
・水  800ml
・野菜ブイヨンキューブ  1個
・塩、こしょう 適量
・オリーブオイル 大さじ1

・・・・・・・・・・・・・・・・

1.フライパンでソーセージの外側をこんがり焼いておく。イギリスのソーセージはものすごく油が出るものが多いので、弱火でじっくり焼き、オイルをある程度出しておくとよい。

2.大き目の鍋にオリーブオイルをいれ、1センチ角に切った玉ねぎを炒める。

3.玉ねぎがしんなりしたら、食べやすい大きさに切ったにんじん、セロリ、キャベツを加え、しばらく炒める。

4.軽くいためたら、鍋に水、レンティル、ベイリーフ、キューブ、ソーセージを加え、弱火でじっくり煮る。

5.レンティルがやわらかく、ポタージュのように溶けてきたら、塩、こしょうで味を整えて出来上がり。

DSC05808.jpg

葉っぱモノは食卓に出す気はなかったと言っておいて、うっかりスーパーで買ってきたルッコラをご飯に乗っけてしまったところ、ゴードンは「ウワー」と嫌そうだった。その後もドアの前でお茶を飲むなど、必死で間引きを妨害しているので、今年は本気であきらめた。

今も抜いてしまいたい衝動に駆られているが、もうそうっとしておこうと思う。






にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
にほんブログ村
のんびりランキングに参加しています。楽しんでいただけたら↑ぽちっとお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
レシピ・鍋物 | コメント(11) | トラックバック(0)
コメント
あぁぁ…
ソーセージ食べたくなっちゃいました!
今夜はうちもソーセージに決定!笑
ゴードンさん、本当に自然を愛してるんですね★
優しい人なんですね(*^_^*)
ひまわりのごまかしには一人爆笑してしまいました!
No title
間引き残念ですね~i-241
うちはアパートなのでベランダ菜園しようかなぁと思ってますi-265
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
分かるような気がする
一途に一人の女性を愛する人ってこういう偏屈なところがあるんですよ。僕も同じです。すごく分かる。

ラディッシュをかぶでやってみてもいいのかな?モグさんの味付けってさっぱりしていてさわやかな香りがするのが特徴ですね。これもおいしそう。
おいしそう!
はじめまして、みちギンです。
Risaさんのブログから飛んできました。

旦那様がものすごく可愛いですね。
顔も性格も♪

写真集のような旦那様のスナップが素敵すぎです。
No title
レンティルって何だろうと思って検索したらレンズ豆のことかぁ。
このシチュー美味しそうだなぁ。
つわり治ったら作ってみよう。
近所だったら毎日もっちゃんの家に夕飯強奪に行くのに~!!

間引きの件、残念すぎる・・・。笑
小松菜が育てば結構和食にも使えるのにね。
ごーちゃんってこだわりが強そうだから、割と扱いに困ることが多そうだなって思う。
ま、オタクだからしゃーないか。笑

Re: あぁぁ…
RISAさん、こんにちは!

アメリカのソーセージも美味しいんですよね、ビーフジャーキーみたいなブルトンっていう食べ物が南アフリカでは有名ですが、アメリカのも美味しいですよね!

ひまわりはなるべく見てみぬふりをしていますが、日に日に大きくなっています、どうしよう!
Re: No title
m*mさん、お久しぶりです:)

ベランダでもハーブは強いですよね、育ってくれると思います:)
家にも分けてほしいです・・ゴードンのおばか!!
Re: 分かるような気がする
涼一さん、こんにちは!

偏屈すぎて困っていますよ!どうしてこんなに頑固なんだろうと困っています。笑。

かぶを薄く細かく切って、塩でもんで、一日置いてしっとりさせてから
ごまとご飯に混ぜると美味しいですよ:)食べたい!
Re: おいしそう!
みちギンさん、はじめまして!
お越しいただけて本当にうれしいです、ありがとう!

ゴードンは顔はかわいいけれど、好戦的な南アフリカンなので、扱いに困ります。最近はもはや放置しています。誰か助けて!笑

どうぞ、また遊びにいらしてくださいね!出会いに感謝です:)
Re: No title
ゆきの、レンズマメは日本でも買えるんだね。フランスに行った時にまとめて買ってきたので、在庫がたんまりあって食べなきゃ。

お豆っぽくないし、すぐゆでれるので、楽だよ。

小松菜ね、目に浮かぶでしょう!
本当に困っちゃった、すごく楽しみにしていたのに!

ゴードンこそ、ゆきのの家に毎日行くって張り切ってるよ。
防犯用のアラームつけないとね。笑

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。