スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

塩豚のオーブン蒸し焼き。

2010/05/01 Sat 15:38

ゴードンはやたら、寝言を言う癖がある。初めはもちろん英語だったのだが、最近は日本語もよくしゃべる。

昨日は夜中に肩をがっしりつかまれた。ものすごくびっくりして目を覚ましたが、なにやら寝ぼけ眼で一生懸命話している。

「ぱちぱち様の えいご がっこう ヤリタインデス。」

ぱちぱち様?

「ワタシ ぱちぱち様 デス。」

前回の「肉を脱水」以上にわけが分からない。

とりあえず、「むー ぱちぱち様・・」などと寝ぼける彼に、「はい、そうなんですね、ぱちぱち様なんですね。」と相槌を打ったが、「うん。ぱちぱち様デス。」と言ったかと思うと、ぷしゅーぷしゅーと寝息を立てて本人は寝入ってしまった。

ぱちぱち様・・・

誰ですか?

頭の中に「ぱちぱち様」が君臨し、眠れなくなってしまった。時計を見ると夜中の3時である。仕方がないので、本などを読み、まったりと夜をすごしてしまったのである。

眠い。

本人はあいも変わらず何も覚えていず、「ラーメン食べたい!」などと朝からわめいているので、聞かないでそっとしておくべきか、未だに葛藤している私。

さて、以前「パンチェッタを手作りしたいが脱水シートが手に入らない。」と、ここでわめいていたら、友人Aが早速送ってくれた。持つべきものはやはり友である。うきうきしながらスーパーに行き、早速豚バラと豚もも肉に当たる部位を買ってきた。

豚バラはパンチェッタに、もも肉は塩豚に変身するのである。

もも肉は、脂身も少なく、ものすごく固くてぱさぱさしているので、煮豚や湯で豚、カレーなどに適しているという。フィレと同じく、ダイエットにも適しているが、調理の仕方によっては、固くてゴムみたいで泣きそうになることもある。

しかも塩を振ってしまうので、身がどうしても締まってしまう。だが、風味は格段に上がり、日持ちもするこの方法を、安いもも肉の塊でやってみたかった。

塩豚は、色々と紹介されているが、私は本当に適当に、ただ塩をすり込むだけだ。肉の重量に対して5%ほどの天然塩、脱水シートとサランラップ、ジップロックを用意する。今回は800gの豚もも肉を使った。

フォークでぶすぶすと四方に穴をたくさん開け、塩がなじみやすくした後、塩を満遍なく肉にすり込み、ラップでぴったり肉をくるむ。

できるだけ空気を抜いたジップロックに入れて、上から重しを載せる。味噌の塊とか、うちの場合はチーズの塊とか!

一日たったら、ラップをはがし、水分を丁寧にふき取って、ぴったり脱水シートにくるむ。さらに上からラップとジップロックでぴったり包んだら後は放置、3日目くらいから美味しく食べられるのだ。

茹でても美味しいのだが、今回は出来上がったものをオーブンで蒸し焼きにした。

●塩豚のオーブン蒸し焼き●

1.塩豚を冷蔵庫から取り出し、そのまま常温になるまでおいておく。

2.フライパンに塩豚を入れ、四方に焼き目をつける。

3.耐熱皿に塩豚を入れ、ホイルで覆う。

4.オーブントレイに水をはり、その上に耐熱皿を置く。

5.オーブンを100度に温め、低温でゆっくり蒸し焼きにする。800グラムで1時間45分から2時間ほど、その後30分くらい、スイッチを切ったオーブンの中にホイルをかけたまま放置する。

6.カットして、出来上がり。そのままレモンでもいいし、お好きなたれやグレービーをかけてもしっとりする。

DSC05898.jpg

とろみのあるたれのほうが似合うようなので、昨日は肉汁、白ワイン、レモンとオニオンの摩り下ろし、ハーブなどにコーンフラワーでとろみをつけたソースで頂いた。


余った分は、ぴっちりラップをかけて冷蔵庫に入れておくと、ラーメンやチャーハンの具にもなるし、チャーシューのようにたれに漬け込んでおいてもいい。面倒くさい場合は焼肉のたれでもいい。

DSC05908.jpg
★貴重なインスタントラーメン、友人Aが送ってくれた救援物資。★

もともと脂が少ないので、とろけると言う柔らかさにはならないが、ダイエット中でも栄養豊富な豚肉を楽しめるので、重宝している。
このもも肉塩豚、炊飯器の保温機能を使ってしっとり仕上げ、柚子こしょうで食べるのもおいしい。

しかし、ぱちぱち様は、いったいだれなんであろう。必死でラーメンをすするゴードンを目の前に、まだ謎は解けないままである。







にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
にほんブログ村
のんびりランキングに参加しています。楽しんでいただけたら↑ぽちっとお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
レシピ・ロースト | コメント(10) | トラックバック(0)
コメント
No title
mogさんこんばんは!
ぱちぱち様!ははははは。なんなんでしょう?
読んでても全然ワカリマセン(笑)。気になる~。
ごーちゃんのワードセンス、かなり好きです。

塩豚、私もたまに作ります。
本によって作り方がまちまちですよね。
私も単に塩を擦り込んで(量は適当・・・いつも料理の調味料は適当です・・・)、ラップして冷蔵庫で寝かせるだけ。
1日後に肉から出た汁はペーパーで吸い取りますが、後はそのままで熟成です。
重石はなしです。した方がいいのかな。
あれってどれくらいもつものなんですかね?
2週間までと書いてあるものもあれば、半年ほどもつと書いてあるものもあったりして、よく分かりません。
ま、うちはすぐ食べちゃうんで、問題ないんですけどね(笑)。
茹でて、柚子胡椒でいただきます。
ロンドン在住の友人が「こっちのお肉は血抜きが悪いから安いのは臭い。ちょっと頑張って高いの買ってる」と聞いたのですが、本当ですか?
Re: No title
jyakurinさん
こんにちは!またお会いできてうれしいです!
ごーちゃん、どこからああいう言葉拾ってくるのかなあ、分からないですよね。
この前も かんかん 怒るーって言っていましたが、本当にすごい面白いです。

塩豚、jyakurinさんの食べたい!おいしそう!!
多分、塩の加減によるんですよね、きつすぎると長持ちするけれど、塩抜きとか面倒だし、あますぎると確か5日くらいしか持たないとか、自分の鼻だけが頼りですよね。笑

重石はしないでもいいと思うんです、こっちの肉が固すぎて、水分がなかなかうまく抜けないので、漬物石っぽくやっていますが、相当おかしいですよね。ゴードンが爆笑していました。ポテト乗っけたりとか!
No title
こんばんは。
ここ2日程は、ロンドンらしいお天気ですね。

しんどい一週間をようやく終えて、くたくたです。
ちょっと3連休は息抜きしようと思っています。

文章がお上手で、おもわず「くすっ」と笑ってしまいました(ゴードンさん、すみません)。
そうですね、ご本人が作為的でなくていつも「真剣」だからこそ、面白く思えるのですよね。
愛すべきキャラだと思います。
はーすごい。。。
塩豚のオーブン蒸し焼きなんて、食べ物があること事態知らなかった。本当においしそうだ。チャーシューにもなるんだ。ほおおおお。パチパチ
おいしそぉ!
ぱちぱち様、気になります★
そうやってチャーシューみたいに出来るデスネ!
mog27さん、本当に色んなお料理アイデアがすごい!
Re: No title
Dr Kenさん、こんにちは。すごくお忙しいご様子、ブログを拝見しながら心配していました。KENさんの写真のファンです:)

ゴードンおかしいですよね、なんだかこの人種はどこにも属さない新種なのではと、最近思っています!いつかみんなで飲めたら楽しいですね:)
Re: はーすごい。。。
涼一さん、こんにちは!

塩豚は簡単にできますよ:)ロースとかだともっと扱いやすいです。どうぞお試しくださいね!
Re: おいしそぉ!
RISAさん、モーリスさんのココナッツミルクにはかないません。笑

あれはゴードンと二人で、すごい、すごいと拝見しましたよ!
No title
部位で呼び方が変わるんですね!
確かに、パンチェッタはバラのことですもんね!

脱水シートがなくても、コマメに交換するなら
キッチンペーパーでも代用可能ですよ☆
うちではいつもキッチンペーパーです^^

寝言っておもしろいですよね。
主人が「はい、スイマセン!」と言っていた時は
ちょっと切なくなりました(笑
私は歌うそうです・・迷惑(><)
Re: No title
そうなんですね!キッチンペーパーで、何度も失敗したのは、私がものすごくものぐさだったからなのか!!判明しました・・。

今ならしつこく変えられそう。笑

ご主人の寝言、いいかんじです!
私は笑っているみたいです、怖いです、自分。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。